• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月09日 11:31

日本経済を直撃する「複合崩壊」の正体 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は自公陣営の軍門に下る勢力を排除して、反自公陣営の結集を図る必要があると訴えた11月8日付の記事を紹介する。


トランプ大統領をメディアは激しく批判するが、トランプ大統領は選挙で米国の主権者が選出した大統領である。この意味で正統性を有している。
また、記者会見での激しいやりとりが伝えられるが、これは米国大統領の記者会見が「やらせ」ではないことを示している。
これに対して、安倍首相の記者会見は基本的に「やらせ」である。記者会見に出席する者が制限され、質問内容が事前に通告させられている。答弁内容は官僚が事前に用意しており、安倍首相は、ただ読むだけだ。安倍首相は日本のReaderだからだ。しかし、漢字にルビを振っておかないと、ただ読むこともできない。
云々(うんぬん)はもちろんのこと、背後(はいご)程度の漢字でも、ルビを振っておかないと、「でんでん」とか「せご」とかと読んでしまう。
なかなかReaderにもなれない。
日本の記者会見も、事前通告なく、その場で記者が質問し、首相が自分の知識と言葉で答えるようにするべきだ。通告のない質問にどのように答えられるのかどうかによって、首相の政策に対する基礎知識、基本認識が主権者に示されるからだ。
あらゆる質問に対して自分の言葉で語れる者でなければ首相の職務に就くことは適切でない。

米国で中間選挙が実施された。結果は、事前の予測通りだった。2016年の大統領選とは異なり、サプライズがもたらされなかったのは、トランプ大統領の行動に問題があったからだ。
大統領支持率は大統領就任時点とさほど変わらない。歴史上まれに見る低支持率でスタートした大統領支持率だが、政権発足から1年半以上たったいまも上昇していない。同時に、下落もしていない。コンスタントに40%台前半の支持率を保っている。
不支持率は政権発足時よりも上昇して、50%台前半で推移している。「反トランプ」が極めて根強いのである。
トランプ大統領はこの選挙に全身全霊を注いだ。その結果、上院の過半数を維持した。
トランプ大統領の生命線はつながったと言える。しかし、下院で過半数を失った。
このダメージは、今後、じわじわと効いてくる。失速はしなかったが、全力投球してこの結果だったことの衝撃は小さくはなく、これから極めて困難な2年間を歩まねばならなくなった。

2019年を展望するに際して、米国の状況は極めて重要だ。同時に目配りしなければならないのが日本である。安倍首相は2021年秋までの任期を得たが、ここまで安泰でいられる保証はまったくない。2019年に大きな関門が待ち構える。

※続きは11月8日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」「日本を複合崩壊から救出するための方策」で。


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年01月16日 17:56
NEW!

ハナマルキが慶大とサッカー元日本代表選手が代表を務める企業と共同で、塩こうじ摂取の研究成果を発表

  塩こうじ  ハナマルキ(株)(本社:長野県伊那市、花岡俊夫社長)は7日、慶應義塾大学SFC 研究所ランニングデザイン・ラボ(所在地:神奈川...

2019年01月16日 17:41
NEW!

「携帯料金は4割値下げ余地がある」~菅官房長官の発言を検証する(上)

   安倍晋三首相は、2015年9月11日に開催された経済財政諮問会議で、携帯電話料金の値下げを検討するように指示したが、その後何ら動きが見られなかった。 ...

2019年01月16日 16:32
NEW!

(株)エージー・コーポレーション(東京)/飲食店など経営

  破産手続開始決定 負債総額 約11億6,400万円  同社は16日、東京地裁から破産手続開始決定を受けた。  破産管財人は相羽利昭弁護士(三宅...

2019年01月16日 15:55
NEW!

糖尿病と歯周病の意外な関係~歯周病は心臓病や脳梗塞、腎臓病などの原因にも

  歯周病の治療で、血糖値をコントロールする力が改善  食生活が原因で起こる生活習慣病の1つ、糖尿病。厚生労働省が実施した2014年患者調査によると糖尿病...

2019年01月16日 14:49
NEW!

安倍政権のサンゴ移植フェイク発言~怠慢司会者の罪「ボーっと仕事してんじゃねーよ!」

  ボーっと生きてんじゃねーよ!  NHK人気バラエティー番組「チコちゃんに叱られる」の決め台詞で、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と一喝されそうなのが、1...

『小笠原ブランド』を進化させ、より良い住空間づくりへ貢献し続ける(前)

  (株)小笠原 共存共栄での事業構築  (株)小笠原の始祖は、江戸後期の1822(文政5)年4月、現在の佐賀県鹿島市で飴おこしの製造販売を興した...

2019年01月16日 14:03
NEW!

【続報】久留米の実習生変死、現場付近の防犯カメラにバイク

  15日、現場となったクリークには 花束や線香が供えられていた。  大川市内在住の中国人技能実習生、徐和キン(偏は矢の上二画にカタカナの...

2019年01月16日 13:47
NEW!

生活の木、ハーブティー5種に虫混入で自主回収

  自主回収対象商品(※クリックで拡大)  (株)生活の木(本社:東京都渋谷区、重永忠社長)は11日、同社が販売する「おいしいハーブティー...

2019年01月16日 11:54

虚偽記載などにより福岡市の警備会社 営業停止処分

   福岡県公安委員会が、福岡市城南区(登記上)の警備業「(株)ACE」(石黒伸久代表)に対し、45日間の営業停止処分を発表していたことがわかった。 &nb...

2019年01月16日 11:39

コスモス薬品11月中間、二ケタ増収益~人件費高を吸収

   コスモス薬品の2018年11月中間連結決算は、前年同期比で売上高が10.2%増、経常利益が16.5%増と二桁の伸び率を記録した。中間期の増益は2期ぶり。 ...

pagetop