• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月08日 14:27

家具を通じて、すべての人に喜びを 理想を追い求め、さらなる挑戦を続ける(前) 時代を紡ぐ企業110社 

(株)リッツウェル

愛着を記憶する家具

 (株)リッツウェルは、福岡市博多区板付に本社を構える家具・インテリア用品の製造販売業者。同社は1992年5月に、創業者であり現・代表取締役会長の宮本敏明氏が設立したのが始まり。99年1月に、ショールームを併設した現本社を開設した。その後、2003年12月には東京に、11年6月には大阪に、それぞれオフィスとショールームを開設。現在は福岡本社のほか、東京と大阪との3拠点により、国内での販売体制を盤石なものとしている。

 同社は、同じ業界で経験を積んだ現会長の敏明氏が、「もっと自分自身のオリジナル家具を世に送り出し、それに共感してくれる人に使ってほしい」との思いで独立。以来、イスを中心としたオリジナル家具の企画・開発から販売までを一貫して手がけ、独自のコンセプトに基づいた「Ritzwell」ブランドの家具を世に送り出してきた。

 Ritzwellのデザインのベースとなっているのは、バランスのとれた簡潔なフォルムと素材を生かした有機的なモダニズム。「実用性」と「審美性」の2つの視点から幾度ものブラッシュアップを繰り返し、過剰さを削ぎ落として家具として造形していくプロセスが、時を重ねて美しさを増す「Ritzwell」の家具の魅力を生み出している。素材を使い込むほどに、背のかたちや皮革のしなやかさ、皺までもが親しみのある「愛おしいもの」として記憶され、時とともに新たな表情を生み出し続ける―。プロダクトデザインコンセプトは、「愛着を記憶する家具」だ。

世界最高峰の家具の祭典、ミラノサローネへの挑戦

 古くから畳文化の日本では、近代以前には家具といえばタンスや棚などを始めとした「収納家具」が主流。日常生活でイスや机、ベッドなどの「空間創造家具」を使うようになったのは明治以降の話で、欧米諸国に比べるとまだまだ歴史が浅く、いわば空間創造家具において日本は後進国になる。そのため、日本の家具が海外で評価を受けるというのは、極めてハードルが高く、また栄誉あることなのだ。

 毎年4月にイタリアのミラノで開催される、世界最大規模の家具見本市「ミラノサローネ国際家具見本市」(以下、ミラノサローネ)。1961年にイタリア家具やインテリア小物の輸出を促進するために誕生したミラノサローネは、世界のトレンドを牽引する一大イベントとして世界の業界関係者から高い注目と評価を受け、年を経るごとに規模を拡大。欧米を始め世界各国の建築家やデザイナー、バイヤーなど30万人以上が訪れる、イタリア屈指のビッグイベントへと成長した。そんなミラノサローネだが、そもそもの開催趣旨はイタリアブランドの家具などをアピールし、イタリアの経済活性化に寄与すること。そのため、イタリア国外の業者への門戸は狭く、出展者のうち国外業者はわずか3分の1程度。日本から単独ブースで出展できるのは、カリモク家具(株)(愛知県東浦町)や(株)マルニ木工(広島市)、(株)飛騨産業(岐阜県高山市)など、わずか4~5社だという。

 同社では、そんな狭き門をくぐり抜け、08年に初出展をはたして以降はほぼ毎年のように出展を重ね、13年以降はついに単独出展へと漕ぎ着け、18年で6回目の単独出展となる。世界の一流メーカーがひしめき合う展示パビリオンエリアでの出展を重ねてきたことで、同社のブランドは少しずつ、しかし着実に世界に知れわたるようになっていった。

 同社の宮本晋作社長は、「ミラノサローネへの出展というよりも、世界の舞台へ挑戦していくことに意義があります。また、挑戦することで成長につながっていく過程そのものが、とても楽しいのです。何度も挑戦してきたことで、少しずつですが、『どうやったら世界の舞台で戦っていけるか』がみえてきた部分もあります。ただし、目的は海外ではなく、あくまでも我々が理想とする家具づくりを追求していくこと。世界やトレンドに媚びることなく、大事なのはRitzwellらしさをもち続けることです」と、ミラノサローネを通じた世界への挑戦についての思いを語る。世界最高峰の家具見本市への出展経験は、同社を一回りも二回りも大きく成長させたようだ。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:宮本 晋作
所在地:福岡市博多区板付5-2-9
設 立:1992年5月
資本金:2,000万円
TEL:092-584-2240
URL:https://ritzwell.com

<プロフィール>
宮本 晋作(みやもと・しんさく)

 1978年1月生まれ。九州産業大学建築学科を卒業後、家具の本場である飛騨とイタリアで修行を積み、2005年に(株)リッツウェルに入社。常務、専務を経て、2018年1月に代表取締役社長に就任した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年05月29日 13:44

中国WeChat「ミニプログラム」の状況~ネット利用時間の3分の1はWeChatに

 中国において、インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が生活上、仕事上において大きな存在となっていることはよく報じられている。WeChatなしでは人...

pagetop