• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月29日 07:02

東京大学吉見俊哉教授に聞く~非日常が『日常化』した現在のアメリカ社会!(4)

東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授 吉見 俊哉 氏

アメリカ社会は2つの他者を征服して自己を構築した。

 ――次に「性」と「銃」の問題に関して教えてください。

東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授
吉見 俊哉 氏

 吉見 私がアメリカに滞在中、「セクハラ」(ワインスタインやビルコスビーの事件など)と「銃乱射」(2018年のフロリダ州の高校・乱射事件など)が多発しました。一般的には、この2つのことは別次元のこととして考えられていますが、根はつながっているのではないかと私は思います。セクハラは性的な関係に失敗、銃乱射は社会的な関係に失敗した結果、他者を否定し、暴行におよぶ、あるいは亡き者にします。ともに犯人はほぼ全員が男性という特徴があります。
 では、なぜこのような現象がアメリカで多発、そして止まないのでしょうか。それはもともとアメリカという社会の成り立ちと関係があると私は考えています。17世紀から18世紀にかけて、アメリカ社会はその成立期に2つの他者を抱え込んでいました。

 1つ目の他者は、アメリカ大陸に住んでいた先住民です。アメリカは女性に喩えられ、その開拓には、女性を征服するというメタファー(隠喩)がしばしば使われます。ですから、この征服にはある種の男性中心主義的なところがあるのです。そして、征服を続けるために、白人入植者たちは全員が銃をもって武装しなければならないとされたのです。米国内の銃器は現在、民間向けだけでも3億1,000万丁とほぼ人口と同数になっています。合衆国憲法修正第2条には、国民の武装についての権利条項があります。

 2つ目の他者は、大英帝国です。18世紀末、東海岸の東部諸州などの小さなアメリカだったころ、当時世界の覇権を握っていた大英帝国から独立しました。小さなアメリカが全員で武器・銃をもって戦い、やっとのことで英国からの独立を勝ち取ったのです。

 ですから、アメリカは資本主義・民主主義の国家ではありますが、その一方で、プロテスタントの宗教国家であり、また軍事・武装国家です。現在のアメリカの国歌とされている「星条旗」(1931年に制定)は、1812年に勃発した米英線戦争でのマックヘンリー砦の攻防を題材に誕生したものです。その歌詞は相当に戦闘的です。この国歌「星条旗」誕生の経緯からしても、アメリカという国家は好戦的な資質を内包しています。

アメリカンドリームは、1970年代頃から崩れ始めている

 ――現在のアメリカには、すでに「アメリカンドリームはなくなった」と多くの識者は言います。先生は肌感覚でどのように感じられましたか。

 吉見 このことを論じる場合は、「アメリカンドリーム」の定義を明確にしておく必要がありますね。私はアップルのスティーブ・ジョブズ、マイクロソフトのビル・ゲイツなど特定の人が大金持ちになること(成功)をアメリカンドリームとは思っていません。なぜならば、その種の成功譚は、古今東西どんな国にも、いつの時代にもあるからです。

 アメリカンドリームとは、労働者階級でも、非白人でも、誰でも努力すれば、ある一定の“American way of Life”(自家用車をもって、郊外の住宅に住み、バカンスを楽しむなど)を実現できるような社会を指すと考えています。そして、1950年代、60年代のアメリカには、人種問題を別にすれば、労働者階級でもそのようなドリームを実現できる条件がたしかにありました。しかし、そういうアメリカンドリームは、1970年代頃から崩れ始め、1990年代以降は誰の目から見ても、ほぼなくなったのです。格差がどんどん進行し、貧しい層はそこから這い上がれなくなり、ますます貧しくなっていきました。この意味でのアメリカンドリームの喪失を、トランプは狡猾に食いものにしてきたのです。

私たちの自我・自己のあり様をもう1度見つめ直す時

 ――時間になりました。最後に、読者にメッセージをいただけますか。

 吉見 本書は、ある意味で、私が約10年前に書いた『親米と反米』(岩波新書 2007年刊)の続編にあたります。前著では、日本が戦後を通じて、少なくとも1960年代から最近まで、いかに一貫して強い親米社会であり続けたか、それはいったいなぜなのかに迫りました。日米同盟は軍事だけでなく文化はもちろん、心理に至るまで、日本の戦後のアイデンティティを支えてきました。

