• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月03日 10:26

「見える化」を実現 サービスの質向上と効率的な業務の進行を図る(前) 時代を紡ぐ企業110社 

(株)ビースパ

信頼できるペットサロンを目指し

 マンション管理を手がける(株)コミュニティサービスが多角化の一環で始めたペット事業。もともと、ペットサロン「ビースパ」のフランチャイジーだったが、2012年にフランチャイザー(本部)となり、グループ会社の(株)ビースパサプライが運営に乗り出した。

 16年2月には社名を(株)ビースパに変更し、グループが所有するビルに本社事務所を移転して本格的な体制を整えつつある。福岡市内の6店舗を中心に北九州市に2店舗、春日市と筑紫野市に1店舗ずつ、直営計10店舗と北九州市にFCを2店舗構え、ペットのトリミングとホテルをメインに物販なども手がけている。現在はトリミングが売上の7割、ホテルが2割、その他1割の割合で順調に推移している。

 「ショップ全体を管理運営して5年が経過し、ビジネスの全体像をつかむことができました。本社移転をきっかけにグループがもつ力を生かすことで、ほかにはない展開ができると思います」と、樫山司社長は意欲的だ。

 ペットに関する法律の整備も進み、飼い主はもちろんのこと、社会の意識も大きく変化してきている。ペットをパートナーと考え、より良いサービスやフード、環境づくりには投資を惜しまない飼い主が増加している。また旅行などで飼い主が留守にする場合も、犬や猫を信頼できるペットサロンへ預ける傾向が顕著になってきている。ペットホテルの需要も底堅く、加えてトリミングやグッズを組み合わせると相乗効果が発揮できる。

 一方で、高度情報化により子どもたちのライフスタイルが変わってきている。だからこそ、動物に触れる機会の提供は重要な意味をもつ。1つひとつのサービスは決して高い利益を生み出さないが、派生サービスを考案したり、収集した顧客情報を管理し、ペットを総合的にサポートすることで商機を掴もうというのが同社の考えだ。

ペットサロン向け管理システムを導入

 では、同社が考えるビジネスとは具体的にどんなものか。それはペットライフをより良いものにするため、顧客に寄り添い、パートナーとして深くサポートしていくことだ。

 たとえば、飼い主が高齢者の場合は、ペットに関する心配事をできるだけ取り除くことだ。そのなかには飼い主の死後、どう面倒をみるか、逆にペットロスに対する心理ケアをどうするかなどの情報提供やサービスも含まれる。獣医師を雇用しての診療や体調管理、病院経営も考えられる。またペット同伴可のホテルを運営したり、宿泊施設と提携してペットのみを預かるサービスもある。

 ペット事業そのものは非常に地道な仕事であり、ノウハウを積み上げていかなければ、顧客の信頼を勝ち得ることはできない。しかし、グループの総合力を活用すれば事業のポテンシャルは多方面に広がる。

 「動物病院は直接的な病気の治療から、月に何度か来院してもらって、病気を未然に予防するというスタイルに変わってきています。本業であるマンション管理も管理精度を高めて、迅速な対処・対応を行っていますので、共通する部分はあると思います。現在もトリミングをするときに飼い主でさえ気がつかないペットの不調をお伝えすることができるなどのノウハウはもっています。『ペットのことならビースパに聞けば安心できる』と思ってもらえるような事業にしていこうと考えています」(樫山社長)。

 トリミングの途中に気づいたことを情報端末に入力することで、担当スタッフが不在でも、飼い主にペットの状態を報告することもできる。さらに入力した記録を基に、その後のトリミングや飼い主へのアドバイスをスムーズに行うことが可能になる。同社ではこうしたサービスの提供により、顧客満足度を高め、「次回もビースパに任せたい」という厚い信頼を得ている。

 母体のコミュニティサービスがもつマンション管理システムのノウハウを参考にしたペット向けの管理システムを開発し、POSシステムを紐付けしたシステムを16年10月より運用している。ペットサロンにはさまざまな種類の犬や猫に対応するため、今までは表計算ソフトなどで管理していた。しかしこのシステムによって、ペットフードの購入履歴はもちろんのこと、ペット1頭ごとのトリミング時間や施術の記録も一目でわかるようになった。これにより、瞬時にどういった対応をすればベストなのかを判断しやすくなり、効率的にサロンの現場を運営できるように改善された。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:樫山 司
所在地:福岡市南区塩原4-1-31 オークヒルズ大橋ビル
設 立:1990年5月
資本金:1,000万円
TEL:092-557-8600
URL:https://www.b-spa.co.jp

<プロフィール>
樫山 司(かしやま・つかさ)

 1984年、東海大学(旧・九州東海大学)工学部経営管理学科卒業。85年、新生ビルサービス(株)に入社。92年、同取締役に就任。96年、(株)コミュニティサービスへ社名を変更するとともに代表取締役に就任。現在、(株)ビースパの代表取締役も兼任。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

(株)じゅう(福岡)/マンション分譲ほかNEW!

 同社は、2月24日、福岡地裁より破産手続開始決定を受けた。

2021年03月09日 17:33

【3/13】「吉塚市場リトルアジアマーケット」グランドオープンNEW!

 博多区の吉塚商店連合組合は昨年12月1日、「吉塚商店街」を「吉塚市場リトルアジアマーケット」としてリニューアルオープンさせた。同マーケットは老朽化したアーケードの改...

2021年03月09日 17:22

積水ハウス、吉崎執行役員が退任NEW!

 積水ハウス(株)は4日、執行役員の異動を発表した...

2021年03月09日 17:13

コロナで明暗企業~日本たばこ産業(JT)が日本から脱走(1)NEW!

 日本たばこ産業(JT)は本社機能をスイスに移転する。たばこ事業は、国内はJT本社、海外はジュネーブに拠点を置くJTイーターナショナル(JTI)が担ってきたが、来年1...

2021年03月09日 17:00

新型コロナワクチン接種の死亡事例、因果関係を「評価不能」と報告NEW!

 自民党は3日、新型コロナウイルスに関するワクチン対策プロジェクトチーム(PT)の会合を自民党本部で開催した。その報告内容を以下に紹介する...

2021年03月09日 16:35

カーボンプライシングを検討、炭素税やCO2排出量取引の導入を視野に~環境省NEW!

 環境省は2日、「カーボンプライシングに関する小委員会」を開催し、炭素税の導入やクレジット取引などの導入について議論した。年内に方向性を取りまとめる...

無理のない経営戦略、顧客の立場で 物事を考える柔軟性を兼ね備えた企業NEW!

 (株)タイヘイの販売力の源泉は社員だという。たとえば、誰もが認める人柄の良さは、マンション販売において大きな強みだ。いうまでもないがマンションや住宅は、顧客にとって...

中小企業の課題・問題解決で成長 IT化支援で顧客サポート力を強化NEW!

 ビジネスにおける企業の成長は、多くの顧客を獲得し、その顧客からいかに長く支持され続けられるかにあるといえる。その根源となる力の1つが、顧客の抱える課題や問題を解決す...

2021年03月09日 15:24

【凡学一生の自戦体験記3】警察官の身分証明方法も問題NEW!

 南署の警察官が、「正式な手続きをして出直してくる」と捨て台詞を吐いて立ち去ってから1週間が経った。その間、凡学の携帯電話に非通知着信が2度届いた。非通知着信に応じる...

2021年03月09日 14:59

巨大地震とマンションの耐震性NEW!

 間もなく東日本大震災から10年となります。ニュージーランドでは2011年2月22日にクライストチャーチ市付近でM6.3の地震が発生し、日本人留学生を含む185人の死...

pagetop