わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月11日 10:54

減り続けているパチンコ屋 ホールにとっての真の脅威とは?(前)

 遊技人口が1,000万人を割り込むなか、パチンコ店を経営するホール事業者(以下、ホール)間の競争は激化している。スマートフォンの普及とともに、気軽に遊べる課金ゲームアプリが台頭し、ファン離れが加速したとの指摘もある。また、近い将来、日本に登場するカジノの影響を危惧する声もある。はたして、身近な存在であった「パチンコ屋」は消えてなくなってしまうのだろうか。ホールの現状を見てみよう。

カジノとは客層が違う

▲シンプルなゲーム性で高い人気を
 誇るジャグラーシリーズ

 IR実施法案が参議院本会議に可決され、成立したのが2018年7月20日。これに先駆けるかのように、遊技業界では規制強化が実施されたこともあり、遊技愛好者の間では「国はカジノ誘致にともないパチンコを潰す気だ」という不安の声が挙がっている。

 可決されたIR実施法案における、カジノに関する注目ポイントの1つは“入場料6,000円”。遊んでもいないのに6,000円取られる―ここに馬鹿らしさを感じるパチンコファンは少なくないだろう。パチスロファン歴15年のヘビーユーザーは語る。「こっちは1,000円からでも勝負したいのに、入るだけで6,000円って、ジャグラーのBIG1回分(※1)やん!」。

 一方、スマホで遊べる課金ゲームアプリがパチンコ業界と競合しているという指摘もある。現役のホール経営者Aは、「ゲームアプリには“戻り”がない」と一蹴。戻りとはすなわち換金のこと。ゲームアプリでは、金を賭ければゲーム内で希少価値のあるアイテムを得ることはできるが、リアルマネートレード(以下、RMT)※2は利用規約などで禁止されており、基本的に、それを現実世界で流通させることはできない。

 投資した金額と遊んだ時間、そして最終的に自分が手にすることができる金額。このバランス感覚において、カジノとゲームアプリが既存のパチンコ愛好者を魅了し、パチンコ市場から自軍の市場へと引き込む可能性は低いのではないだろうか。ただ、スマホをいじりながら、パチンコ・パチスロを打つ客の姿は頻繁に見かけるようになっている。パチンコ・パチスロのあたり以外で退屈な時間をスマホが埋めているともいえるだろう(ゲーム性が飽きられているという問題は別)。

業界トップも業績低迷

 新たな「規制強化」をホール側はどう受け止めているか。出玉に関する新基準の適用とともに、スロットは「6号機」の時代へ突入し、どんなに連チャンしてもメダルの最大獲得枚数は2,400枚。金額にして5万円未満になる。パチンコは1度の大当たりで得られる最大獲得出玉数が1,500発未満。金額にして、6,000円未満となる(連チャンへの制限はない)。連チャンするまでに相応の投資が必要になることを考えれば、実際の勝ち額は良くて2~3万円といったところだろう。

 圧倒的に不利な状況に嫌気が差し、ホールから遠ざかるファンは増えている―ホールの収益源でもあるファンの減少は、一体どれほどのダメージをホール側に与えているのだろうか。

 全国で300店舗以上ホールを展開し、業界トップの売上規模を誇る(株)マルハン。同社は、2018年3月期決算(連結)で、売上高1兆5,509億3,400万円、経常利益334億4,500万円を計上した。これで前期比▲1,278億8,600万円、▲39億3,100万円の減収減益だというから恐れ入る。

 対して、業界2位といわれる全国で400店舗以上のホール「ダイナム」などを展開する(株)ダイナムジャパンホールディングス(以下、ダイナム)は、18年3月期決算(連結)で売上高7,750億6,000万円、経常利益168億400万円を計上。同社は、前期比で▲47億7,700万円、19億7,900万円増の減収増益とした。