 今、日本社会は不安に震えています。アメリカが「あまりにも無残に崩れてしまった」からです。トランプを見ていれば、「アメリカ社会は信頼するに足らない」ことははっきりわかります。そして、本日お話申し上げてきたことは、アメリカだけの問題(対岸の火事)ではありません。戦後、日本はアメリカという巨大な鏡に自らを映し出して歩んできました。今、その巨大な鏡はいたるところで割れて、ヒビが入っています。すなわち、鏡に映し出されている日本の姿も割れて、ヒビが入っているのです。

 「トランプのアメリカ」を考えるということは、「アベノミクスの日本」を考えることと表裏の関係にあります。つまり、戦後を通じて、過去70年あたりまえのように思ってきた、私たちの自我・自己のあり様をもう1度、見つめ直さなければいけない時期にきているのだと思います。

(了)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
吉見 俊哉(よしみ・しゅんや)

 1957年、東京都生まれ。東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授兼東京大学出版会 理事長。同大学副学長、大学総合研究センター長などを歴任。社会学、都市論、メディア論、文化研究を主な専門としつつ、日本におけるカルチュラル・スタディーズの発展で中心的な役割をはたす。2017年9月から2018年6月まで米国ハーバード大学客員教授。著書に『都市のドラマトゥルギー』、『博覧会の政治学』、『親米と反米』、『ポスト戦後社会』、『夢の原子力』、『「文系学部廃止」の衝撃』、『大予言「歴史の尺度」が示す未来』など多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年11月16日 15:40
NEW!

【福岡市長選】なぜ、いまごろ?自民党が高島氏を「支持」

  党県連通さず直接要請  18日投開票が行われる福岡市長選。15日、自民党は、現職の高島宗一郎氏(44)を「支持」することを決めた。高島氏は、自民党福岡...

2018年11月16日 15:18
NEW!

冒険投資家ジム・ロジャーズの中国戦略(後編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2018年11月16日 15:12
NEW!

身内の改宗を通夜で知る

   身内に不幸があり、通夜に出席した。聞けば、大腸がんで、医者からもあまり長くはないと伝えられていたそうだ。  挨拶もそこそこに、用意された席に向かう途中、故...

2018年11月16日 15:00
NEW!

イメージと実態のギャップを正しく理解する

   就職活動をする場合、とくに若手のビジネスパーソンはイメージに囚われ、実態が見えていないケースが見受けられます。知識や経験の乏しさから、やむを得ない面もあります...

2018年11月16日 14:49
NEW!

(株)マルモク 前年に引き続き好調な業績

   木材と新建材の販売で福岡トップクラスの実績を誇る(株)マルモク。1970年に村田一朗氏が設立し、主に内装工事(造作・家具建具・クロス)を中心にスタート。現...

2018年11月16日 14:24
NEW!

福岡を代表する名門ゴルフ場 会社統合に見え隠れするドタバタ劇

  古賀ゴルフ土地(株)  2019年10月に第84回日本オープンゴルフが「古賀ゴルフ・クラブ」で開催される。由緒ある大会で開催されるのは実に3回目と...

2018年11月16日 14:12
NEW!

福岡パルコ「天神かっぱの泉」がリニューアル

   福岡パルコ本館の地下1階と天神地下街とをつなぐエスカレーターの横にあり、昔から買い物客らに親しまれてきた「天神かっぱの泉」が16日、リニューアルしてお披露目され...

2018年11月16日 14:06
NEW!

築上町議逮捕 採用試験で町職員に圧力

   福岡県警は15日、福岡県の築上町の町議会議員で京築広域市町村圏事務組合議員の吉元成一容疑者(61)=福岡県築上郡築上町安武=を地方公務員法違反の疑いで逮捕した。...

2018年11月16日 13:52
NEW!

福岡銀行の礎を築いた故佃亮二氏

   福岡銀行元頭取の佃亮二氏が大濠公園の池に浮いていたのが発見されたのが、昨日(11月15日午前5時半ごろ)だったと 報道された 。  普通なら「身元...

2018年11月16日 13:46
NEW!

黒糖ドーナツ棒のフジバンビ、元ブルボン役員を新社長に

   (株)フジバンビ(熊本市北区)は16日、(株)ブルボン取締役の田中三正氏が社長に就任すると発表した。   同社は事業承継不足による対策として、9月に肥...

pagetop