2024年06月26日( 水 )

「クリスマスマーケットを福岡の文化に」~(株)サエキジャパン・佐伯代表

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 12月25日にフィナーレを迎えた博多・天神のクリスマスマーケット。ヨーロッパではシーズン中、まちの広場ごとにさまざまなコンセプトの市が立つほど、クリスマスマーケットは市民の暮らしにとって身近な存在だ。このヨーロッパの冬の風物詩を、福岡のまちに持ち込んだのが(株)サエキジャパンの佐伯岳大代表取締役である。

 仕掛け人・佐伯氏は福岡の冬を盛り上げるため、現地で本場のクリスマスマーケットを学び、人脈を構築。JR九州を始めとする地元企業の協力を得て、福博の地にクリスマスマーケットを実現した。「300年続くまつりにしたい」と語る佐伯氏は、すでに来年の開催に向けて動き始めている。今回は、博多駅前で5回目、天神のふれあい広場で3回目を迎えた2017年のクリスマスマーケットを振り返り、今後の展望について語っていただいた。

 

関連キーワード

関連記事