• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月28日 11:20

繁盛店にはわけがある!!~快進撃続ける「博多とよ唐亭」

(株)喰道楽

▲9月1日にオープンした佐賀県1号店となる「鳥栖店」

 老若男女を問わず万人に愛され、高い人気を誇るメニューの代表格である「唐揚げ」。近年では唐揚げを提供する専門店の姿もあちらこちらで目にするようになったほか、グルメ番組などのメディアで取り上げられる機会も増加し、空前のブームといっても過言ではないほどの様相を呈している。

 そうしたなか福岡都市圏では、旺盛な出店攻勢で、店舗網を急激に拡大している唐揚げ専門店がある。ポーズを決めた紺の調理衣を着た男性の姿と、「げんこつからあげ弁当」の文字が躍る赤い看板が印象的な、唐揚げのテイクアウト専門店「博多とよ唐亭」だ。

 同店の唐揚げの魅力は、何といっても揚げ立てアツアツかつジューシーさを味わえること。名前の通り“げんこつ”状に整えられた唐揚げにかぶりつくと、サクサクの衣に包まれたモモ肉から、ジュワッと肉汁がしたたり落ちる。また、毎日でも飽きずに食べられるほど“ヤミつき”となる味付けは、綿密に味の設計を行った自社オリジナルのレシピによるもの。さらにテイクアウトという特性を考え、たとえ冷めても美味しく食べてもらえるような味付けや揚げ方にも工夫が凝らされている。

▲10月1日から提供を開始する
 「アジア屋台風スパイス唐揚げ」

 同店では現在、主力の「げんこつからあげ弁当」と「チキンてりマヨ弁当」の2種類の弁当を販売。また、気軽におかずの一品として加えてもらえるよう、主婦層や働く女性層などをメインターゲットに、単品での提供も行っている。
 そのほか、最近は新規の商品開発にも注力しており、年に4回ほどの期間限定商品の提供を企画。10月1日からはエスニックな辛さがクセになる「アジア屋台風スパイス唐揚げ」を提供する。

 「レギュラーメニューの2種類だけでなく、新商品の開発には積極的に取り組んでいきたいと思っています。ただし、あくまでも“鶏”を使用したメニューにこだわり、たとえば鶏天やチキン南蛮みたいなものはアリですが、トンカツなどの鶏から逸脱したものはNG。お客さまの反響が大きければ、こうした期間限定商品のレギュラーメニューへの昇格もあるかもしれません」と話すのは、調理衣姿でポーズを決めている看板の“あの男性”――「博多とよ唐亭」を展開する(株)喰道楽の代表取締役である豊永憲司氏その人だ。

 先述したように、これまで旺盛な出店攻勢をかけてきた同社は、今年9月末時点で、福岡県内に24店舗、熊本県内に2店舗、佐賀県内に1店舗の計27店舗を展開。また、10月1日には福岡市中央区平尾に「平尾店」をオープンするほか、年内にはさらに2店舗をオープンし、計30店舗となる予定だ。さらに、来年9月以降は、いよいよ海外への進出も視野に入れており、海外第1号店はベトナム・ハノイを予定している。今後は2022年までに、国内では福岡エリア50店舗、北九州エリア15店舗、久留米・筑後エリア5店舗、熊本エリア10店舗を展開するほか、海外20店舗を含めた100店舗達成を目標としている。

▲(株)喰道楽 代表取締役 豊永 憲司 氏

 「私自身、商売っ気が強いほうなので、たまに唐揚げ以外のものに手を出したくなる気持ちもありますが、100店舗達成までは浮気することなく、唐揚げ一筋でいきたいと思います。そして記念すべき100号店目は、アメリカ・ニューヨークに出したいですね」と豊永氏は意気込む。

 ただ、これだけ矢継ぎ早の出店を重ねていては、なかには不採算による閉店もありそうなものだが、今のところ閉店はゼロ。「3カ月連続で赤字の店舗は撤退」という厳しい自社ルールを設けているものの、これに該当した店舗はないという。豊永氏率いる同社の店舗出店の“選球眼”がキラリと光る。

 「おかげさまで多くのお客さまに当店の唐揚げのファンになっていただき、多くの店舗を出すことができています。7月からはテレビCMの放映を行ったほか、今夏には店舗で『夏の感謝祭』と銘打ったキャンペーンも実施させていただきましたが、どちらも思っていた以上の反響をいただき、驚いているところです。これからも皆さまに愛していただける唐揚げの提供をブレずに続けていくとともに、100店舗を目指して社内一丸となって頑張っていきます」(豊永氏)。

 「食卓に小さなHAPPYを!」を経営理念に掲げ、万人に愛されるメニュー・唐揚げの提供で快進撃を続ける同社。福岡のみならず九州、そしてゆくゆくは海外にまで店舗網を拡げ、そのアツアツ・ジューシーな魅惑の唐揚げで、さらに多くのファンを獲得していくことだろう。

<COMPANY INFORMATION>
(株)喰道楽

代 表:豊永 憲司
所在地:福岡県糟屋郡粕屋町若宮2-22-14
設 立:2009年9月
資本金:1,000万円
TEL:092-939-6677
URL:http://toyokara.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月12日 17:00

【スクープ】西日本新聞のスポーツ本部長がセクハラで処分 TNC「CUBE」にも出演

 西日本新聞社の「下半身」不祥事が止まらない。既報の通り、7月に社内不倫に絡む事案で記者2人が懲戒解雇されたのに続き、8月に入ってすぐに、報道番組でコメンテーターも務...

2020年08月14日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(前)

 「今年の春、カプセルホテルやビジネスホテル、民泊などの宿泊特化型施設の売上は昨年同月比で10%以下にとどまったところが多かった。ナインアワーズでは、カプセル内UV照...

2020年08月14日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(中)

 この状況を打破すべく、2017年から大阪市水道局は、当初の5年間で耐震性の低い鋳鉄管を集中的に更新した後、次の5年間でペースを倍化し、古いダクタイル鋳鉄管を更新する...

2020年08月14日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(3)

 基本計画のもう1つの目玉が、都市再生事業(雲井通5丁目再開発)として進めるバスターミナルビルの建設だ...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

2020年08月12日 16:41

シノケンとTATERUが中間決算 不動産販売はいずれも減少

 12日、シノケングループ(東証ジャスダック)およびTATERU(東証一部)は、2020年12月期の中間決算を発表した...

2020年08月12日 16:36

ホークス柳田が月間MVP~6度目の受賞

 6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」が12日に発表され、パ・リーグ野手部門で福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が2018年5月度以来、6度目のMVPを受賞した...

2020年08月12日 15:48

「新型コロナ」後の世界~健康・経済危機から国際政治の危機へ!(1)

 東京大学大学院教授の小原雅博氏は近著『コロナの衝撃―感染爆発で世界はどうなる?』で「危機はこれまでは、国家や民族意識を高めてきたが、今の私たちは監視社会でない自由で...

pagetop