• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月08日 07:02

進化目覚ましいSECCON2016!(3)

SECCON実行委員長 竹迫 良範 氏

社会にどうやって関心を広めていくかが重要です

 ――CTF決勝に先駆けて前日に、初めてビジネスカンファレンスを開催しました。その企画意図を教えていただけますか。

 竹迫 SECCONはおかげさまで5年目を迎え、ホワイトハッカーなどCTFプレイヤーの間では大変に盛り上がってきました。ただ、それだけではダメで、社会全体にどうやって関心を広めていくかが、日本全体のセキュリティ向上のためには必要と思っています。そこで、今まで関心を持っていなかった層、とくにビジネスパーソンに焦点を当てました。当初は集客を心配しましたが、ふたを開けてみると、予想以上に集客もうまくいき、成功を収めることができました。情報システム関連部門、セキュリティ関連部門等の技術者の方に多く来場いただきました。

 テーマは「人工知能の最後の砦~人工知能は攻撃者のしもべとなるか?」「セキュリティ監視サービスって必要なの?」「今、SOC(セキュリティオペレーションセンター)が求めるのは“優秀な人材”なのか?“システムによる自動化“なのか?」「どうしてこんなにセキュリティをやらないといけないことになってしまったのか?」と4本用意しました。
 10年後の社会では当たり前となる人工知能(AI)とセキュリティとの関係、セキュリティと経営の関係、セキュリティプログラムの自動化の問題など、どれも旬なテーマであったため、満足度も高かったです。

来場者1人ひとりが、自分の好きな屋台で有意義に

 ――ビジネスカンファレンス以外にとても多くのワークショップ&カンファレンスがありました。正直、あまりにも多いので驚きました。

 竹迫 今回のコンセプトとしては、「SECCON2016決勝大会」はCTF決勝を中心とする年に1回の“お祭り”で、ワークショップやカンファレンスの1つひとつは縁日に並ぶ“屋台”みたいなものとイメージしました。従って、全体として、共通の1本の筋が通っていたわけではなく、むしろそこは求めませんでした。来場者1人ひとりが自分の好きな屋台で、食事をしたり、ゲームをしたり、就職相談したりして、有意義に過ごしてほしかったのです。

 その1つの目玉企画が、王様達のヴァイキング×SECCONスペシャルトークセッション「世界を変えるキャラクターとは?」でした。
 『王様達のヴァイキング』は、週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)連載の人気マンガです。名も無き18歳の天才ハッカーと天才エンジェル投資家という世界征服を狙う強力タッグが、「第五の戦場」と呼ばれるサイバー空間で、次々と起きるサイバー犯罪の大事件に立ち向かう物語です。マンガのなかでは、SECCON CTF決勝大会の模様も描かれており、ハッカーの間では、ファンも多くよく知られています。

 当日は、マンガ制作のプロセスを紐解きながら、作中に登場するサイバー事件とその背景を掘り下げていただきました。技術ネタの背景なども披露されました。エンジニアとして興味をそそられる話も多く、参加者の満足度も高かったです。また、マンガ家のさだやす氏はメディアへの露出がほとんどない方(当日も撮影禁止)だったので、マンガファンの方も多く駆けつけていただきました。

ロボットの遠隔操作が現実に起こることを証明

 もう1つ評判が良かったセッションは、「ロボットのセキュリティは安全?ロボットをハッキングしてみよう!」です。これは、韓国情報技術研究院(KITRI)のハン・ジョンフン氏に講演していただきました。現在、すでにたくさんのロボットが開発・運用されています。ここではロボットに使われるOSの1つ、ROS(Robot Operating System)に注目しています。ROSはほぼ毎年新たなバージョンがリリースされ、いろいろなロボット・マシンに使われていますが、セキュリティの脅威や安全性についてはまだ充分に検証されていないからです。

