• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月03日 14:13

安売り戦略の栄枯盛衰 常識外を行くドンキ(2)

価格弾力・楽しさ・いかがわしさ

 ディスカウントといえば、その戦略は価格である。お客がそれを明確に意識する数値は一般に6%といわれている。簡単にいえば、Aの店なら100円で売られているものが、B店で94円ならB店が「安い」と明確に認識する。この6%は、大小ほとんどの小売業や卸売業の経常利益1〜4%であることを考えると決して小さいものではない。逆に利益から見るとその数字の実現は極めて厳しい。言い換えれば、お客が実感する明らかに安い価格の実現は容易ではないということだ。
 安売りを成功させるには、それをすることで従来とはまったく違った大きな売上を獲得することが必須になる。ちなみに粗利率を6%低くすれば、売上を30%以上伸ばさなければならない。

 現在のような消費低迷のなかで多くの競合がひしめく時代にこれを目論むのは半ば無謀に近い。とくに規模の大きな小売業にとっては容易ではない。だから日本型GMSは動くに動けない。そんな日本型大型店だが、かつては圧縮付加といわれる大量在庫と通路にまではみ出す陳列で探す楽しさ、選ぶ楽しさを提供していた。いわばトレジャーハンティングだ。いま、同じような手法で注目されるのがドン・キホーテだ。曲がりくねった通路、避難通路の表示も隠れるほどの背丈を上回る陳列商品の高さ。量もアイテムも今流行りの言葉にすれば「ハンパない」。そんな売り場に生鮮業者をテナントに入れ、来店頻度を上げる。

生鮮はディスカウントの鬼門

 同じように圧縮付加手法で売り場をつくる福岡地盤のルミエールも生鮮をテナントで展開しているが、一部で直営も試みる。ディスカウンターが生鮮を直営しないのはより安く売りたいというDS本来の理念の実現が難しいからだ。加工食品に近い作業工程の精肉を除く生鮮はその調達や製造、鮮度管理に手間と技術が求められだけに容易に安くは売れない。加えて、効率低下による経費率の上昇が発生する。
 しかし、すべてテナントに頼るというやり方にも問題がある。テナントの品質レベルの維持である。生鮮テナントには高い売上に加えて、利益のための高い粗利率も必要だ。それができないと経費を調整するしかない。ここは直営生鮮と何ら変わりない。こうなるとディスカウンターが生鮮で集客という元来の目論見が成立しなくなる。

 その生鮮だが、消費頻度が高いだけにたしかに集客に寄与する部分は小さくない。だが、頻度が高いというのは消費者がその価格に敏感になるということでもある。さらに消費者は価格だけでなく、鮮度も求める。日本型GMSは今ではほとんどすべて生鮮を直営化しているが、その歴史で生鮮で利益を出したという実績はほとんどない。
 たとえば鮮魚の場合を例にとると、インストア作業の1人の時間あたりの売上生産は1万円に満たない。粗利率30%をとったとしても粗利益額は3,000円。実際は2,000円前後が普通だ。正社員で見れば労働分配率は限りなく100%に近づく。だから自ら生鮮食品を手がけて、利益を図るのは容易ではないことになる。

 この構造を避けるには生鮮をテナントに任せるか生鮮をやらないことだが、そのテナントにしても先述したように消費者から評価の高い売り場をいくつもつくるのは容易なことではない。生鮮をやらないという選択肢も現在の厳しい競合下では問題だ。生鮮なしで、低経費を実現し、好業績を上げてきたドラッグストア業界だが、いつの間にか生鮮食品を導入し始めている。ドラッグストアは生鮮をもたないことで坪あたりの売上が低くても高い経常利益を手にしてきた特異な業態である。だが、ドラッグストアが生鮮の充実を図れば近い将来、その収益構造が大きく変化することが予想される。そんな意味ではドラッグストアのスーパーマーケット化の成否は今後、注目に値する。

(つづく)

【神戸 彲】

<プロフィール>
神戸 彲(かんべ・みずち)
1947年、宮崎県生まれ。74年寿屋入社、えじまや社長、ハロー専務などを経て、2003年ハローデイに入社。取締役、常務を経て、09年に同社を退社。10年1月に(株)ハイマートの顧問に就任し、同5月に代表取締役社長に就任。流通コンサルタント業「スーパーマーケットプランニング未来」の代表を経て、現在は流通アナリスト。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月12日 17:00

【スクープ】西日本新聞のスポーツ本部長がセクハラで処分 TNC「CUBE」にも出演

 西日本新聞社の「下半身」不祥事が止まらない。既報の通り、7月に社内不倫に絡む事案で記者2人が懲戒解雇されたのに続き、8月に入ってすぐに、報道番組でコメンテーターも務...

2020年08月14日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(前)

 「今年の春、カプセルホテルやビジネスホテル、民泊などの宿泊特化型施設の売上は昨年同月比で10%以下にとどまったところが多かった。ナインアワーズでは、カプセル内UV照...

2020年08月14日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(中)

 この状況を打破すべく、2017年から大阪市水道局は、当初の5年間で耐震性の低い鋳鉄管を集中的に更新した後、次の5年間でペースを倍化し、古いダクタイル鋳鉄管を更新する...

2020年08月14日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(3)

 基本計画のもう1つの目玉が、都市再生事業(雲井通5丁目再開発)として進めるバスターミナルビルの建設だ...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

2020年08月12日 16:41

シノケンとTATERUが中間決算 不動産販売はいずれも減少

 12日、シノケングループ(東証ジャスダック)およびTATERU(東証一部)は、2020年12月期の中間決算を発表した...

2020年08月12日 16:36

ホークス柳田が月間MVP~6度目の受賞

 6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」が12日に発表され、パ・リーグ野手部門で福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が2018年5月度以来、6度目のMVPを受賞した...

2020年08月12日 15:48

「新型コロナ」後の世界~健康・経済危機から国際政治の危機へ!(1)

 東京大学大学院教授の小原雅博氏は近著『コロナの衝撃―感染爆発で世界はどうなる?』で「危機はこれまでは、国家や民族意識を高めてきたが、今の私たちは監視社会でない自由で...

pagetop