• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月30日 07:01

進化を続ける世界有数の観光地・京都 観光客を呼ぶ切り札は名所ではなく「人」(5)

 訪日外国人が2,000万人を越え、いよいよ日本全体で「観光立国」としてのあり方を本格的に考えなければいけない時代がやってきた。福岡にもクルーズ船や航空機を利用した外国人観光客が多く訪れ、中心市街地ではキャリーバッグを引いた外国人観光客を見かけない日はないが、その一方で、観光をビジネスとしてどう生かすかについては試行錯誤が続いている。そこで、国内では最高峰の観光都市である京都市が直面する課題と今後の取り組みについて、現地視察とインタビューを通じて考える。

世界遺産・二条城には京都市観光協会主催のガイドツアーも

 堀江 観光資源の開拓の目的は、新たにお客さんをどんどん呼び込みたいということではありません。すでに人気のある観光資源に、過度に集中しないようにするためです。そこで、「場所・時季・時間」の3つの軸で、平準化するような施策を進めています。

 まず「場所」です。一部の観光名所にすべての観光客が集中するとなると、混雑がものすごくなって、せっかく来てくださった観光客の満足度が下がってしまうことになります。また時季としては、1年を通じていかに幅広いシーズンに観光にきていただくかも重要なテーマ。観光協会では、比較的観光客が少ない夏と冬に「京の夏の旅」「京の冬の旅」としてキャンペーンを打ち、年間を通じた観光客誘致を行っています。寺社の特別拝観も夏と冬を中心に行っています。

 さらに時間帯としても、早朝から夜までまんべんなく動いてもらう方が、どこかに集中するよりはいいですからね。

 ――新しい観光資源を発掘し、提案していくというサイクルがうまく回っていくことで、次はどこに行こう、次は何をしようというリピーター需要を生むことになりますね。

 堀江 ビギナーとリピーターなどいくつかのセグメントに切りわけ、対象の観光客にそれぞれどういうものを見せていくか。それを整理していかなければいけないですね。目の肥えたリピーターさんに対しては、その層向けの観光資源をつくって見せていかなければいけません。

 ――体験型コンテンツ、いわゆるコト消費の重要性も、観光を考えるうえでは重要なトピックです。

 堀江 コト消費とモノ消費をハッキリ切り分けるのは難しいのですが、リピーターが増えていけば求める体験や消費の質は変わってくると思います。1つの目安として、観光協会に入会する企業の業種を見ると、着物レンタルをやっている会社なども増えていますから、コト消費を業にする企業も増えているのではないでしょうか。また、tripadvisor(世界最大の旅行情報サイト。月間4億5,500万人が利用している)には「体験」というカテゴリーができていて、そこに掲載されるスポットも増えています。また、ガイドを使って観光する場合も一種の体験型消費ということになりますね。

 目立った観光資源がない土地の場合、どこでお金を取っていこうかと考えるとなると、ガイドというのは非常に有効な手段です。神社仏閣など、入場するためにお金がかかる場合はそこでお金が発生しますが、観光客が魅力を感じるのは、たとえば雰囲気のいい街並みなど、直接お金が発生しないところも多いでしょう。ガイドを使って観光してもらう流れをつくることができれば、いままで消費が発生しなかった観光資源に金銭的な価値をつけることができるようになります。

 ――福岡でも、現在「博多旧市街プロジェクト」という構想がスタートしています。今のところ、実際にどのようなかたちでマネタイズしていくのかはまだわからないところです。

 堀江 規制緩和が進んだので、通訳ガイドになるために資格を取得する必要はなくなりました。ガイド同士のコミュニティをつくったり、旅行者との適切なマッチングをしたりしていくのも大切なことだと考えます。

(つづく)
【深水 央】

 
キーワードタグ:旅行  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

2019年08月16日 08:00

【企業研究】老舗百貨店の矜持と覚悟

 創業84年の(株)井筒屋。これまで北九州・小倉を拠点に福岡・大分・山口において店舗展開を行い、九州地場百貨店の代表格としての地位を有していたが、時流とともに栄枯盛衰...

2019年08月16日 07:30

田舎がアニメに「出る」理由~地方の疲弊とアニメ会社の収益改革

 7月28日、所用で唐津に行くと、駅の改札のすぐ近くで「ゾンビ」に遭遇した。といっても、本物ではない。アニメ「ゾンビランドサガ」のキャラクターに扮した同作のファン、い...

2019年08月16日 07:06

“未完成”をメリットに進化を続ける機能性表示食品制度!~4度におよぶアクティブな改正で制度自体が業界をけん引!

 健康食品業界を大きく変えたといわれる「新たに機能性表示を可能とする仕組みの整備」が2013年6月14日に閣議決定されてから、早いもので6年の月日が流れたことになる。...

2019年08月16日 07:05

中小企業の現場で実現できるのか 働き方改革の課題とこれからの展望(後)

 働き方改革の時代は、働き方が異なる人がお互いに力を合わせて仕事するパッチワーク型、モザイク型のチームワークになると予想している。バリバリ働く人だけでなく、介護や育児...

2019年08月16日 07:00

『盛和塾』稲盛塾長、最後の講演(10)

 京都の地から始まり、全世界に広がった盛和塾という組織そのものは、本年12月をもって幕を閉じることになります。しかし、これからもフィロソフィを学び続けると同時に、その...

pagetop