• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月07日 15:09

奇跡のJ1昇格 V・ファーレン長崎 高田明社長の目指すものは(1)

(株)V・ファーレン長崎 代表取締役社長 高田 明 氏

 Jリーグ・J2は毎シーズン有力チームが入れ替わり、当初有力視されていたチームが下位に沈み、ノーマークの弱小チームが躍進するドラマが繰り返されている。とくにJ1への昇格争いは、「まさか」の声が漏れるような快進撃や大逆転劇が相次ぐ、世界でも稀に見る過酷な戦い。2017年4月に高田明氏が代表に就任したV・ファーレン長崎の昇格劇は、そのなかでも白眉といえるだろう。立役者の1人である、高田明代表に話を聞いた。

自動昇格までは想定外だった

 ――まずは、J1昇格おめでとうございます。I・B夏期特集号の取材で17年6月にお話をうかがった際に「V・ファーレン長崎とアビスパ福岡、いっしょに昇格できたらいいですね」とお話しましたが、長崎は見事自動昇格(2位)、アビスパは残念ながらJ1昇格プレーオフ敗退となりました。正直、6月の段階では「長崎さんは、プレーオフ圏内に入れれば御の字かな」と思っていました。4月の就任の時点では、昇格まで考えていらっしゃったんでしょうか。

(株)V・ファーレン長崎 高田 明 代表取締役社長

 高田社長(以下、高田) 社長を引き受けるときには、もちろん昇格を目指していました。でも、自動昇格といわれたらそこは難しいだろうと。昇格プレーオフは過去には2回出ていますから、それだけの力はあるチームです。だから、そこは昇格を狙わないといけないと考えていましたね。

 ――2015年の昇格プレーオフでは、福岡が長崎に勝って昇格まで勝ち上がりました。

 高田 その前は京都でしたね。J2に昇格した年にプレーオフまで行きました。1年おきに、プレーオフ圏内と下位を行ったりきたりしていました。16年は15位でしたから、17年は順番としてはいいということになりますか(笑)。でもリーグ戦が全日程終わってみたら、1位の湘南ベルマーレと勝ち点差は3まで縮まりました。それだけ、実力をつけてきたのだと感じています。

 ――そうですね、一時は湘南が独走して福岡が何とかついていくという構図でしたが。

 高田 得失点差もかなり縮みました。そういう時期というのはあるんですね、サッカーには。

 ――まさに、そういう時期を逃さずに昇格しないといけないですね。自動昇格が決まったときは、どう思われましたか。

 高田 自動昇格を決めたのは41節のカマタマーレ讃岐戦(11月11日)でしたが、数試合前からサポーターや県民の皆さまの「これは昇格決まるのでは」という思いが走っていましたね。それでもまずは一試合一試合。「一日一生」という僕が好きな言葉のように、一戦一戦を大事にしました。選手、監督、スタッフ、そして県民の皆さまも、今日勝たなければ明日はない、という心境でしたね。そういう雰囲気のなかで、讃岐戦を迎えました。

 このときも、アビスパ福岡の引き分けと名古屋グランパスの負けというのは想定外のことでした。まさに、奇跡が奇跡を呼んだといえるでしょう。地元のトランスコスモススタジアム長崎(長崎県諫早市)で昇格決定となったのもよかった。多くの皆さまの「V・ファーレン長崎頑張れ」という気持ちに応えることができました。僕が社長に就任したときはまさに倒産の危機で、3億円以上の累積損失があった。そのときから比べたら、多くの皆さまに助けられたと思いました。まさに「長崎の奇跡」だったと思います。

