2024年07月19日( 金 )

関根健次氏、世界一周&コスタリカ移住からの帰国報告会

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 ソーシャルビジネス研究会主催で、4月22日午後3時よりアクロス福岡(福岡市中央区)で『関根健次氏世界一周&コスタリカ移住からの帰国報告会』が行われた。参加者は60名、関根氏の個人的ファンが大半であるように見えた。関根氏は2002年に起業し、ソーシャルビジネスの先駆けてとして活躍してきた。2007年2月から商号を「ユナイテッドピープル」と変えて映画事業に踏みだしている。同氏は2012年に福岡に移住した。

 40歳を迎える2016年4月、中米の環境・平和立国で知られるコスタリカへ家族と共に移住。2017年4月に再び帰国された。コスタリカへ入国する前に30カ国世界を回ってきたが、20年前に世界一周した当時と比較して「世界中どこででもテロが起きる危険性を感じた」と、印象を語ってくれた。

 そして9カ月のコスタリカ生活で、「この国は生活するのに世界一幸せである」ことが理解できたという。常設の軍隊を持たないことで軍需費を教育・福祉に回せる財政背景がある。そこには、住む人に幸福感を感じさせる財政構造が横たわっている。「同行した子供二人が、入国わずか2日目から地元の子供たちと同様に教育を受けさせるインフラが充実しているのには驚いた」という。一方ではさまざまな矛盾が山積しているとの指摘もあった。詳細は近々、インタビュー記事を掲載する予定。

 

関連キーワード

関連記事