 アカデミアで研究されていた、ロボットの遠隔操作(乗っ取り)が現実に起こることを、実際に韓国の喫茶店で動いているロボットと同じ実機でコンセプト証明できたことには、大きな価値があると思います。国内ではあまり取り上げられていない分野のため、参加者の興味を引きました。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
竹迫 良範(たけさこ・よしのり)
 SECCON 実行委員長。現職は大手情報サービス会社 技術フェロー。大学卒業後、独立系ITベンチャーにて大企業向けパッケージソフトを開発、主に国際化を担当する。国内大手グループウェア研究子会社にて中長期のR&Dの傍ら、エンジニア採用、産学官連携活動と日本の人材育成に関わり、2012年に「SECCON」を立ち上げ実行委員長に就任。
 08年 Microsoft MVPアワード Developer Security、13年情報処理学会 山内奨励賞、CSS2013/MWS2013 CSS×2.0一等星を受賞。著書として『ECMA-262 Edition 5.1を読む』(秀和システム)、共著として『セキュリティコンテストチャレンジブックーCTFで学ぼう!情報を守るための戦い方』(2015年 マイナビ出版)などがある。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年01月16日 17:56

ハナマルキが慶大とサッカー元日本代表選手が代表を務める企業と共同で、塩こうじ摂取の研究成果を発表

  塩こうじ  ハナマルキ(株)(本社:長野県伊那市、花岡俊夫社長)は7日、慶應義塾大学SFC 研究所ランニングデザイン・ラボ(所在地:神奈川...

2019年01月16日 17:41

「携帯料金は4割値下げ余地がある」~菅官房長官の発言を検証する(上)

   安倍晋三首相は、2015年9月11日に開催された経済財政諮問会議で、携帯電話料金の値下げを検討するように指示したが、その後何ら動きが見られなかった。 ...

2019年01月16日 16:32

(株)エージー・コーポレーション(東京)/飲食店など経営

  破産手続開始決定 負債総額 約11億6,400万円  同社は16日、東京地裁から破産手続開始決定を受けた。  破産管財人は相羽利昭弁護士(三宅...

2019年01月16日 15:55

糖尿病と歯周病の意外な関係~歯周病は心臓病や脳梗塞、腎臓病などの原因にも

  歯周病の治療で、血糖値をコントロールする力が改善  食生活が原因で起こる生活習慣病の1つ、糖尿病。厚生労働省が実施した2014年患者調査によると糖尿病...

2019年01月16日 14:49

安倍政権のサンゴ移植フェイク発言~怠慢司会者の罪「ボーっと仕事してんじゃねーよ!」

  ボーっと生きてんじゃねーよ!  NHK人気バラエティー番組「チコちゃんに叱られる」の決め台詞で、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と一喝されそうなのが、1...

『小笠原ブランド』を進化させ、より良い住空間づくりへ貢献し続ける(前)

  (株)小笠原 共存共栄での事業構築  (株)小笠原の始祖は、江戸後期の1822(文政5)年4月、現在の佐賀県鹿島市で飴おこしの製造販売を興した...

2019年01月16日 14:03

【続報】久留米の実習生変死、現場付近の防犯カメラにバイク

  15日、現場となったクリークには 花束や線香が供えられていた。  大川市内在住の中国人技能実習生、徐和キン(偏は矢の上二画にカタカナの...

2019年01月16日 13:47

生活の木、ハーブティー5種に虫混入で自主回収

  自主回収対象商品(※クリックで拡大)  (株)生活の木(本社:東京都渋谷区、重永忠社長)は11日、同社が販売する「おいしいハーブティー...

2019年01月16日 11:54

虚偽記載などにより福岡市の警備会社 営業停止処分

   福岡県公安委員会が、福岡市城南区(登記上)の警備業「(株)ACE」(石黒伸久代表)に対し、45日間の営業停止処分を発表していたことがわかった。 &nb...

2019年01月16日 11:39

コスモス薬品11月中間、二ケタ増収益~人件費高を吸収

   コスモス薬品の2018年11月中間連結決算は、前年同期比で売上高が10.2%増、経常利益が16.5%増と二桁の伸び率を記録した。中間期の増益は2期ぶり。 ...

pagetop