• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月12日 15:26

地場企業を育成したバンカー~経営者の指導や町の文化向上にも尽力(1) 平成の30年を振り返る~福岡の賢人経営者5人 

福岡銀行元専務 富重 泰行 氏

 地域の発展には、商工業の育成が欠かせない。それを担うのが、主に地元の銀行であろう。預金という形で企業の財産を守るとともに、必要な資金需要に応えることで事業の維持、発展を支える。一般的には、銀行マンに求められるのはこのようなことだが、なかには企業経営者の育成や企業連携、文化度の向上、地域への貢献などを果たし、福岡の経済発展に大きく貢献した銀行マンがいた。今シリーズでは、3名の元バンカーにスポットをあてる。

博多を愛した人

 福岡銀行からもう1人、元専務の富重泰行氏を挙げたい。杉浦氏と同じように博多の文化を大事にし、町の文化度を押し上げることに力を注いだ1人である。

 30年前、料理人など飲食に関わる人たちが集まり「博多食文化の会」という団体を設立した。会員の意識の高揚とともに社会貢献活動を通して、料理人および飲食業に従事する人の社会的地位の向上を図ることを目指した。設立後は定期的に例会を開き、会員同士が学ぶ機会をつくり、交流も深めた。社会的に弱い立場にある子どもたちにおいしいものを食べてもらいたいという思いからチャリティーイベントなども毎年開催、今年で27回目を数える。富重氏は、この会の会長を引き受けた。

 富重氏に会長を依頼したのが、会の世話人である吉田安政氏である。吉田氏から会の主旨を聞いた富重氏は、「それは良いことだ。しかし、そういうことをやるには覚悟が必要なんだ。2回や3回で止めるんなら、やらないことだ。子どもたちに夢を与えたら、君の目玉が黒いうちはやり続けなきゃいけないんだぞ。その覚悟ができているのならやったらいい」と吉田氏の覚悟を問うた。「富さん、大丈夫だ。自分の目玉の黒いうちはやりますよ」と吉田氏も応じ、会長就任を引き受けてもらったという。

 銀行の専務ともなると、対応しなければならない案件も多い。しかし、富重氏は会の面倒をとことんみた。会では、会員を紹介した冊子を発刊したが、富重氏はいつもそれをポケットに入れて、会う人に「こういう会があるから」と紹介したり、店にお客を連れて来ることも多かった。会員の店を回っては、料理人を激励していたようだ。

 博多の芸妓衆も大切にした。博多の文化を守るという意識は杉浦氏も持ち続けていたので、それを受け継いだのだろう。かつて28年間所属していた福岡中央ロータリークラブで富重氏のことを知るメンバーは、「富重さんは、とにかく明るい人で、博識でもあったから、自然と周りに人が集まった。伝統的な文化についても生き字引のように実によく知っておられ、とくに福岡の文化には関心が高かった。それで、芸妓衆も大事にされた。夜間例会に富重さんが声をかけ、芸妓さんたちがきてくれることもあった。とにかく博多を愛した人だった」などの話を聞くことができた。

 前出の吉田氏は、「西日本新聞の青木秀(しげる)元社長。末永文化振興財団の末永直行理事長、そして富重さんが同時期にいたことが福岡にとっては、大変な幸運だった」と指摘する。青木氏は、絵や美術品、音楽などに造詣が深く、まさに福岡の文化芸術を牽引した人物であろう。末永氏は1987(昭和62)年、末永文化振興財団を設立、末永文化センターは、音楽ホールや美術館を備え、音楽ホールは九州交響楽団に練習場として提供したり、広く一般に音楽や演劇などの会場としても開放している。福岡で交響楽団が活動できる環境を整えた人である。

 文化レベルを押し上げるのは、地域経済にとっても良い効果をもたらす。しかし、そういうことがわかっていても、実際に富重氏のように資金や時間を投じることができる人は少ない。富重氏の文化度を上げるための活動は、今日、福岡の活力源の1つになっている。

(つづく)
【宇野 秀史】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月19日 07:00

自転車は交通インフラであり続けられるか?(前)NEW!

 自転車は、古くて新しい乗り物だ。日本全体の自転車保有台数は7,000万台を超えるといわれ、気軽に乗れる「日常の足」として、老若男女問わず、多くのユーザーがいる。とり...

2019年07月19日 07:00

「北九州の資さん」から「九州の資さん」へ 出店加速(後)NEW!

 「北九州の資さん」として親しまれてきた同社は、今期4店を出店。18年11月には筑豊地区初出店となる「飯塚穂波店」、19年3月には同社として初めての商業施設内出店とな...

2019年07月18日 20:51

福岡県が博多区の一部に高齢者等避難開始 北九州市ほか5市町にはレベル4の警戒情報発令

   福岡県は、降り続く大雨のため、警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっているとして北九州市、飯塚市、中間市、宮若市、水巻町、小竹町に警戒レベル4相当となる土砂災...

2019年07月18日 17:43

まちかど風景・博多区築港本町~旧・博多マリンホテルが今秋リニューアルオープン

 福岡市博多区築港本町4丁目にあった旧・博多マリンホテルが、今秋リニューアルオープンすることがわかった。

2019年07月18日 17:12

18日の日経平均株価大幅安〜終値は前日比▲422.94円の21,046.24円

 本日7月18日の東京株式市場における日経平均株価は、前日比▲422円94銭(▲1.97%)と大幅に下げ、終値は2万1,046円24銭だった。安値は2万993円44銭...

庶民の暮らし完全破壊する安倍消費税増税

 参院選に向けて安倍自公内閣は消費税増税の方針を掲げている。消費税の税率が10月から10%に引き上げられる。一部品目の税率は8%に据え置かれる。税率は10%の新税率と...

2019年07月18日 16:00

【裁判事件簿】産廃処分場の運営をめぐる保証金1億円返還請求

 広島県と福岡県の産業廃棄物処理業者2社が、山口県内で最終処分場を運営する同業者に対し、1億円の保証金返還を求める裁判が福岡地裁で進行中だ。

2019年07月18日 15:53

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(3)~身内の死の接近に己の寿命を予感する(後)

 子どもが一人前の人間としての生命機能を身につけるには、長い時間がかかる。そのため両親は必死で育児を行う。ようやく、ひと安心という段階に至るまでには約10年の歳月(小...

2019年07月18日 15:35

「北九州の資さん」から「九州の資さん」へ 出店加速(前)

 1976年の創業以来、40年以上にわたり北九州エリアを中心に「資(すけ)さんうどん」を展開してきた(株)資さん(本社:北九州市小倉南区、佐藤崇史社長)が新規エリアへ...

2019年07月18日 13:52

【宇美町】人が輝き、地域が輝く 自然と賑わいが融合した町へ

  重要な交通インフラ拠点の1つ、JR香椎線「宇美駅」 面積・人口は糟屋郡で3位、炭鉱町からベッドタウンへ  宇美町は糟...

pagetop