• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月26日 16:18

【2017衆院選・福岡4区】戦いは、始まる前にすでに終わっていた!? 第48回衆院選(2017) 

 今回の衆院選で福岡4区は、自民前職の宮内秀樹氏(55)、維新前職の河野正美氏(56)、そして共産新人の新留清隆氏(62)の三つ巴の戦いとなった。これは、前回の衆院選(2014年12月)のときと同様の面子での戦いとなり、結果もまた前回を踏襲するように同じものとなった。ただ唯一違ったのは、今回は河野氏の比例復活がなかったことだ。

 結果的に宮内氏の圧勝で終わった福岡4区だが、公示後に各陣営による選挙戦が繰り広げられる前の時点で、すでに勝敗は決していたように思う。それを象徴するのが、各陣営が構えた選挙事務所だ。

宮内ひでき選挙事務所

宮内ひでき選挙事務所

 今回の宮内氏の選挙事務所は、今年5月に閉店した福津市の書店「金修堂」の跡に構えられた。元が書店ということもあって、余裕のある駐車場に広い屋内スペースを備え、多くの支持者が集まっても十分なキャパシティを持っていた。また、JR福間駅からもほど近く利便性もまずまずの場所で、周辺には飲食店をはじめとしたロードサイド店舗が立ち並ぶ、華やかな立地となっていた。

 一方、河野氏の選挙事務所は、前回の衆院選時と同じ場所に構えられた。事務所の規模としては特段小さいわけではなく、駐車場のスペースはやや狭いものの、屋内はまずまずのキャパシティを持っている。ただし、立地があまり良くなかった。九州道・古賀ICに近く、そこそこの交通量がある道路の交差点に構えられた河野氏の事務所だが、辺りには田畑が広がり、夜ともなれば周辺は真っ暗。コンビニや数軒の飲食店の明かりが灯るのみで、宮内氏の選挙事務所と比べるとどこか寂しく、どうにも見劣りがしてしまう印象だった。

 そして新留氏の選挙事務所はというと、日本共産党宗像粕屋地区委員会の事務所内に構えられた。“新人”とはいえ今回の衆院選で5度目の挑戦という、選挙に関してはいわばベテランの域に達している新留氏だが、個別に選挙事務所を構えていないのは、陣営の懐事情によるものなのか、それとも、そもそも当選の期待をそれほど寄せられていなかったのか……。

 もちろん、選挙事務所の良し悪しが、選挙の結果を左右するわけでは決してない。しかし、こうして見てみると、選挙事務所にかける力の入れ方が、それぞれの得票数に結びついているように思えてならない。各陣営が選挙事務所をどこに構えるかを検討していたのは、まだ公示前の時点。戦いは、始まる前にすでに終わっていたということか――。

【総選挙取材班】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月17日 18:55

東京マラソン、一般参加の中止~参加予定ランナーの声NEW!

 3月1日開催の東京マラソンは、新型コロナウイルス拡大の影響を受け、一般ランナーの出場を取りやめ、招待選手などエリート選手のみで行われることが決まった。

2020年02月17日 16:39

【定点観測】東京・午前8:00~マスク着用率は…NEW!

 都内ではマスクを着用する人の姿が多く見られるようになった。下の写真は、今朝の通勤時(午前8時ごろ)のものである。地下鉄丸ノ内線・中野坂上駅を降りて改札に向かう乗客の...

2020年02月17日 15:25

下請業者に不当な減額や返品を要求~伊藤忠商事の子会社に下請法違反

 公正取引委員会は2月14日、伊藤忠商事の100%子会社で、婦人服ブランド「レリアン」「キャラ・オ・クルス」「ランバンコレクション」などのブランドを展開する(株)レリ...

2020年02月17日 14:47

(株)INS(旧・(株)ヰノセント)(東京)/婦人服販売

 INSは2月14日、東京地裁に特別清算の申請を行った。

2020年02月17日 14:30

これからのカードは指紋センサー搭載カードに(前)

 中国発の新型コロナウイルスは全世界に大きなショックを与えており、新型ウイルスのワクチンがない現在、さらなる感染拡大が心配されている。新型コロナウイルスは感染者と接触...

2020年02月17日 14:00

老舗企業のお手本となるマネジメント~(株)未来図建設

 地場総合建設業の(株)未来図建設は地元のまちづくりに貢献し続け、顧客および取引先などステークホルダーから高い評価を受け絶大な信用を得ている。同社代表取締役・菅原正道...

人災としてのコロナウイルス感染拡大

 想定された事態が発生している。日本全国で新型コロナウイルス感染者が確認され始めた。しかも、中国・湖北省から日本に移動した人、中国・湖北省を訪問した人ではない。そもそ...

2020年02月17日 13:30

神奈川県知事肝いりで推進!「人生100歳時代の設計図」(後)

 人生100歳時代では、リタイアしてからスムーズにセカンドキャリア、あるいは新たな生活ステージに移行できるかがポイントとなる。

2020年02月17日 11:52

【書評】有森隆著『創業家一族』を読む~かつて日本の創業者は起業家精神が旺盛だった!(前)

 永らく日本はベンチャー不毛の地と言われてきた。インターネットの勃興に合わせて、米国ではGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)が、中国にはBAT(バ...

2020年02月17日 11:30

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第2章・肉親を「看取る」ということ(4)

 石田弘次郎(仮名)は、母の葬儀を、ひとりですべて準備・段取りして、取り仕切った。「母が亡くなってから葬儀までは、悲しんでいる暇などなく、葬儀の準備から会葬していただ...

pagetop