• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月12日 13:00

九州トップの税理士法人が叶える「本当に必要な提案」(前) 時代を紡ぐ企業110社 

税理士法人アップパートナーズ

九州1位の契約実績、業績を伸ばし続ける税理士法人

 福岡、佐賀、長崎、佐世保に展開し、九州で有数の実績を誇る税理士法人アップパートナーズ。豊富な知識と経験をもつスタッフがそろう同事務所には、財務関係だけでなく、法人設立や経営手法、IT関連など、実に多様な相談が寄せられている。

 同法人の設立は2008年だが、その起源は1977年に遡る。現代表・菅拓摩氏の実父である故・勉氏が佐賀県伊万里市に個人事務所を構えたことが始まりだ。その後、04年にA&P税理士法人として福岡市に事務所を開設。08年に旧・内田延佳税理士事務所(現・アップパートナーズグループ総代表、内田延佳氏)とA&Pが合併し、現在のアップパートナーズが誕生した。内田総代表が医療分野の顧問を得意としていたこともあり、アップパートナーズも医科・介護・歯科分野からとくに厚い信頼を寄せられている。もちろん医療関連だけでなく、一般企業のクライアントも多く、どの業種であっても総合的にサポートできるよう、体制を整えている。

 40代の若さで九州トップレベルの税理士法人として、200名以上の社員を率いる菅代表。実家は、歯学生向けの下宿を営んでいた。「医師は気難しく、信頼関係を結ぶまでに時間がかかるとよく言われますが、私は幼いころから歯科医のたまごたちと触れ合ってきたためか、医療関係の方たちとお話するのが非常に楽しく、気難しいと感じたことはありません」(菅代表)。これだけの規模をもつ同法人だが、大々的な広告は出さず、紹介によってここまでの規模に成長してきた。「クライアントに恵まれた」と笑顔を見せる菅代表だが、それは「クライアントに『本当に必要な提案』をしたい」という真摯な姿勢が招いた結果であるといえる。

経営者の悩みを総合的に解決、IT技術でさえ網羅する経営のプロ集団

 同事務所に多様な相談を寄せられるのは、クライアントが求めるサービスや相談に、総合的に解決できる仕組みが整っているためだ。社内には税理士、社労士、司法書士、公認会計士、中小企業診断士などの有資格者が揃うだけでなく、IT部門として数名のSEが所属している。これが同社の最大の特徴であり、クライアントから支持され、信頼を受ける理由といえる。各方面に特化した専門人材たちは、あらゆる相談に即座に応えるだけでなく、1つの依頼に対しあらゆる角度から複合的に検討した、最適解を提案する。

 これだけの人材の充実に至った理由は、ひとえに「クライアントのニーズに応えたい」という真摯な思いによるものだ。とくに10年前に開始したSE採用は、まさに先見の明であったといえる。

 開業時から従来の税理士の手法だけに捕らわれず、常に効率的な手法を模索・採用してきた菅代表。いまでこそ企業はさまざまなツールを駆使して、業務の効率化を図っているが、10年前はエクセルでの管理が主流。入力作業に時間を取られ、業務効率が悪くなるという課題があった。

 この悩みを抱えるクライアントを助けるツールを構築すべく、菅代表はSEを採用。IT技術に長けた人材により、新しい管理システムを開発した。早速クライアントたちに提案し、大きな好評を得ることとなった。同時に菅代表は、クライアントにとってIT技術の導入は必須になるという手応えを感じた。

 予想は見事的中し、現在IT部門は同法人の主要なサービスとして成長。会計事務所のIT部門だからこそ可能となる、経営者目線の「ITソリューション」を提案している。クライアントごとに最適なIT技術の導入を提案するため、確実な業務のスピードアップやコスト削減を可能にしている。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:菅 拓摩
所在地:福岡市博多区博多駅東2-6-1九勧筑紫通ビル9F
設 立:2008年9月
資本金:1億5,600万円
TEL:092-403-5544
URL:http://www.upp.or.jp

<プロフィール>
菅 拓摩(すが・たくま)
 1973年4月生まれ、佐賀県出身。立命館大学院経営学研究科修了。父の事務所を継承した後、2008年に内田延佳税理士事務所と経営統合し、(税)アップパートナーズを設立。同事務所代表税理士に就任。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

世代交代による新たなチャレンジで『今までにない商品』作りと市場拡大を目指す(前)

  (株)ジャパンシーフーズ 100億円企業へ向けた体制を強化  2017年9月1日、井上陽一氏が(株)ジャパンシーフーズの新社長に就任した。サバ...

2018年08月19日 07:00

逆浸透膜飲料水プラント導入実績国内No.1 福岡が誇る水のリーディングカンパニー(後)

  ゼオライト(株) トップランナーとしてともに成長を  1,200件を超える導入実績をもち、その内70%以上に上る導入先からの信頼を得て、メンテ...

逆浸透膜飲料水プラント導入実績国内No.1 福岡が誇る水のリーディングカンパニー(前)

  ゼオライト(株) 水のプロフェッショナル集団  1969年11月に創業して以来、『良い水創り、人財創り』を経営理念に掲げ、良質な水の提供と、そ...

2018年08月18日 07:00

『私の少年時代』戦後の引き上げ体験記(後)

  「引き揚げ者の記録から」  <北朝鮮から中国へ逃げ惑う一家がいた。畑の大根をかじり何カ月も逃避した親子は逃避生活が耐えられず、母親が「もう死のう」、幼い子...

2018年08月17日 17:35

【疑惑のホテル】アイランドシティのホテルがついに着工か

   福岡市東区のアイランドシティ・センター地区に建設が予定されているホテルが、今年11月に着工する見通しであることがわかった。  事業計画によると、ホテルは11...

2018年08月17日 17:33

ドン・キホーテ販売の健食に表示違反か~市民団体申し入れ

   食の安全・監視市民委員会(神山美智子代表)は6日、ディスカウントストアの(株)ドン・キホーテ(本社:東京都目黒区)の店舗で販売していた健康食品2品の表示が、医薬...

2018年08月17日 16:24

なぜカンボジアでカジノが大はやりしているのか?日本に出る幕はあるのか?(後編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2018年08月17日 16:00

【8/22】食・アート・ゲームイベント「虹色こどもひろば」 ロイヤルチェスター福岡で開催

   地域の子どもを対象に、食事会、アート教室、ゲーム大会などを含んだイベント「虹色こどもひろば」が22日、福岡県大野城市のロイヤルチェスター福岡で開催される。 ...

2018年08月17日 15:42

なぜカンボジアでカジノが大はやりしているのか?日本に出る幕はあるのか?(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2018年08月17日 15:32

【速報】下関国際が木更津総合を下し、ベスト8進出

   第100回全国高等学校野球選手権の下関国際(山口)対木更津総合(東千葉)戦は、下関国際が4対1で木更津総合を破って準々決勝進出を決めた。次戦は龍谷大平安(京都)...

pagetop