2021年12月09日( 木 )
by データ・マックス

警備員が客の釣銭窃取 ボートレース場内警備業者を指名停止

 福岡市は9月19日、ボートレース福岡(福岡市)場内の警備委託業者に対し、9月14日から3カ月間の競争入札停止処分とすることを発表した。「ボートレース福岡市場内開催警備業務委託(単価契約)」は契約を継続している。

 措置対象業者は愛知県名古屋市の(株)コアズ。9月6日、ボートレース福岡場内の警備業務に従事していた同社の警備員が客の釣り銭、9,000円を窃取していたことが発覚したため今回の処分に至った。

 市によると、客が釣り銭を取り忘れたことに気づき、販売機に確認に向かったところ釣り銭がなくなっていた。そのためボートレース場と警備会社が監視カメラを確認したところ、警備員が釣り銭を取ったところが映っており、その場で任意同行された。同警備員は窃取を認めたという。

【東城 洋平】

関連キーワード

関連記事