2022年01月23日( 日 )
by データ・マックス

山口FGの株主総会~何ごともなく50分で閉幕

 北九州銀行を傘下に持つ(株)山口フィナンシャルグループの株主総会が6月27日午前10時より、山口銀行本店8階会議室(下関市竹崎町4-2-36)で開催された。議長の吉村猛社長より以下の事項についての内容報告があった。

1.報告事項
(1)第11期(2016年4月1日~2017年3月31日)の事業報告、連結計算書類の内容説明並びに会計監査人および監査役会の連結計算書類監査結果についての報告
(2)第11期の計算書類の内容報告。
 一般企業の売上に当たる経常収益は1,635億円(前期比▲19億円)、経常利益467億円(前期比▲29億円)、親会社に帰属する当期純利益315億円(前期比▲7億円)と減収減益となった旨の報告。
2.決議事項
第1号議案  定款の一部変更
第2号議案  取締役7名選任の件

 第3号議案 監査役等委員である取締役2名選任の件

◆代表権のない福田浩一会長は退任し、小田宏史氏、藤田光博氏が新任候補となり、取締役は1名増員の7名。上記の決議事項については賛成多数で可決承認された。

質疑応答
・株主より「今後の経営統合についての考え」を問われると、吉村議長は「他行と経営統合をする
考えはなく、傘下の山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行の経営に全力を傾注して取り組んで参り
たい」と述べ、総会は何ごともなく10時50分に閉幕した。

九州地銀の決算発表スケジュールについて

 九州地銀の株主総会は以下の通りとなっており、6月21日の九州FGを皮切りに昨日の山口FGおよび宮崎太陽銀行まで5行の株主総会が終わっている。今日28日は筑邦銀行、いよいよ明日29日は、ふくおかFG(3行)、西日本FH(2行)及び佐賀銀行など7行の株主総会が集中して開催される予定になっている。はたして何ごともなく閉幕するのだろうか。

【(株)データ・マックス顧問 浜崎裕治】

 

関連記事