• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月23日 07:02

一般メディアが語る「中国」はわかりやすすぎる!(3)

東京大学大学院総合文化研究科 川島 真 教授

中国には様々なヒト、モノ、カネが流入している

 ――中国人がアフリカへ進出して行く一方で、本書には、アフリカ人が中国にやってくる今までメディアではほとんど報じられていない事実「広州のアフリカ人街」の話が載っています。

 川島 中国と世界の関係を見る時、中国の世界進出ということだけが大きな話題となります。しかし、一方で世界の様々な企業や、世界各地の人々が中国に入って行き、中国に移住することが同時に進行しています。世界の目線が中国に集まり、中国情報が世界に溢れていくとも意味します。

 中国には100万人を超える台湾ビジネスマンが働いており、上海の外国人ビジネスマンは増加の一途を辿り、珠江デルタ地域では東南アジアからの労働者が増えています。また中国の各大学に集まる外国人留学生も増え続けています。つまり、世界進出と同時に、中国には様々な「ヒト」、「モノ」、「カネ(資本)」が流入しています。

 2010年頃から中国への中東、あるいはアフリカの人々の流入という現象が注目されています。今回、私は2010年に広東省広州市、11年には浙江省義烏市で調査を行いました。
広州市あるいは珠江デルタ地域には、多くのアフリカ人が移住しています。合法、非合法滞在を合せると、人口にして調査当時は2万とされていましたが、時には5万とも10万とも言われていました。昨今では、不法滞在者の摘発を試みる警察の手を逃れるために、アフリカ人たちも、郊外に分散しつつあります。

“チャイナドリーム”のイメージを世界に広げる

 実際に、広州市のアフリカ人街として最も大きな小北路エリアを歩いてみました。小北路は市の中心部、越秀公園の東側に位置する通りで、その小北路と環市中路との交差点の西南角に天秀大廈があります。その環市中路を渡ると登峰賓館があり、そこからかなりの奥行でアフリカ人街が広がっており、「チョコレート城」とも言われていました。

 そのコミュニティでは構成員の多くが男性で、珠江デルタ地域で生産される品物を買付け、アフリカに送付している小貿易商、あるいは運送業者でした。2010年当時は、ナイジェリア、マリ、ギニア、カメルーンといった国々の出身者が多い印象を受けています。中国経済の発展は、中国人の世界進出だけでなく、さまざまな“チャイナドリーム”のイメージを世界に対して広げることになり、多くの人々が中国を目指してやって来ていました。

中国・ナイジェリア両国の不法移民摘発の応酬

 アフリカに進出する大国中国は、一方で中国の国内に流入するアフリカ人との間に様々な問題を抱えていました。多くの外国人が、自らの社会の一員になって行くことについては、まだ十分な用意ができていなかったのです。

 2009年7月に、三元里(広州市街の北側)に近い、広園西路に面した砿泉派出所に、100名を超えるアフリカ人(その大半がナイジェリア人)が抗議デモで押し寄せ、警察官が発砲大けがを負う事件がありました。2008年の北京オリンピックに際して、中国当局がビザの更新に制限加えたためと言われています。ナイジェリアは、アンゴラなどと並んで中国の主要石油輸入先であり、両国の関係は極めて緊密です。

 ところが、この事件はナイジェリアの旧首都ラゴスにある「チャイナキャッスル(中国商城)」まで飛び火しました。同年10月には、ナイジェリアのラゴス税関が国家安全局の官員とともに、チャイナキャッスルのビルの抜き打ち検査を行い、その際、数十の中国系企業も捜査対象になり、会社の責任者や従業員10数名が逮捕されました。その後も、しばらくは両国で、不法移民摘発の応酬は続きました。

 中国人のフロンティアは中国政府の一歩先、二歩先を進んでいます。そのため、逆に中国に入ってくる外国人についても、相手国政府はもとより、中国政府もまた対応に苦慮しています。

中国製品の粗悪性や中国人商人の資質も問題にする

 ――中国人のアフリカ進出関連で、雑誌『非洲』に関して教えて頂けますか。

 川島 非洲とはアフリカのことで、雑誌『非洲』は中国政府肝いりのPR誌で、2009年9月に創刊されました。中国の対アフリカ政策を、わかりやすく紹介し、中国人の期待するアフリカ像を提示しつつも、投資意欲をかき立てるようなメディアになっています。また、中国のアフリカ援助もこの雑誌の主要テーマとなっています。全国人民対外友好協会が主管し、中国非洲人民友好協会が業務を担う形態をとっています。

