• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月14日 07:03

今注目したいガイドライン 食品安全の見える化~HACCPで企業力を強化へ(前)

エッセンシャルワークス 永山 真理 代表

 今、HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)が各食品業界で注目されている。衛生管理のガイドラインとして米国で開発され、日本でも多くの企業が導入されているものの、世界的に見れば大きく後れを取っており、今回の食品衛生法の改正によるHACCPの制度化により、その対応が急がれている。HACCPの導入・運用支援コンサルタントとして、各種食品工場などで支援を手がけてきたエッセンシャルワークスの永山真理氏に話を聞いた。

認証取得の義務化ではなく、制度化による導入推進

 ――HACCP導入の現状について教えてください。

※クリックで拡大

 永山 HACCPは、食品安全を担保するうえで重要な衛生管理のガイドラインとして米国で開発され、現在、国際標準的管理手法として採用されています。

 今回の食品衛生法による制度化を危惧されている企業も多いと思いますが、認証を取得しなければならないことを強制しているわけではなく、あくまでも制度化によるHACCP導入の推進です。弾力的なもので、従来一律で「こうしなければならない」ではなく、各事業者が現場に応じて合理的かつ、有効性のある取り組みを策定し、実行することができる仕組みになっています。

 ――近年、注目されている理由についてはどう思われますか。

 永山 海外ではすでに米国、EUでは義務化、そのほか水産加工品、乳製品等に義務化としている国が多くあります。衛生管理について、進んでいるように感じる日本ではありますが、世界に目を向けてみると、グローバルスタンダードからは大きく後れを取っているのが現状です。

 HACCPを取り組む以前に、まず基本的に食品製造にまつわる法律を知って理解して運用することが前提です。食品衛生法、食品表示法のほか、業種ごとに定められた法律やガイドライン、景品表示法や計量法といったものまで、各業種によってさまざまです。いわゆるコンプライアンスには法律や条例などだけではなく、クライアントからの仕様についての要求や会社のルールといったことも含んで考える必要があります。

 ――各種業界の関心度はいかがでしょうか。

 永山 食品のみならず、近年は日本企業による品質問題・不正の隠蔽行為などが大きなニュースとなっています。その業界を食品業界に置き換えて考えてみると、「食」は人の命をつくるものであり、また、食中毒やアレルギーなどで直接、命を落とすこともあります。フードチェーンのうちどのような形態であれ、食を取り扱う事業者はこのことを理解しておく必要があります。HACCPは衛生管理の取り組みのなかで、食中毒事故などを起こす原因となるものを許容値まで減らすことができる仕組みということは知っておいたほうが良いでしょう。

 ――制度化に向けた国(厚労省)の動きについて。

 永山 わざわざHACCPを制度化してまで取り組まなければならないのか、それは昨今の情勢を知ることで制度化の背景を理解することができるかもしれません。今回の制度化の背景には、(1)中食、外食の重要の増加、(2)広域的な食中毒の発生、(3)輸入食品への依存、(4)健康食品に起因する健康危害の問題、(5)東京オリンピックを見据えての対応などとしています。

 ――さまざまな事象が重なり、国として動かざるを得ない、という判断になったのでしょうか。

 永山 15年ぶりとなる今回の食品衛生法の改正について、6月7日に衆議院本会議にて全会一致で可決されました。これにより、国内すべての食品等事業者に対して、HACCPに基づく衛生管理、またHACCPの考えを取り入れた衛生管理の導入が求められることになります。

 今まで、セミナーなどでは食品衛生法改正案の概要ということで知らされてきましたが、やはり気になるのはその具体的な内容です。しかし、現状決まっているのは大きな柱であり、具体的な内容については、これからというところでしばらく私たちはやきもきしながら今後を見守ることとなります。
今回の改正案の概要としては、(1)広域的な食中毒事案への対策強化、(2)HACCPに沿った衛生管理の制度化、(3)特別の注意を必要とする成分などを含む食品による健康被害情報の収集、(4)国際整合的な食品用器具・容器包装の衛生規制の整備、(5)営業許可制度の見直し、営業届出制度の創設、(6)食品リコール情報の報告制度の創設などとなっています。経過措置期間は2年とのことですが、昨年関東圏で発生した広域食中毒事故(行政区域を越えて発生)もあり、広域的な食中毒事案への対策強化については1年以内に、と優先順位をつけながら段階的に行われていくようです。

