• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月03日 14:49

3町にまたがるボタ山を再開発 「産業遺産跡地」を「未来環境都市」へ(前)

 糟屋郡志免町の中心部で圧倒的な存在感を感じさせる「竪坑櫓(たてこうやぐら)」のすぐ近くに位置し、志免・粕屋・須恵の3町にまたがるボタ山。かつて日本の近代化を支えた炭鉱の産業遺構ではあるが、閉山後には放置され、長らく手付かずの状態が続いていた。それが今新たに、最先端の環境モデル地区へと再生・整備されようとしている。

炭鉱の歴史を今に伝える貴重な産業遺構

国の重要文化財にも指定された「志免鉱業所竪坑櫓」

 福岡市の東部に位置する志免町は、市内都心部に隣接する立地の良さや適度に安い地価からベッドタウンとしての発展を遂げ、福岡都市圏のなかでもとくに勢いのある自治体の1つだ。その中心部に屹立する「志免鉱業所竪坑櫓」(以下、竪坑櫓)は、上層部が膨らんだ独特の形状をした高さ約48mの鉄筋コンクリート製の構造物で、同町のシンボルともいえるもの。この志免の竪坑櫓と同形のもので、終戦前に建造されて現存するのは世界でもほかに2例のみという非常に貴重な産業遺構であり、威風堂々としたその姿は、この地域がかつて石炭で発展したことを今に伝えている。

 「糟屋炭田」の炭鉱の1つである「志免鉱業所」(志免炭鉱)は、1889(明治22)年に当時の海軍艦艇の燃料であった石炭の確保を目的として、海軍によって開発されたのが始まり。現・須恵町での採掘から始まり、1906年には現・志免町でも採炭が開始された。その後、太平洋戦争が始まると、新たに地下深くから石炭を掘る垂直の坑道が計画され、海軍が竪坑櫓の建設に着手。43(昭和18)年に完成した竪坑櫓は、当時は“東洋一”とも称された。終戦を迎えた後は、戦後の復興を支え、蒸気機関車の燃料などに使うため、国鉄に移管。しばらくは増産傾向が続いていたが、エネルギーが石炭から石油に転換していくなかで、64年に閉山。75年の歴史に幕を閉じた。なお、この志免炭鉱は、採掘開始から閉山まで一貫して国営であった、日本国内唯一の炭鉱でもある。

 閉山後、鉱業所は旧国鉄所有のまま、竪坑櫓は石炭合理化事業団に譲渡されていたが、80年に(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構に譲渡。だが竪坑櫓は、長らく戦時中のイメージが付きまとう“負の遺産”的な扱いを受けながら放置され、取り壊しも検討されていた。最終的に取り壊しにまで至らなかったのは、単に国も自治体も取り壊し費用が捻出できなかったという消極的な理由であり、不幸中の幸いというしかない。

 その後、次第に竪坑櫓の産業遺構としての価値が認められ、2006年には志免町の所有となり、07年7月に国の登録有形文化財に登録された後、09年12月には国の重要文化財にも指定された。ただし残念ながら、完成が昭和期のために、15年に世界遺産として登録された「明治日本の産業革命遺産」の構成資産からは外れている。

開発めぐる協議重ねるも、手付かずのボタ山

 その竪坑櫓は現在、志免町の総合福祉施設「シーメイト」の一角にあり、周囲は運動公園として整備・活用されている。

遺構の1つ「第八坑連卸坑口」

志免町の総合福祉施設「シーメイト」

 その北側、県道91号を挟んですぐの場所に、志免・須恵・粕屋の3町にまたがった、木々が生い茂った小高い山「西原硬山」がある。角度によっては漢字の「山」のように3つの峰が並んで見えるその山は、実は自然の産物ではなく、石炭を掘り上げたときに出た土(ボタ)を積み上げた“ボタ山”である。このボタ山も、もともとは旧国鉄の所有だったものだが、現在は志免・須恵・粕屋の3町での所有となっている。

 閉山後、ボタ山開発を鋭意促進していくために、80年には志免・須恵・粕屋の3町からなる「国鉄志免炭鉱ぼた山開発推進協議会」が設置。ボタ山の活用策をめぐって幾度も協議が重ねられ、これまでにも人工スキー場やゴルフ場、競馬場などの案が模索されてきた。だが、撤去に莫大な費用がかかることや、ボタ山に対しての3町の温度差などもあって、そのいずれも実現には至っていない。

