• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月21日 07:03

「新しき村」にまぼろしの家族を見ることができるのか(後)

大さんのシニアリポート 第70回

 米や鶏卵、野菜類などの相場に影響されるものの、経営は比較的安定(取材当時)していた。「個人費」と呼ばれる給料は月3万円、「特別個人費」(ボーナス)年2万円。合わせても年収40万ほど。生活できる金額ではない。ただここでは衣食住の費用は無料。子どもに対しても大学卒業まで500万円の教育基金が用意されている。村内で生活する分には生活費がかからない。貯蓄に励む村民もいた。しかし、若い村民はマイカーのガソリン代に消えてしまう。昭和21年に夫婦と子ども2人で入村した長老格の渡辺寛二さん(当時84歳)は、「入村当時は一汁一菜もなし。野草と麦飯が主食でした。正直、先生(実篤)の原稿料に頼る生活が続きました。農作業の合間を縫って、文学や芸術にいそしみました」と語った。村の決定事項はすべて会議で決められる。発言権は平等に保障される。多数決は採用しない。「少数派の集まりだから」という実篤の思想を受け継ぐ。だから問題によっては会議が長時間にわたり、もめることも少なくない。 

 入村の条件は1年間の仮入村の後問題がなければ(村民会議の了解後)本入村となる。村人の大半は、実篤の著書に触発されて入村を決めたといった。「新しき村」を支援する外部団体(村外会員)も存在する。村外会員は全国に700人(取材当時)。会費500円。『新しき村』という月刊誌が無料配布される。毎週木曜日、東京神田神保町の「新村堂」(皆美社2F)で「木曜会」という名前の集会を開く。村への提言や、『新しき村』の執筆・編集にも携わる。支援のためのコンサートや村の様子を紹介する展覧会などが企画される。 

 「平等の精神は、一方で指導者の欠如、責任の放棄、自力更生の力をも削いでしまう危険性をはらんでいる」と私は書いた。実際、前出の渡辺寛二さんは、「入村者には、先生(実篤)の都合の良い部分だけ勝手に汲み取る人もいましてね。6時間働けばいいと思っている人がいます。誰も労働時間を6時間と決めたわけじゃない。部署や時期によっては6時間ですまない人も出てきます。せめて6時間は働こうという精神なんですが…」と嘆いた。取材中、労働時間や仕事内容に不満を漏らしたり、「あの人は仕事をしない。怠け者」と名指しで非難する村民もいた。「共同生活はトラブル続き。先生は『仲良きことは美しき哉』と好んで書いたが、それだけ仲裁で苦労したと思う」と同紙上で、村の現理事長寺島洋さんが述べている。 

 姜はある開墾地の史実を紹介した。「入植当初、生産量によらず利益は均等配分と決めながら、やがて大げんかになった。『各人の働きは違うのに、同じ収入では不公平だ』という不満だった。単一の目標で共同体をつくると必ずおかしなことになる」(同)と。「別の生き方の目標があれば違ってくる。新しき村では芸術だ。展示室には住人らの絵画、陶器、詩歌、彫刻、舞台の写真が時を超えて輝きを放っている」(同)と記者は書く。「細々とはいえ、村はなぜ続いたのか。帰り道、姜さんはこう言った。『イズム、ドグマから無縁の世界をつくったからでしょう』」(同)。残念ながら村民数は確実に減り続けている。 

 「新しき村」に桜井がいう「NPO、ボランティアグループ、互助組織といった集団的な『生存戦略』」があるとは感じられない。日本会議の掲げる「『伝統的』な家族観の固守」はもはや絵に描いた餅だ。せめて気の合う仲間同士がシェアする住宅での協同生活、もしくは高齢者(独居含む)同士が近距離で支え合える仕組み(小さなコミュニティでもいい)。行政が提供するセーフティネットを巧みに利用しながら、行政の“縛り”には与(組)せず、仲間同士の自然な成り行きに任せたいのだが…。こうして「崩壊した家族の再生」は、依然として困難を極めている。 

(了)

<プロフィール>
大山眞人(おおやま まひと)
1944年山形市生まれ。早大卒。出版社勤務ののち、ノンフィクション作家。主な著作に、『S病院老人病棟の仲間たち』『取締役宝くじ部長』(文藝春秋)『老いてこそ二人で生きたい』『夢のある「終の棲家」を作りたい』(大和書房)『退学者ゼロ高校 須郷昌徳の「これが教育たい!」』(河出書房新社)『克って勝つー田村亮子を育てた男』(自由現代社)『取締役総務部長 奈良坂龍平』(讀賣新聞社)『悪徳商法』(文春新書)『団地が死んでいく』(平凡社新書)『騙されたがる人たち』(近著・講談社)など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月15日 16:00

【特別レポート】九電工関係者による傷害致死事件の真相を探る(4/完結編)~開成→東大卒弁護士による不自然な勾留理由開示請求

  昨年9月、長崎県五島列島の北端に浮かぶ小さな島で起きた傷害致死事件。加害者とされる男性が自首したにもかかわらずなぜかすぐに釈放され、いくつも不明な点が残され...

2019年02月17日 07:03

空間に新たな価値を付加する家具づくり 時代変化に適応し、新体制の構築へ(前)

  (株)アダル 代表取締役社長 武野 龍 氏 主に業務用家具・店舗用家具の製造・販売を行い、創業から65年以上の業歴を重ねてきた地場を代表する老舗の...

2019年02月17日 07:01

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(4)

  強まる韓国の悲観論  米中貿易戦争は韓国経済にどのような影響をおよぼすだろうか。現在、韓国経済は悪材料がいくつも重なっており、先の見通しができないほど不...

2019年02月16日 07:05

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(後)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏 各事業の取り組み  ―19年の事業展望について。アグリ事業では多数雇用...

2019年02月16日 07:02

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(3)

  中国が取り得る3つの戦略  それでは、今回の米中貿易戦争の真の狙いはどこにあるだろうか。中国はこのペースで行くと、2020年の中盤ごろアメリカを抜いて...

2019年02月15日 18:11

元オネエ系タレントの振付師K・Bの弟も~中洲のクラブ経営者、脱税容疑で逮捕

   福岡地検特別刑事部は2月14日、所得税法違反(脱税)の疑いで、飲食店経営者椛島(かばしま)譲治(48)、竹田一郎(48)、井上貴博(41)、植村勲(39)、中...

2019年02月15日 17:56

わらび座「北前ザンブリコ」みどころ(1)

  ■劇団わらび座ミュージカル「北前ザンブリコ」 <開催日時> 2019年3月5日(火) 18:30~(開場18:00) &...

2019年02月15日 17:51

シノケン18年12月期は増収減益 市況悪化で今期は抑制予想

   15日、シノケングループが2018年12月期(連結)の決算発表を行った。同期の売上高は1,113億円(前期比5.1%増)、営業利益は118億円(8.3%減)、経...

2019年02月15日 16:06

石油から水へ:新たな富を生む『水力(ウォーター・パワー)』(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年02月15日 15:43

「はかた一番どり」のあらい、古賀市ふるさと返礼品で賞味期限切れ品を誤発送~昨年11月には宗像市の返礼品でも誤発送

   古賀市役所は14日、同市のふるさと納税返礼品を取り扱う株式会社あらいが、賞味期限切れの鶏がらスープを含む返礼品「水炊きセット和(なごみ)」5セットを発送してい...

pagetop