• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年12月18日 13:55

「コレクション」は資本主義そのもの

 11月15日に米ニューヨークで行われたオークションで、キリストが描かれたレオナルド・ダビンチの作品「サルヴァトール・ムンディ(救世主)」が美術品として史上最高顔となる4億5,030万ドル(約508億円)で落札された。美術品の価格でこれまでの最高だったゴーギャンの「ナフェア・ファイ・イポイポ(いつ結婚するの)」約355億円を大きく上回った。約1カ月後の12月13日(水)に東銀座松竹スクエア13Fの会議室において、『コレクションと資本主義』(水野和夫&山本豊津共著・角川新書)の出版記念対談が開かれた。資本主義の価値創造という性質は「蒐集」概念を通して最も先鋭的に美術品(絵画など)に現れるという。会場には師走の忘年会シーズンにも拘わらず約100名のファンが参集した。

異色の組み合わせ

左から、山本豊津氏と水野和夫氏

 水野和夫氏は経済学者(法政大学法学部教授)、山本豊津氏は美術商(東京画廊社長)である。一見異色と思える組み合わせだが、水野氏は芸術に興味があり造詣も深く、一方山本氏は元大蔵大臣村山達雄氏秘書の経験もあり経済に明るい。

 水野氏は、これまでの著書で「ゼロ金利、さらにはマイナス金利までつけた日本を筆頭に世界の資本主義は終焉を迎えている。その理由は、拡大再生産を大前提にしている資本主義で金利がゼロになるということは、資本の次の投資先=フロンティアがない、もはやそれが望めないことを表明している」と主張している。一方、山本氏は、前著『アートは資本主義の行方を予言する』(PHP新書)で、「絵画が資本主義の“価値と価格のパラドックス”を体現している」ことを初めて明らかにした。

 対談はマイアミ・ビーチ「アートバーゼル」に出店、帰国されたばかりの山本氏が美術史およびその世界を現在~過去~未来へと語る中で水野氏が資本主義との関係をコメントするかたちで進められた。

蒐集と収集の違い

 本書のタイトルであるコレクションは「蒐集」と訳される。蒐集とは、単に集める「収集」とは微妙に違い「自分たちの価値基準に応じて分類し、選別しながら集める」意味をもつ。
 水野氏は「蒐集は資本主義そのもの」であると言い、山本氏は「資本主義が誕生した背景には西欧の蒐集概念がある」という。そしてこれは帝国主義の世界支配とも関係する。

 蒐集の概念は、遡れば、その始まりは「ノアの箱舟」に行き着く。その後、キリスト教は「人々の魂を蒐集するシステム」を編み出し、一方で資本主義は「モノやお金を蒐集するシステム」を編みだした。近代都市にいけば必ずある「動物園」「植物園」(とくにイギリス・ロンドンにある王立植物園「キューガーデン」は象徴的)「美術館」「博物館」など、現代の私たちが教養や娯楽の殿堂と考えている施設はすべて、それらが誕生した西欧では「蒐集」が根本思想にあった。

 山本氏が言及した、蒐集した後の美術品をどう取り扱うかについての日本と西欧の違いは面白い。
 西欧では、「それらを一般に公開することで、所有している自分の立場と力を誇示する」。一方で日本の美術商には逆に「広く他人に見せないことで、価値が上がると考える」傾向があるという。

蒐集と世界の事件

 水野氏は、興味深いことに、本書でここ10数年の大事件の多くを過剰な蒐集の限界が原因であることを説明している。

 9.11(アメリカ同時多発テロ):アメリカが過剰に富や利権を蒐集した結果、収奪された第三世界がテロリズムいうかたちをとって反撃に転じた。

 9.15(リーマン・ショック):金融工学によってレバレッジをかけ、CDS(クレジット・デフ
ォルト・スワップ)などの金融派生商品を駆使し、過剰に資本を蒐集した結果、バブルが
弾けた。

 3.11(東日本大震災):資源を持たない日本が原子力エネルギーを過剰に蒐集した結果、
「想定外」といわれる地震と津波によってそれらが破綻した。

(『コレクションと資本主義』72頁から)

