2022年08月18日( 木 )
by データ・マックス

中国経済新聞に学ぶ~「90後(1990年代生まれ)」はどんな世代ですか(後)

「90後」大学生の真実の姿とは

 「中国経済生活大調査(2017~2018)」は、18歳から25歳の学生を対象として実施された。彼らのほとんどが1990年代生まれだったが、一部の結果は極めて予想に反する意外な結果となった。
 「90後」の大学生がパートナー選びで最も重視すること:優しさ、思いやり、家族観「人生のパートナーを選ぶにあたって重視すること」のなかで、彼らがトップに挙げたのは、「優しさ、思いやり、家族観」で、「見た目・才能」さらには「家庭・経済条件」を上回った。「90後」の大学生がパートナーに求めるものは、実はこのような要素だったことを、あなたは想像できただろうか?

家庭を非常に大切に考えている「90後」の大学生

 同報告によると、「自分は幸せではない」と思っている大学生はわずか14%だった。
 ほかの世代のほとんどの人々と同様、彼らにとって、幸福感に影響をおよぼす三大要素は、「家族関係」「健康状態」「収入レベル」だった。だが、彼らはほかの世代に比べて「家族関係」をより重視しており、収入よりも高く評価していたことは注目に値する。
 「90後」の大学生、「充電」に常に努力生活に対する満足度や幸福感が高いことについて、生活の質に対して明確なニーズを抱いている大学生は、自分の望むライフスタイルを送るという目的に向けて、自分自身を高め、「充電」し続ける努力を怠っていない。同報告によると、大学生の1日の余暇時間について、「3~4時間」が最も多く、「3~5時間」の余暇時間を確保している大学生の割合は、ほかの世代よりかなり高かった。
 どのように余暇を過ごすかについて、「90後」の大学生は、「プライベートな研修・トレーニング」と「読書」に費やす時間が多く、これら2つの選択肢を選ぶ人の割合が、平均を上回った。
 アリババの前CEOの衛哲氏のこんなキャッチーなタイトルの発言録が「中欧商業評論」に掲載されている、「85後は貯蓄する。90後は貯蓄しない。95後はお金を借りる。借金をして消費をする勇気のある世代というのは、事実上95後から始まっている」
 豊かさを享受し、それでいて楽しさや理想を重視する「90後」「95後」。日本のさとり世代とも少々違う彼らの特性を理解することは、今後の中国ととくにビジネスでうまく付き合う上で必須になる。

(了)


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
■(株)アジア通信社
所在地:107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:china@asiahp.net
URL:http://china-keizai-shinbun.com

 
(前)

関連記事