わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月12日 10:54

【検証】八幡物産『北の国から届いたブルーベリー』届出撤回の顛末(2)

blueberry 裁判所に提出された資料によれば、日本アントシアニン研究会(矢澤一良会長)は2016年1月7日、八幡物産(株)代表取締役の八幡清志氏に対して申し入れを行った。『北の国から届いたブルーベリー』(届出番号A164)について、届出内容の訂正を行うか、または届出を取り下げるよう内容証明郵便で同社に要請している。別途、同様の申し入れを消費者庁にも「書面で通知した」(研究会)と話している。

 具体的には、「本品にはビルベリー由来のアントシアニンが含まれます。アントシアニンには、パソコン作業、事務作業など目をよく使うことによる、目の疲労感、ピント調節機能の低下を緩和することにより、目の調子を整える機能があることが報告されています」との表示に対し、以下のとおり3点の疑義を指摘している。

1.「アントシアニン」には目の疲労感やピント調節機能の低下を緩和する、などの機能は報告されていない。

 この点については、引用された論文「VDT作業負荷による眼精疲労自覚症状および調節機能障害に対するビルベリー果実由来アントシアニン含有食品の保護的効果」と「視機能に及ぼすホワートルベリーエキスに効果」の2報について、「プラセボ対比された標品は、ビルベリー由来アントシアニンであるとは論文に記述されていない」と指摘している。

2.研究レビューで採択された文献は、届出人(八幡物産)が使用している成分と同等でない成分を対象に論述した論文である。

 この指摘は、「届出商品に使用している成分」と、「論文で用いられた標品の成分」が同等ではないという指摘。
 八幡物産が、上述した2つの論文に用いられた標品と同社の機能性関与成分が同等であるとする根拠、(1)北欧を原産とするVaccinium myrtillus果実を原料とする、(2)アントシアニンの種類が15種類、(3)アントシアニンの含有率が35%である、(4)届出人も社内試験を行ったことがある――について、同社が標品の『ミルトセレクト』の製造方法を知っているか、上記4点を満たしてビルベリー果実抽出物がすべて標品と同等である、という証明ができない限り、論文で用いられた標品と同等とはいえないとして、この後に否定理由を述べている。

3.「目の疲労感の緩和」に有効という説は、引用文献で否定的な結果が示されている。

 これについて研究会は、「RCT(ランダム比較試験)とは実験的介入結果をプラセボ群の結果と比較することを意味する。届出資料では『群内比較でしか有意にならない場合がある』という記述が存在するが、『目の疲労感についてプラセボ対比試験として有意な結果は示されなかった』という事実をことさらに無視するもので、妥当ではないと考える」と指摘している。

 八幡物産は2月5日、これらの指摘に対して次のように反論した。

(つづく)
【田代 宏】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月06日 07:00

【特別対談】ピエトロ新工場を起点に、賑わい&活力を古賀市全域へ――(後)NEW!

 『この地区にある「古賀グリーンパーク」周辺ではもともと、道の駅の整備に向けての調査・検討を行ったうえで、19年8月末に道の駅の整備は行わないという決断をしました。と...

2021年05月06日 07:00

【熊本】暮らしに付加価値を、ミリーヴグループが提案する「よりよい住まい」NEW!

 『15年以上前になりますが、ミリーヴグループ(当時は明和グループ)各社が宅建業許可を取得し、不動産売買の仲介を行っていた時期があります。グループの中核企業である(株...

2021年05月06日 07:00

熊本トップクラスの管理戸数、豊かなまちづくりに貢献するコスギ不動産NEW!

 『私の叔父が不動産売買を目的に小杉不動産を創業したのが、当社の始まりです。その後、当時熊本県警に勤めていた父が退職後に合流し、法人化をはたしました。同時に、売買中心...

2021年05月06日 07:00

【熊本】城下町の面影残す中心市街地、九州第3位・熊本市の今昔――(5)NEW!

 戦後、熊本市では戦災復興計画基本方針に基づいて、恒久的復興計画を策定した。これは、都市機能の向上や衛生面および都市美の増進など、近代都市としての形態を整えながら急速...

2021年05月06日 07:00

大西一史・熊本市長に聞く、ポスト震災まちづくりの進捗(4)NEW!

 『昔の熊本駅周辺は、線路によって東西に分断されていたエリアでした。とくに新幹線口周辺は、人の行き来がない住宅地でした。県が事業主体となった連続立体交差事業が18年に...

2021年05月05日 08:00

コロナ拡大後に「自宅で食事を食べる回数」が増えた人は35.5%~農水省の調査

 農林水産省がこのほど公表した2020年度「食育に関する意識調査」結果から、新型コロナウイルス感染症の拡大前と変化した点について、「自宅で食事を食べる回数」の増加を挙...

2021年05月05日 08:00

西鉄「パークサンリヤン大橋」耐震強度問題~仲盛昭二氏、弁護士懲戒請求を提出!(7)

 前回に続き、原告側弁護士からの質問に対する仲盛氏の回答を以下に紹介する...

2021年05月05日 07:00

【特別対談】ピエトロ新工場を起点に、賑わい&活力を古賀市全域へ――(前)

 『当社では現在、古賀市の食品加工団地内に3つの工場を構え、ここですべての製品の製造を行っています。一番新しい第三工場は昨年竣工したばかりなのでまだ大丈夫ですが、第一...

2021年05月05日 07:00

【熊本】城下町の面影残す中心市街地、九州第3位・熊本市の今昔――(4)

 1891年7月には、九州鉄道の高瀬(現・玉名駅)~春日(現・熊本駅)間が開通。このとき、植木駅、池田駅(現・上熊本駅)も同時に開業している。当初の計画では、中心地に...

2021年05月04日 08:00

九大と丸紅、医療・ヘルスケア分野などで協定締結

 九州大学と丸紅(株)は「医療・ヘルスケア」「新技術・新素材」などの分野で「連携・協力の推進に関する基本協定書」を締結した...

pagetop