西鉄天神大牟田線・連続立体交差事業 鉄道高架化でまちはどう変わるか?(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月06日 13:44

西鉄天神大牟田線・連続立体交差事業 鉄道高架化でまちはどう変わるか?(前)

 西鉄天神大牟田線の鉄道高架化工事が進められている。この事業は、福岡県が事業主体となる延長約3.3km区間(春日原~下大利)と、福岡市が事業主体となる延長約1.9km区間(雑餉隈駅付近)があり、主要工事はどちらも西日本鉄道(株)が実施。総延長5.2km、事業期間約20年間、福岡県事業約390億円、福岡市事業約340億円となっている。そのほか関連事業を含めると、総事業費800億円に上るビッグプロジェクトだ。高架化が実現すれば、現状19カ所ある踏切が撤去され、慢性的な交通渋滞の解消が期待される。また、新駅設置や駅前開発などを契機にした新たなまちづくりへの期待もかかる。2020年度の高架化切り替えに向け、工事はピークを迎えようとしている。鉄道高架化によって、沿線のまちづくりはどう変わるのか。現場を取材した。

福岡市が事業主体となる雑餉隈駅付近高架化事業

▲雑餉隈駅仮駅舎

 福岡市が事業主体となる区間は、同市博多区南八幡町から西春町を結ぶ約1.86kmの区間で、雑餉隈駅がほぼ中間地点に当たる。雑餉隈駅付近には現在、7カ所の踏切があるが、ほぼ毎朝夕、踏切による交通渋滞が発生。福岡市の調査によれば、井尻7号踏切では220m(南福岡方面)、雑餉隈5号踏切では370m(御笠川方面)におよぶ車列が続いているほか、ほかの踏切でも100mを超える渋滞が多発している。渋滞以外にも、踏切による死亡事故も発生しており、踏切の存在は、まちの発展・活性化の阻害要因となっている。

 用地取得などの後、2015年度に高架化工事に着手。20年度の高架化完了を目指し、工事の進捗率は約69%(市負担額ベース)と順調にきている。この区間では、現線路をいったん仮線に切り替えた後、高架化する仮線方式(延長620m)と、現線路のうえに高架橋を建設する直上方式(延長1.24km)の2つの方式での建設が計画されている。

清水建設JV、鹿島建設JVが1、2工区を担当

 事業区間は、1工区事業起点~雑餉隈1号踏切(延長約1,030m)、2工区雑餉隈1号踏切~事業終点(延長約820m)の2つの工区に分割されており、2工区の西鉄バス雑餉隈営業所付近には新駅建設が予定されている。施工は、1工区を清水・安藤ハザマ・松本JVが、2工区を鹿島・大林・西鉄グリーン土木JVが担当している。1工区では、仮線路での電車運行が17年3月に開始。18年1月からは仮駅舎の利用が開始されている。2工区では、線路直上部分の高架化工事が始まっており、高架橋のコンクリート柱やスラブの建設が進められているほか、新駅の基礎杭工事がほぼ完了している。

「鉄道の安全運行」を第一に

 2工区現場を担当する、後藤賢史・鹿島・大林・西鉄グリーン土木共同企業体所長は、「営業している電車の直上、近接での仕事になる。鉄道の安全運行が第一だ」と話す。
 鹿島建設には、東京の本社に工種ごとの専門チームがあり、今回の高架化のような複雑な工程を含む工事の場合、専門スタッフからアドバイスなどを受けながら、工事を進めている。

直上施工の救世主?ハーフプレキャスト工法

▲ハーフプレキャスト部材設置作業の様子
 (写真は西鉄提供)

 安全運行の確保のため、2工区では、28躯体中、17躯体(延長317m)について、「ハーフプレキャスト工法」を採用。ハーフプレキャスト工法とは、工場などであらかじめ製造されたコンクリート部材を使用し、現場で組み立て、設置を行う工法。営業線直上の施工など「時間的な制約がある場所での施工」に効果を発揮する。同JVは、5月に初弾工事に着手し、同月、設置を完了している。

 ハーフプレキャスト工法は、直上での施工に「打ってつけ」だといえる工法だが、直上方式のすべての区間に適用できるわけではない。現場の施工条件、たとえば、踏切を挟んだ区間など、構造物の荷重条件が異なる箇所には不向き。従来工法の現場でのコンクリート打ちで行っている。