 どちらも苦戦がうかがえるが、売上高経常利益率で見ると、マルハン2.15%に対し、ダイナム11.04%。テレビCMなど宣伝広告費を惜しまない派手な事業展開で業界トップに君臨するマルハンに比べ、ブームで活況に沸く他社をよそ目に、都市部を避けた郊外への出店などで設備投資コストを抑えてきたダイナム。後者は、景気の浮沈に左右されない、頑強な経営体質をつくり上げてきたともいえるだろう。

(つづく)
【代 源太朗】

※クリックで拡大

※1 パチスロ「ジャグラー」ではBIGボーナス1回でなど価交換約6,000円分のメダルが獲得できる。

※2 オンラインゲームやスマホアプリのアカウント、キャラクター、アイテム、ゲーム内仮想通貨などを、現実の通貨(リアルマネー)で売買する行為のこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月12日 15:12

JAF、雪道での制動距離を検証~走れても止まれないノーマルタイヤNEW!

 日本自動車連盟(JAF)福岡支部は、雪道・凍結路での「ノーマルタイヤやスタッドレスタイヤなどの制動距離」を検証する映像の視聴を呼びかけている。

2019年12月12日 15:06

中国経済新聞に学ぶ~習近平主席 日中関係に関する八つの論断NEW!

 中国国家主席習近平氏は11月25日、第一回中日ハイレベル人的・文化交流対話の東京での開催に書簡で祝辞を寄せた。習主席は「現在、中日関係は持続的に改善されつつある。中...

2019年12月12日 14:16

昭和産業、家庭用小麦粉製品の価格を値下げNEW!

 昭和産業(株)(本社:東京都千代田区、新妻一彦社長)は6日、家庭用小麦粉の製品価格を、2020年2月1日出荷分より1~2%値下げする。

2019年12月12日 14:11

北九州市の建設会社を排除通報 役員が暴力団と密接交際NEW!

 福岡県警は12月9日、北九州市戸畑区の建設会社「(有)木島設備」(木島且三代表)の役員などが暴力団と密接に交際していたとして、公共工事から排除するよう県や福岡市、北...

2019年12月12日 11:18

【業界ウォッチ】中川政七商店NEW!

 商業施設でアパレルの比重が低下し、生活雑貨ショップの存在が高まるなかで、勢いのあるのが「中川政七商店」。2010年11月、京都のファッションビル「ラクエ四条烏丸」に...

2019年12月12日 10:24

(株)スリーエイト 新社長就任NEW!

 高濃度酸素カプセルなどを販売している(株)スリーエイト(福岡市南区)の新社長に山口正人氏が就任した。

2019年12月12日 09:21

「この国を変えるのはみんな」と山本太郎氏、政治変革への参加訴え~さいたま

 れいわ新選組の山本太郎代表は11日、さいたま市のJR浦和駅前で街頭記者会見を開き、「政治を疑え」と政治主体への監視を促す一方、「この国を変えるのはみんな。ぜひ力を合...

2019年12月12日 07:00

小都市なりといえどもやるべきことはやる “チーム多久市”でタックル&トライ(前)

 多久市は人口2万人弱の地方自治体です。しかし、“小なりといえどもやるべきことをやる”という発想の下、さまざまな課題に果敢にチャレンジしていくことが大事だと考えていま...

2019年12月12日 07:00

俵山トンネルルート全線開通 大詰め迎える阿蘇のインフラ復旧(後)

 新たな橋にラーメン構造を採用した要因の1つに、同じ構造をもつ「阿蘇長陽大橋」が、熊本地震の揺れにも耐えたことが挙げられます。架橋場所を約600mずらしたとはいえ、活...

2019年12月11日 18:01

私服警官に違法な客引きで御用

 福岡県警は12月10日、風営法違反(客引き行為の禁止)の疑いで、久留米市日吉町にあるキャバクラ店「CLUB G(クラブ・ジー)」の経営者ら2人を逮捕した。

pagetop