• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月21日 07:03

「新しき村」にまぼろしの家族を見ることができるのか(後)

大さんのシニアリポート 第70回

 米や鶏卵、野菜類などの相場に影響されるものの、経営は比較的安定(取材当時)していた。「個人費」と呼ばれる給料は月3万円、「特別個人費」(ボーナス)年2万円。合わせても年収40万ほど。生活できる金額ではない。ただここでは衣食住の費用は無料。子どもに対しても大学卒業まで500万円の教育基金が用意されている。村内で生活する分には生活費がかからない。貯蓄に励む村民もいた。しかし、若い村民はマイカーのガソリン代に消えてしまう。昭和21年に夫婦と子ども2人で入村した長老格の渡辺寛二さん(当時84歳)は、「入村当時は一汁一菜もなし。野草と麦飯が主食でした。正直、先生(実篤)の原稿料に頼る生活が続きました。農作業の合間を縫って、文学や芸術にいそしみました」と語った。村の決定事項はすべて会議で決められる。発言権は平等に保障される。多数決は採用しない。「少数派の集まりだから」という実篤の思想を受け継ぐ。だから問題によっては会議が長時間にわたり、もめることも少なくない。 

 入村の条件は1年間の仮入村の後問題がなければ(村民会議の了解後)本入村となる。村人の大半は、実篤の著書に触発されて入村を決めたといった。「新しき村」を支援する外部団体(村外会員)も存在する。村外会員は全国に700人(取材当時)。会費500円。『新しき村』という月刊誌が無料配布される。毎週木曜日、東京神田神保町の「新村堂」(皆美社2F)で「木曜会」という名前の集会を開く。村への提言や、『新しき村』の執筆・編集にも携わる。支援のためのコンサートや村の様子を紹介する展覧会などが企画される。 

 「平等の精神は、一方で指導者の欠如、責任の放棄、自力更生の力をも削いでしまう危険性をはらんでいる」と私は書いた。実際、前出の渡辺寛二さんは、「入村者には、先生(実篤)の都合の良い部分だけ勝手に汲み取る人もいましてね。6時間働けばいいと思っている人がいます。誰も労働時間を6時間と決めたわけじゃない。部署や時期によっては6時間ですまない人も出てきます。せめて6時間は働こうという精神なんですが…」と嘆いた。取材中、労働時間や仕事内容に不満を漏らしたり、「あの人は仕事をしない。怠け者」と名指しで非難する村民もいた。「共同生活はトラブル続き。先生は『仲良きことは美しき哉』と好んで書いたが、それだけ仲裁で苦労したと思う」と同紙上で、村の現理事長寺島洋さんが述べている。 

 姜はある開墾地の史実を紹介した。「入植当初、生産量によらず利益は均等配分と決めながら、やがて大げんかになった。『各人の働きは違うのに、同じ収入では不公平だ』という不満だった。単一の目標で共同体をつくると必ずおかしなことになる」(同)と。「別の生き方の目標があれば違ってくる。新しき村では芸術だ。展示室には住人らの絵画、陶器、詩歌、彫刻、舞台の写真が時を超えて輝きを放っている」(同)と記者は書く。「細々とはいえ、村はなぜ続いたのか。帰り道、姜さんはこう言った。『イズム、ドグマから無縁の世界をつくったからでしょう』」(同)。残念ながら村民数は確実に減り続けている。 

 「新しき村」に桜井がいう「NPO、ボランティアグループ、互助組織といった集団的な『生存戦略』」があるとは感じられない。日本会議の掲げる「『伝統的』な家族観の固守」はもはや絵に描いた餅だ。せめて気の合う仲間同士がシェアする住宅での協同生活、もしくは高齢者(独居含む)同士が近距離で支え合える仕組み(小さなコミュニティでもいい)。行政が提供するセーフティネットを巧みに利用しながら、行政の“縛り”には与(組)せず、仲間同士の自然な成り行きに任せたいのだが…。こうして「崩壊した家族の再生」は、依然として困難を極めている。 

(了)

<プロフィール>
大山眞人(おおやま まひと)
1944年山形市生まれ。早大卒。出版社勤務ののち、ノンフィクション作家。主な著作に、『S病院老人病棟の仲間たち』『取締役宝くじ部長』(文藝春秋)『老いてこそ二人で生きたい』『夢のある「終の棲家」を作りたい』(大和書房)『退学者ゼロ高校 須郷昌徳の「これが教育たい!」』(河出書房新社)『克って勝つー田村亮子を育てた男』(自由現代社)『取締役総務部長 奈良坂龍平』(讀賣新聞社)『悪徳商法』(文春新書)『団地が死んでいく』(平凡社新書)『騙されたがる人たち』(近著・講談社)など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年06月25日 17:19

TATERUが子会社株を譲渡 インベストオンライン株の譲渡は白紙に

   (株)TATERU(東証一部)は、連結子会社・(株)TRASTAの株式を売却することを発表した。売却額は4億円で、株式譲渡は28日を予定している。TATERUは...

2019年06月25日 16:51

不祥事相次ぐ大和ハウス 専務ほか役員を処分

 大和ハウス工業(東証一部)は、3月と4月に判明した問題を受け、代表取締役専務ら7名の人事を発表した。6月25日付けで代表取締役専務の土田和人氏と藤谷修氏が代表権のな...

2019年06月25日 16:40

柳橋連合市場の新築ホテル計画、概要判明

 福岡市中央区春吉1丁目、柳橋連合市場内駐車場にホテルの建設が予定されているが、6月19日に条例に基づく予定建築物の標識が設置された。

2019年06月25日 16:15

シリーズ・消えた「流通企業」 日本から消えた海外勢~テスコ、カルフール、ブーツetc

 「ジャパン アズ ナンバーワン」と持て囃された1980年代。海外企業にとって日本は天国のような豊かな国に見えたのかもしれない。ブッシュ大統領が、非関税障壁の代表とし...

2019年06月25日 16:02

平成挽歌―いち雑誌編集者の懺悔録(8)

 フライデー編集長は森岩弘。雑誌全体の流れを掴むのには進行係がいいだろうといわれた。まあそうだろうなと了解した。進行表をつくり、毎朝、各担当者が間違いなく入稿したかを...

2019年06月25日 15:28

アルバクリエイト、筑紫野で5棟目のマンションを計画

 九州一円で住宅開発、販売を手がける(株)アルバクリエイトが、福岡県筑紫野市で5棟目となるマンションの新築を予定していることがわかった。

2019年06月25日 15:21

室町ケミカル、自社健康食品販売終了へ

 医薬品・健康食品製造販売業の室町ケミカル(株)(本社:福岡県大牟田市)は、19年9月末日までに自社健康食品の販売を終了する。

2019年06月25日 15:18

IR誘致で参考人招致~北九州市議会総務財政委員会

 北九州市議会総務財政委員会は24日、IR(統合型リゾート)の誘致検討の調査のため、IRに詳しいコンサルタント会社であるアバナード(株)(東京都港区)の担当者を参考人...

2019年06月25日 14:36

アスタラビスタ、祐徳自動車のSM事業買収~4店継承

 アスタラビスタは祐徳自動車から食品スーパー事業を買収することで21日までに同社と合意した。祐徳がSM5店を分離し新会社を設立。アスタラビスタが同社を完全子会社化する。

2019年06月25日 14:13

【JR九州列車運行状況】車内で白い粉を発見~山陽本線でダイヤの乱れが発生

  JR山陽本線の下関駅で、午後1時29分発小倉行きの車内で白い粉が発見されたため、警察による現場検証が行われている。

pagetop