アートと資本主義

 山本氏は、今アートの中心は再びヨーロッパに戻っているという。毎年6月にスイスのバーゼルで行われる世界最大のアートフェア「アートバーゼル」には、世界中の画廊が約300軒出店し、世界中からコレクターが集まる。さらにアートバーゼルが面白いのは、次のマーケットを意識していることだ。その1つが、メキシコなど中南米・北米市場を意識したマイアミ・ビーチ「アートバーゼル」であり、もう1つは、中国の富裕層などアジア市場を意識した香港「アートバーゼル」である。

 この話を受けて水野氏は、債権国(支配者)、債務国(被支配者)の関係を演出するのには銀行、しかも国際銀行が必要であると説いた。そして、スイスのバーゼルには国際決済銀行(BIS)があり、アメリカには国際通貨基金(IMF)があり、ちょうど香港「アートバーゼル」が生まれた時を同じくして、中国にアジアインフラ投資銀行(AIIB)ができたことを披露した。ここでも見事に、コレクション(アートなど)の動きと資本主義はつながっている。

 資本主義は終焉しているのではないかと言われて久しい。その間先進国は、あの手この手を使って、経済成長を何とか延命させようとしてきた。しかし、それも限界かもしれない。今米欧の銀行は「量的緩和」の出口へと動き始めた。日本だけが、出口に背を向けエンジンをふかし続けている。コレクション(アートなど)の動きが、何か資本主義の未来にヒントを与えてくれるのだろうか。興味が尽きない、面白いテーマである。

【金木 亮憲】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年11月18日 07:00

成長を続ける国内化粧品市場 インバウンド・時短ケア商品がけん引

   マーケティングリサーチ事業の(株)富士経済(東京都中央区)はこのほど、化粧品市場調査を発表。訪日外国人観光客によるインバウンド需要と、「時短ケア化粧品」の...

2018年11月17日 07:01

「ヒューペルンA カプセル」認知・記憶障害の予防、記憶力・学習能力の向上に有効!(後)

  (株)龍泉堂 認知症患者への投与試験で認知機能が有意に改善  脳の活性化する作用はヒト試験でも実証されている。認知症患者を対象とした脳の機能改...

2018年11月16日 18:24

【訪米レポート(3)】玉城県知事が訪米日程を終了~「このままではデッドロック状態」と警告

   訪米日程を終えた玉城デニー沖縄県知事が、取材に応じた。現地時間14日の模様と、囲み取材の様子をお伝えする [ニューヨーク/横田一] <1...

2018年11月16日 16:43

【寄稿】乙武洋匡が出会った「福岡発・スゴ腕13歳」

   「乙武さんのお話を福岡のみんなに聞かせたいので、ぜひ僕にサイン会と講演会を開かせてください」  SNSを通じてそんなメッセージをくれたのは、福岡市に住...

2018年11月16日 16:38

九州地銀の2019年3月期 第2四半期(中間期)決算を検証する(1)

   九州地銀(18行)の2019年3月期の第2四半期(中間期)の決算が出そろった。  上場会社は、東証から45日以内に決算発表することを上場ルールとして求められ...

2018年11月16日 15:40

【福岡市長選】なぜ、いまごろ?自民党が高島氏を「支持」

  党県連通さず直接要請  18日投開票が行われる福岡市長選。15日、自民党は、現職の高島宗一郎氏(44)を「支持」することを決めた。高島氏は、自民党福岡...

2018年11月16日 15:18

冒険投資家ジム・ロジャーズの中国戦略(後編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2018年11月16日 15:12

身内の改宗を通夜で知る

   身内に不幸があり、通夜に出席した。聞けば、大腸がんで、医者からもあまり長くはないと伝えられていたそうだ。  挨拶もそこそこに、用意された席に向かう途中、故...

2018年11月16日 15:00

イメージと実態のギャップを正しく理解する

   就職活動をする場合、とくに若手のビジネスパーソンはイメージに囚われ、実態が見えていないケースが見受けられます。知識や経験の乏しさから、やむを得ない面もあります...

2018年11月16日 14:49

(株)マルモク 前年に引き続き好調な業績

   木材と新建材の販売で福岡トップクラスの実績を誇る(株)マルモク。1970年に村田一朗氏が設立し、主に内装工事(造作・家具建具・クロス)を中心にスタート。現...

pagetop