 なお13年8月にはボタ山の土地を活用した「ボールパーク構想」として、志免町と粕屋町と須恵町の3町が連携して福岡ソフトバンクホークスのファーム(2・3軍)の本拠地の誘致に名乗りを上げたこともあった。この構想では土地を無償貸与する代わりに、造成費用はソフトバンクの負担とする計画で、造成後の13万m2のうち9万m2をファーム拠点に、残り4万m2をメガソーラー用地とするものであった。だが残念ながら、その後の1次審査であえなく落選。ファーム誘致の夢は露と消えた。

 現在のボタ山は、木々が生い茂り、傍目には自然の野山とほとんど変わらない。ただし、実際に山中に足を踏み入れてふと足元に目をやると、落ち葉の陰に隠れて真っ黒な“ボタ”がちらほら目につく。地元有志の会による手づくりの階段も整備されており、意外に急傾斜な登山道を登って山頂にたどり着くと、そこには志免・粕屋・須恵の3町を一望できる景色が広がる。すぐ眼下には特徴的な竪坑櫓の姿もあり、まさに絶景といっても過言ではない。新年の初日の出を拝める穴場スポットとしても、地元民からは秘かな人気を集めている。

(つづく)
【坂田 憲治】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年04月19日 17:36

「九州名物とめ手羽」からあげグランプリで最高金賞受賞

   日本で一番うまい唐揚げ屋を決めるからあげグランプリ(主催:(一社)日本唐揚協会)の授賞式が、4月17日に東京都内のホテルで行われた。  手羽先部門で...

2019年04月19日 17:04

地域住民から愛される新たな公共交通へ~AI活用型バス「のるーと」運用開始で式典

  挨拶する倉富純男・西日本鉄道(株)社  西日本鉄道(株)は19日、三菱商事(株)と共同で運行するAI活用型オンデマンドバス「のるーと」の2...

2019年04月19日 16:13

【九州国立博物館特別展】「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」~九州初!

   「千本釈迦堂」の名で親しまれる京都の大報恩寺は、鎌倉時代1220年に義空上人が開創した古刹。その本堂は、応仁の乱をはじめとする幾多の戦火を免れ、京都市内最古の建...

2019年04月19日 15:10

【JR九州列車運行状況】線路の安全確認によるダイヤの乱れが発生(19日午後2時5分現在)

   JR鹿児島本線の大牟田駅で線路の安全確認を行った影響で、19日午後2時5分現在、以下の路線で遅れが発生している。 鹿児島本線(下り線) ...

2019年04月19日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」4月12日発表 福岡労働局分

   厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。4月12日に公表された福岡労働局分は下記の通り。 ...

2019年04月19日 14:48

【パチンカー代の『釘読み』】ダイナム、熊本県に1,165万円を寄付

  左:(株)ダイナム 保坂 明取締役 右:熊本県総務部 山本 倫彦部長  全国でパチンコホール「ダイナム」を400店舗以上展開している(...

2019年04月19日 12:39

海外でも評価される光冷暖システム 博多が誇るグレートモーニングとは(前)

  (有)チョコレートショップ 代表取締役 佐野  隆 氏 Anny Group KFT(株) 代表取締役社長 二枝 たかはる 氏 (株)力の源ホー...

2019年04月19日 11:46

「チャレンジャーではいられなかった」選挙を終え、「街づくり」議論へ意欲~調崇史市議

   自民党福岡市議団に所属し、今回の福岡市議会議員選挙では城南区で3選を果たした調崇史市議。選挙を終えた感想を求めたところ、「1度目は民主党で、2度目...

2019年04月19日 11:41

九工大、新一万円札の渋沢栄一から贈られた書を展示

  九州工業大学 「百周年中村記念館」  九州工業大学は、2024年から発行予定の新一万円札の肖像に決まった渋沢栄一氏直筆の書を、同大学戸畑キ...

2019年04月19日 11:33

「ふるさと納税返礼品未発送問題」発覚後、初の市長選~21日投開票・福岡県 直方市

   昨今、返礼品の高額化による寄付金集めの是非を問う議論が全国的にかわされている。その最中に起こった、直方市の「ふるさと納税返礼品未達問題」。全国的にも珍しいこの事...

pagetop