 しかし「HACCP制度化」という大きな柱がぶれることはありませんので、これからその概要に従い、事業者は衛生管理の仕組みについて順次見直しをしていくことになります。

(つづく)

<プロフィール>
エッセンシャルワークス 永山 真理 代表

福岡県大牟田市出身。2012年、自然食品店長時代にメーカーと消費者との「食品安全」の認識のずれを感じ、双方がWin-Winとなる方法はないかと考えていた時にHACCPと出会う。その後、HACCP導入、運用支援コンサルタントとしてさまざまな業種の食品工場へのHACCP導入に携わる。ISO22000審査員補(IRCA登録)、JFS-A/B規格監査員、国際HACCP同盟登録 HACCPリードインストラクター。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

アジア、世界を襲う水と食糧の危機~今こそ日本の出番!(3)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  中国やインドを中心にし、多くの農民たちが水不足による悲劇の主人公となっている。経済的に破綻し、自殺や身売りを余儀な...

2018年09月21日 11:14
NEW!

「商品発送遅延は別問題」 脱税容疑の出版社

   18日に注文された商品の発送が遅れていることを通信販売サイト上で告知していた(株)ディスカバリー出版。同社は、同日福岡国税局から同社および代表が脱税容疑で告発さ...

2018年09月21日 10:52
NEW!

【9/21~10/8】福岡パルコでガンプラ祭り開催中

  ▲俺が、俺たちがガンダムだ!  本日21日(金)から10月8日(月・祝)までの間、福岡パルコで、「THE GUNDAM BASE TO...

2018年09月21日 10:38
NEW!

鳥取銀行の支店撤退に行政がクレーム~地銀の経営統合にも影響か(前)

   【表1】を見ていただきたい。鳥取銀行(本店:鳥取市永楽温泉町、平井耕司頭取)は8月29日、経営の効率化を図るため、「店舗再整備の実施について」を発表。県内...

2018年09月21日 10:05
NEW!

益城町、災害対策本部を廃止

   益城町は、20日、大雨にともない町内全域を対象に発令していた避難勧告を同日午後9時9分に解除した。設置されていた災害対策本部も、同日同時刻をもって廃止された。

2018年09月21日 09:59
NEW!

なぜ、文科省は自発的「植民地化」に邁進するのか!(7)

  国際教育総合文化研究所 所長 寺島 隆吉 氏 朝日大学経営学部 教授 寺島美紀子 氏 日本語で説明してもわからない生徒に、英語で教える ...

2018年09月21日 09:49
NEW!

狂暴化するスポーツ団体、バド・今井彰宏氏の「永久追放」は不当!

  青沼隆郎の法律講座 第11回「公益財団法人・応用編」  (財)日本バドミントン協会による、再春館製薬所元監督・今井彰宏氏に対する指導者資格の永久剥...

2018年09月21日 09:00
NEW!

【福岡市政インサイダー情報/番外編】がんばれ! 白ブリーフ裁判官~岡口基一判事の分限裁判

   白ブリーフの自撮り写真で有名な東京高等裁判所の岡口基一判事(以下「岡口さん」)が、私的に発信した、裁判(捨て犬裁判)に関するツイッターの件で分限裁判にかけられた...

2018年09月21日 07:03
NEW!

「新しき村」にまぼろしの家族を見ることができるのか(後)

  大さんのシニアリポート 第70回  米や鶏卵、野菜類などの相場に影響されるものの、経営は比較的安定(取材当時)していた。「個人費」と呼ばれる給料は月3...

2018年09月21日 07:02
NEW!

権力の走狗に成り下がった鹿児島トップシェアの地方紙(後)

  (株)南日本新聞社 減収傾向に歯止めかからず  鹿児島県下で圧倒的なシェアを誇る同紙だが、ほか紙の例に漏れず、発行部数の低迷が続いており、20...

pagetop