長崎県民一体となっての強力なサポート

 ――長崎県民からのサポートは、強く感じるところはありますか。

本社がある諫早市喜々津は、街を挙げてV・ファーレンを応援

 高田 ありますね。長崎県は、ジャパネットの本社がある佐世保などの県北、V・ファーレンが本拠地とする諫早市がある県央、県庁所在地の長崎市がある県南とおおよそ3つの地域に分かれます。どこの県でもそうですが、それぞれの地域性がある。僕が社長を拝命した4月ごろ、佐世保あたりではV・ファーレンに興味がある人はそれほど多くなかった。サッカーよりも、プロ野球のソフトバンクホークスを観に行くという人が多かった。でも、自動昇格の可能性が上がってくると、長崎県内ではどこでも「V・ファーレン頑張って!」「試合見に行きました!」と声をかけてくださる方がすごく増えてきました。今は長崎県全体で「長崎のチームが、J1に行ったんだ」ということを認識していただいているなと感じています。良かったなと感じていますね。

 ――J1に上がると、日本代表クラスの選手が対戦相手としてやってきますから、一般層への訴求力は非常に高まりますよね。

 高田 それはあるでしょうね。13年シーズンにガンバ大阪がJ2でプレーしたときには、観客動員数は1万8,000名を越えました。これが動員数記録だったのですが、先日の昇格決定試合が2万2,000名を超えましたからね。ガンバ大阪との試合での観客の熱狂ぶりはすごかった。今度はJ1に上がって、浦和レッズとか鹿島アントラーズ、川崎フロンターレが来るわけですから、これはもうどうなるんでしょうか。想像つかないですね。これもまたJ1の魅力ですね。

(つづく)
【深水 央】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:高田 明
所在地:長崎県諫早市多良見町化屋1808-1
設 立:2006年6月
資本金:3億4,000万円
売上高:(17/1)7億4,900万円

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月05日 07:00

プラスチック製レジ袋の有料化 各社各様でスタート

 7月1日から全国で一律にプラスチック製レジ袋の有料化が始まった。持ち手のない袋やバイオマス素材25%以上配合の袋は対象外となる...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(4)

 そもそも7年前に導入が決まった時点では、1基の建造費は800億円と言われていた。それが、あれよあれよという間に2倍以上に膨れ上がり、2基併せて4,500億円になって...

2020年07月04日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】関電責任取締役提訴事件(3)真実隠蔽過程の序章

 かつて「関電疑獄」として、関電収賄事件の解説記事を連載した。そのとき、不祥事を引き起こした取締役会自身の手によって、ヤメ検を中心とした真相究明を目的とする「第三者委...

2020年07月04日 07:00

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(後)

 「単純作業の自動化が重要だと思っています。たとえば、営業で問い合わせを受けたときに必ず行うルーティン業務があります...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(3)

 実は、EMP攻撃のリスク分析はアメリカでは20年前から行われている。というのも、国防総省そのものが、仮想敵国を標的にしたEMP兵器の開発に取り組んできたからだ...

2020年07月03日 16:57

この世界、どうなる?(8)「マイアミ・ナイス」

 私が学生のころ、日本のテレビでは「マイアミ・バイス」というアメリカ製のテレビドラマが流行っていた。ドラマ・アナリストによると、「よくできたシリーズ」だったそうだ...

2020年07月03日 16:45

加熱処理乳酸菌FK-23は抗ガンに高い効果 酵素処理乳酸菌LFKはインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制

 DEVNETは、ニチニチ製薬と提携して、FK-23を免疫強化や抗ガンなどに、LFKをインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制、花粉症などのアレルギー対策などに役立ててい...

2020年07月03日 16:15

6月、九州北部地方の月平均気温が過去最高の24.9℃に

 福岡管区気象台によると、6月の九州北部地方(山口県を含む)の地域平均気温平年差は、1946 年の統計開始以降最高となり、もっとも暑い6月となった...

2020年07月03日 16:02

手ぶらでBBQ!カリフォルニアバーベキュービーチでアイドルが体験レポート

 福岡のアイドルグループ、ふくおか官兵衛Girlsの白石ありさと、NEO☆学院の望月琉菜が「California B.B.Q BEACH」(福岡市西区今宿)をレポート...

筑後商事(株)(旧・(株)マミーズ)(福岡)/スーパー「マミーズ」経営

 同社は6月22日、福岡地裁柳川支部から特別清算開始決定を受けた...

pagetop