• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月18日 07:05

逆浸透膜飲料水プラント導入実績国内No.1 福岡が誇る水のリーディングカンパニー(前) 時代を紡ぐ企業110社 

ゼオライト(株)

水のプロフェッショナル集団

 1969年11月に創業して以来、『良い水創り、人財創り』を経営理念に掲げ、良質な水の提供と、それを可能にする人財育成に努めてきたゼオライト(株)。創業から48年目を迎え、50周年という大きな節目も目前に迫る。現在、同社の逆浸透膜(RO膜)(※)の水処理技術を生かしたプラントは、キャナルシティ博多や小倉ターミナルビルなどの福岡県を代表する大型施設に加え、全国各地の病院やホテルなど、多くの水を必要とする顧客のもとに導入されている。その導入実績は1,200件を超え、国内No.1。福岡が誇る水のリーディングカンパニーは、今や全国屈指の水づくり企業になっている。

 そんな同社の良質なサービスを支えているのは、最先端の膜処理技術。そして、現場へと向かう社員1人ひとりの力-人財力だ。導入後のメンテナンスや顧客との信頼関係醸成など、人の手でなければ生み出せない付加価値は少なくない。メンテナンスはプラントの整備・清掃など、ハードな仕事でもあるが、『水』という社会生活を営むうえで最重要のライフラインの確保に最前線で取り組める、非常にやりがいのある仕事でもある。
 同社社員の質の高いアフターサービスに寄せられる信頼は厚く、1,200件を超える導入先のうち、メンテナンス・遠隔監視もそのまま同社に任せる顧客の割合は、実に70%以上に上る。

3つのサービスで良質な水を提供

 同社の事業は大きく3つに分けられる。逆浸透膜(RO膜)の技術を生かしたプラント事業。メンテナンス事業。そして、浄水器・宅配水事業の3つだ。
 プラント事業では、井戸を堀り、地下水を浄化処理することで、良質で安心・安全な水を供給している。この結果、水道水に代わり、井戸水浄水プラントを稼働させ、平均水道代の約20~50%の節約が行われている。年間にして、1,000万円以上節約できたという成果が出ている導入先もある。
 メンテナンス事業は、逆浸透膜(RO膜)技術を駆使したプラントなど各種装置の保守点検および薬品の補給まで、幅広く手がけている。同事業は365日年中無休で稼働する。もちろん、同社のメンテナンスはすべて自社管理。これこそが同社の強みである。
 「技術・サービスとともに、メンテナンス事業は生命線です。今後も正しいメンテナンスを行い、この分野で日本一を目指します」(勝美会長)。

 浄水器・宅配水事業では、逆浸透膜(RO膜)をコンパクトにして家庭用と業務用の浄水・純水装置の開発製造・販売を行っている。同社のオリジナルブランドの飲用水『わかみず』は、個人宅および企業のオフィスを対象として宅配されている。また、グラスを多く扱うホテル・結婚式場に最適のグラス洗浄機用RO純水装置『クリスタルロゼット』も提供している。
 クリスタルロゼットは、グラス洗浄機用逆浸透純水製造装置。使用中の洗浄機に設置するだけで、グラスを洗った際に残る斑点状のウォータースポット(水斑)や水垢を取り除き、グラスを長持ちさせる効果を発揮。年間100万円以上の経費削減を実現する。

 3つの事業はそれぞれ独立しているように見えて、「水」という限られた資源を創造・活用し、未来を切り拓くという共通の理念で結ばれている。現在、東京・大阪・名古屋の3支店と、北九州・熊本・大分・長崎・宮崎・東関東・岡山の7営業所体制を整える同社。
 福岡発の水のプロフェッショナル集団は、その活動範囲を広めながら、ソフト・ハードともに進化させ、より高い品質の仕事を構築している。

(※)逆浸透膜:1000万分の1㎜の超微細な網目を用いて、細菌ウイルス類は100%、塩分や農薬、ヒ素、ダイオキシンなどの有害物質を95%以上除去可能。高純度で安全な水をつくることができる。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代表取締役会長:河村 勝美
代表取締役社長:嶋村 謙志
所在地:福岡市博多区那珂5-1-11
設 立:1970年8月
資本金:9,000万円
TEL:092-441-0793
URL:http://www.zeolite.co.jp

<プロフィール>
嶋村 謙志(しまむら・けんし)

 1974年1月31日生まれ。福岡県宗像市出身。西日本工業大学工学部機械工学科卒業後、96年4月にゼオライト(株)入社。メンテナンス部に配属される。取締役部長、取締役常務、専務取締役を経て2014年8月取締役副社長に就任。16年8月に代表取締役社長に就任。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 07:00

なぜグランドメゾンは福岡で圧倒的ブランドなのか(後)NEW!

 グランドメゾンの特徴はその外構にあるといっても過言ではない。植栽などで深く覆われた外観は、歩行者からは一見してマンションに見えない場合もあるほどだ。たとえば百道浜O...

2019年07月17日 18:05

廃棄物のグレーゾーン「アミシタ」はどこに消えているのか

 「多くの中間処理施設では、どうしてもアミシタが発生するが、実際に管理型処分場にもち込む業者は少ない。一体どこに消えているのか」――そう話すのは、福岡県内の産廃処理業...

2019年07月17日 17:43

異色の芸術家・中島淳一氏の魅惑のアクセサリー ~エドマッチョ 福岡PARCO本店

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。同氏が描いた本物の絵画を樹脂でとじ込めた魅惑のアクセサリー「La Monus」が、福...

2019年07月17日 16:11

IR環境アセスメントへの無知 実行計画は大幅な遅れの可能性あり

 前回、長崎ハウステンボス(HTB)へのIR Project=カジノを含む統合型リゾート施設誘致に関連して、過去の巨額な投資での開業から、現在に至る度重なる崩壊の歴史...

2019年07月17日 14:33

スマホオーダー「スマホdeくら」導入開始 福岡は8月下旬から

 回転すしチェーン「無添くら寿司」を全国に展開するくら寿司(株)(本社:大阪府堺市、田中邦彦社長)は16日、スマートフォンを活用した新サービス「スマホdeくら」を「新...

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

2019年07月17日 11:35

アビスパ、FW石津大介が手術~6日のFC岐阜戦で負傷

 アビスパ福岡(株)は17日、6日のFC岐阜戦で石津大介選手が全治8カ月の負傷をし、手術を受けることを発表した。

2019年07月17日 11:20

京楽産業.、アニメの企画・プロデュース事業に本格参入

 パチンコメーカー大手、京楽産業.(株)は、KYORAKUグループ内において、アニメ作品の企画・プロデュースを手がける新事業部門「MAGNET」を起ち上げた。MAGN...

pagetop