 この雑誌で興味深いのは、積極的なアフリカへの投資意欲をかき立てつつも、中国製品の粗悪性や中国人商人の資質を問題にしている点です。特に偽物問題は深刻であると記事は伝えています。中国の人々にアフリカとの関わり方を指南し、何が問題になっているかということについての啓蒙的な雑誌だと言えます。問題があるということを当局は理解している、ということでもあります。

 2009年は、第1回の中国・アフリカ協力フォーラム開催(2000年10月)からちょうど10周年を迎え、中国の対アフリカ対策の仕切り直しが行われた年です。同年には、この他に、アフリカ人読者向けの『ChinAfrica/中国与非洲(中国とアフリカ)』という英文・中国語月刊誌がルニューアル、再刊行され、『人民日報海外版 非洲週刊(週刊アフリカ)』が創刊されています。アフリカ人向けですから、パブリック・ディプロマシーの一環だということにもなるでしょう。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
川島 真(かわしま・しん)
 1968年神奈川県横浜市生まれ。1997年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程、単位取得退学、博士(文学)。現在、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻教授(国際関係史)、専攻は中国近現代史、アジア政治外交史。世界平和研究所上席研究員、nippon.com企画編集委員長、内閣府国家安全保障局顧問などを兼任。
 著書として『中国近代外交の形成』(名古屋大学出版会、サントリー学芸賞)、『近代国家への模索 1894‐1925』(岩波新書)、『中国のフロンティア』(岩波新書)、『21世紀の「中華」』(中央公論新社)他多数。編著として、『東アジア国際政治史』(共編、名古屋大学出版会)、『チャイナ・リスク』(岩波書店)他多数。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月02日 14:44

【緊急寄稿/佐藤章】日本が立ち向かうべき「真の問題」 医系技官ヒエラルキーと特別会計の闇

 第2次安倍政権以来8年間続いた自民党政権の下にいて満足を感じている国民はごく少数だろう。安倍晋三前首相や菅義偉現首相にかかわるスキャンダルを毎日のようにテレビや新聞...

2021年03月02日 18:18

『脊振の自然に魅せられて』素晴らしき脊振の霧氷(前)NEW!

 2月19日(金)、ワンダーフォーゲルの後輩Oを誘い、今年3度目となる雪の脊振山へ向かった。18日には雪が舞い散っていたが、天気予報を見ると19日は晴れマークとなって...

2021年03月02日 17:58

中国経済新聞に学ぶ~中国、2020年に新生児30%減少(前)NEW!

 中国公安部が2月8日に公布した人口に関するデータが多くの人たちを悩ませた。2020年12月31日現在で、20年の出生戸籍に登録した新生児数が1003.5万人、そのう...

2021年03月02日 17:51

LINE、Yahooが防災デジタル化~デジタル庁創設に向けて自民党デジタル社会推進本部が委員会を開催(前)NEW!

 自民党は2月25日、デジタル庁創設に向けて、デジタル社会推進本部デジタル施策調査小委員会を開催した。LINE(株)とYahoo(株)から「防災のデジタル化」について...

2021年03月02日 17:39

福島第一原発事故、東電の賠償額10兆円超えるNEW!

 東日本大震災の福島第一原発事故による東京電力(株)の原子力損害賠償支払額の累計は、2021年度に10兆円を超える見通しとなったことがわかった。この累計には除染費用が...

2021年03月02日 16:46

コロナ時代のメイクを追求「マスクdeなりきりメイク」~明治産業「あ!めいじんぐ倶楽部」

 不動産資産管理、エネルギー販売などを行う(株)明治産業(福岡市中央区、明永喜年代表)は、オトナ女子のための部活動「あ!めいじんぐ倶楽部」をCSR活動の一環として運営...

若きトップと情熱を傾ける社員たち 快進撃はとどまることを知らない

 創業した1986年当時、(株)三和通商は海外から輸入した衣料品などを国内で売りさばくことが主な事業だった。また、お隣の韓国から人気の化粧品を仕入れるなど、時流に乗っ...

地域とともに発展してきたことに感謝 より身近なスーパーマーケットへ

 暮らしに寄り添うスーパーマーケット。その代表格がサンリブやマルショクではないだろうか。長崎、鹿児島、沖縄を除く九州全域、そして山口、広島に133店舗を構え、事業を推...

2021年03月02日 15:39

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(1)

 ポスト・コロナ時代に、バイデン新政権下での米国、中国、ミャンマー、台湾、韓国、北朝鮮、中東などの国際情勢はどう動き、日本はどのような役割をはたすべきなのか。さらに、...

2021年03月02日 15:18

ワクチン接種開始とその後の展開(前)

 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、待望のワクチンがいよいよ生産され、アメリカやイギリスなどの世界各国で接種が始まった。すでに国民の半分近くが接種を受けているイ...

pagetop