 この点、「ヤードが狭い現場では有効な工法だが、全部が全部使える工法ではない。道路が鉄道と交差する部分では、スパンが長くなるため、構造物の荷重条件が変わる。こういうところにはハーフプレキャストは使えない」(藤丸正博・西鉄鉄道事業本部施設部雑餉隈連立工事事務所土木係長)と指摘する。

 施工管理上のリスクを考えれば、営業線直上での施工は、できれば避けたい工法ではあるらしい。作業ヤードさえ確保できれば、仮線方式による線路横での施工のほうが、より安全に施工できるからだ。ただ、仮線方式になると、施工ヤード用地の確保のための費用が必要になる。高架化の方式の採用は、施工上のリスクと用地確保のコストとのトレードオフにあるようだ。

 福岡市道路下水道局の若松秀樹・雑餉隈連続立体交差課長は、「事業者の立場としては、円滑な事業推進と事業費の抑制は重要な課題。仮線方式を採用した場合、市街地における全区間の用地確保は長い時間を要するし、事業費的に非常に高くついてしまうことがある。今後の高架化事業は、直上方式の採用が増えていくのではないか」と話している。

(つづく)
【大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月03日 17:23

韓国ウォンの暴落と通貨危機は再び起こるのか(前)NEW!

 韓国経済がおかれている環境は、厳しさを増している。まず、昨年から起こっている米中貿易摩擦により、韓国経済は大きなダメージを受けてきた...

2020年08月03日 17:23

日経平均2万2,000円台回復~九州地銀の株価も上昇NEW!

  【表1】を見ていただきたい。日経平均株価の推移表である。 ~この表から見えるもの~ ◆【表3】の通り、7月31日(金)のニューヨーク株式市場におけるダ...

2020年08月03日 17:01

「新型コロナ」後の世界~大学の本来あるべき姿を考察する!(1)NEW!

 新型コロナウイルスは「世界の軌道」を止めた。私たちは今避難を余儀なくされ、物質的な考えを止めさせられ、自分が生きることだけを考えている...

2020年08月03日 16:44

【縄文道通信第41号】縄文道―天職ガイド 縄文陶工と現代の陶工との関係性 縄文道―武士道―未来道(前)NEW!

 将棋界で18歳の天才棋士、藤井聡、7段が話題を呼んでいる。棋聖戦を史上最年少で制した。瀬戸出身と聞く。筆者の遠い祖先―瀬戸の陶祖・加藤藤四郎景正が開祖した縁のある地...

2020年08月03日 16:32

ポストコロナ時代の新世界秩序と東アジアの安全保障(1)NEW!

 「新型コロナウイルス危機」が起こってから、感染拡大防止のために都市封鎖や外出自粛が行われる一方で、経済活動が長期停滞するのを恐れて都市封鎖の解除や外出自粛の緩和が行...

2020年08月03日 16:20

いつまでも住み慣れた地域で 歳を重ねても日常生活を維持できる福岡市に(後)NEW!

 「昨年6月、早良区で高齢者が運転する自動車が交差点に突っ込む事故が発生、それを機に福岡市でも高齢者の運転免許返納が議論されるようになったものの、それでは生活の足をど...

2020年08月03日 15:39

「新型コロナ」後の世界~地方自治、観光、文化活動の行方!(5)NEW!

 「全日本ダンス協会連合会はダンス教師、ダンス教授所の品位の保持と資質の向上、ダンスの普及と技能・知識の向上、青少年の健全なる育成を目的とし活動する公益法人です...

2020年08月03日 15:03

ドラッグストア、寡占化強まる~19年度売上高ランキング 上位6社シェア、6割に迫る

 ドラッグストアランキング上位7社の2019年度の売上高合計は4兆5,480億円で、日本チェーンドラッグストア協会の調べによる市場規模7兆6,859億円の59.2%を...

2020年08月03日 14:37

(株)イワヰ(愛知)/金属プレス加工

 同社は7月31日、名古屋地裁に民事再生法の適用を申請し、同日、同地裁から保全処分および監督命令を受けた...

2020年08月03日 13:22

九産大、学生8名が新たに新型コロナに感染、すべてのサークル活動を停止

 2日、九州産業大学は、7月29日時点で新型コロナウイルスへの感染が判明していた学生2名と接触の疑いがある同サークル所属の学生および関係者70名に対するPCR検査の結...

pagetop