• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年06月15日 11:09

お客さまのメリットを最優先に「さすが西京」を目指す(前)

(株)西京銀行 頭取 平岡 英雄 氏

 山口県周南市に本店を構える西京銀行。山口県の第二地銀として、地域に根差した事業を展開している。2010年に頭取に就任した平岡英雄氏は、改革派として活躍している銀行家である。地域の企業のメリットを第一に、西京銀行ならではのサービスを展開していきたいとする平岡頭取に、金融再編への考え、人口減少などの地域経済の問題、変化を続ける金融業界についてうかがった。

(聞き手:弊社代表・児玉 直、弊社顧問・浜崎 裕治)

お客さまのメリットを第一に

 ――まず、近年の金融機関の再編についておうかがいします。九州地区では第一地銀同士や第二地銀まで含めて金融機関の再編が加速しています。山口県や中国地区での金融機関の状況は、いかがですか。

(株)西京銀行 平岡 英雄 頭取

 平岡氏(以下、平岡) 私たちは再編について、安易には考えていません。金融機関が再編すると、金融庁などの行政機関から見れば銀行数が減少するので管理する手間が省けるなどのメリットがあるかと思いますが、規模の小さい中小零細企業のことまではあまり意識はされていないように思います。小さな銀行は、どうしても合併吸収のターゲットになりやすいのですが、その銀行にも取引先となる企業がたくさんあり、地域の経済活動と密接なつながりを持っています。大きな銀行になった場合、これまでのお客さまをこれまで通りにフォローしていけるかという問題が発生しますから、経営統合については考えていない、というのが現状です。

 ――経営統合は誰のためにするのか、という意味ですね。

 平岡 経営統合するということは、銀行サイドから見れば効率化を図るということを意味します。しかしながら、銀行が効率化を進めて、銀行だけが生き残り、地域の企業が生き残れないという状況がもし生まれてしまうとなれば、本末転倒だと思います。私たちの存在意義が問われることになりますからね。

 私たちは、自分たちが生き残るためという経営統合の前に、お客さまが必要としてくれるのかどうかという考え方が先にあると考えています。もし当行が必要ないと判断されているのならば経営統合を含めて考えないといけないと思いますが、必要としていただいているのならば、大きなグループの傘下に入ってやり方を変えるというのは本意ではありません。自分たちの存在意義はお客さまであって、お客さまが求めていらっしゃることに応えるという点にあります。経営統合することでお客さまにメリットがあるのならば考えるべきでしょうが、自分たちのメリットのために考えるというのは、話しが逆のような気がします。

 ――統合の際、最も手間がかかるのがシステムの問題です。経営統合により、お互いが効率的に業務を行うことができる、ということはあります。しかし、そこで問題になるのはシステムですね。共通のオンラインシステムを導入するとなると、経費もかかります。

 平岡 経営統合で最も苦労するのが、システムだろうと思います。信用金庫さまや信用組合さまなど、業態で共同のシステムをお持ちのところはいいですが、銀行はそれぞれ別のシステムを持ち、業務を行ってきました。今のように経営統合が進む状況が想定されていませんでしたから。

 ただ、先に述べたように、統合するためのシステム構築を進めるのは今のところ無意味だろうと考えています。我々クラスで自らのシステムを維持していくのは大変ですが、この分野は技術が日進月歩で進んでいる分野でもあります。今後、もう少しコストをかけずに維持していける時代が来るのではないか、という期待は持っています。

(つづく)
【文・構成:柳 茂嘉】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:平岡 英雄
所在地:山口県周南市平和通1-10-2
設 立:1930年11月
資本金:179億4,000万円
経常収益:(17/3)294億700万円

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月25日 16:38

スーパーゼネコン決算好調も受注は減少傾向 コロナ影響も不透明

 清水建設は25日、延期していた2020年3月期の決算発表を行った。同期は売上高1兆6,982億円、経常利益1,379億円を計上...

2020年05月25日 16:31

「広報いとしま」、全国広報コンクールで初の入選2席

 糸島市の広報紙「広報いとしま(2019年5月15日号 / No.225)」が、「令和2年全国広報コンクール広報紙市部」(日本広報協会主催)で入選2席に選定された...

2020年05月25日 16:23

中国外相が全人代で記者会見~香港への統制強化を正当化、米国からの新型コロナ損害訴訟をはねつけ

 24日、全国人民代表大会(全人代)で王毅・国務委員兼外交部長(外相)による記者会見が行われた。外相の記者会見は全人代でとくに注目されるイベントの1つ。今年は新型コロ...

2020年05月25日 16:11

【政界インサイダー情報】安倍一強政権末期、またまた墓穴を掘る

 エリート中のエリートである黒川弘務・東京高検検事長の「賭けマージャン」発覚に加え、卓を囲んだメンツが検察担当の新聞記者という癒着の発覚。さらに、黒川氏の辞任騒動に伴...

2020年05月25日 15:33

コロナで明暗 サイバーが電通の時価総額を上回る

 5月20日、(株)サイバーエージェント(東証一部、藤田晋代表)の時価総額が、終値ベースで(株)電通グループ(東証一部、山本敏博代表)を初めて上回った。サイバー社の6...

2020年05月25日 15:11

ゼロから農福連携を目指す 福の浦ファーム

 新たな挑戦に年齢は関係なし――70歳を目前にして農業経営をはじめた、福の浦ファーム代表の高木教光氏。高木代表は家業のガソリンスタンド経営に携わったのち、病気のためや...

2020年05月25日 14:52

ロイヤル・ボックスの藤堂和子ママ~中洲の灯の「復活宣言」

 自粛解除により、いよいよ6月1日から中洲のクラブも一斉に営業を再開する。そこで5月22日、弊社取材ルームにて「ロイヤル・ボックス」の藤堂和子ママにインタビューを行っ...

2020年05月25日 14:44

経産省、新型コロナウイルスに有効な洗剤120商品を公表

 経済産業省と(独)製品評価技術基盤機構(NITE)は22日、新型コロナウイルスに有効と判断した界面活性剤を含む家庭用洗剤の商品リストを公表した...

2020年05月25日 14:06

カテキンや緑茶による新型コロナの効果についての根拠なし~標ぼうする広告宣伝に注意!

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は21日、お茶などに含まれるカテキンに、新型コロナウイルス感染症があるといった広告宣伝に対し、現時点でそのような効果は確認されてい...

2020年05月25日 13:24

コロナ禍で大量失業の“泥沼”にはまった世界経済(前)

 目に見えない小さな存在でありながら、ウイルスが人々を混乱に陥れ、既存の制度を崩壊させ、新しい制度にとってかわるような結果を招くこともある。歴史を振り返ってみると、伝...

pagetop