• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月09日 15:45

冒険投資家ジム・ロジャーズの中国戦略(前編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一部を抜粋して紹介する。今回は、2018年11月9日付の記事を紹介する。


 世界が注目する投資家の中でも行動派の代表格といえば、ジョージ・ソロス氏とともに「クォンタム・ファンド」を立ち上げ、10年間で4000%を超える驚異的なリターンを実現したジム・ロジャーズ氏であろう。ウォール街では伝説的な人物であり、37歳で現役引退した後、冒険家として活躍してきた。バイクによる初の6大陸世界横断、ベンツでの世界116カ国走破は、いずれもギネスブックに認定されているほど。走行距離は25万kmに達する。

 自らの経験をもとに、各国の長期的な経済成長の流れを読み、投資にいかす手法を編み出し、「冒険投資家」の名を欲しいままにしている。2018年、75歳を迎えたが、相変わらず世界を飛び回る毎日だ。実に行動力あふれるヘッジファンドのヒーローといえよう。自らの名前を冠した「ロジャーズ・インターナショナル・コモディティーズ・インデックス(RICI)」には同氏の知見が散りばめられている。

 そんな先読みの天才投資家だが、こと日本や中国の未来についてはジョージ・ソロス氏と似た点もあれば、まったく異なる点もあり、実に興味深い限りである。日本にも頻繁に足を運び、新宿の歌舞伎町が大のお気に入りだ。そんな好奇心の塊のようなロジャーズ氏は筆者の日本やアジアの未来に関する質問に次のように答えている。

 「日本はまだ豊かです。しかし、将来は中国の時代になるでしょう。これは歴史のサイクルといえるもの。中国は長い歴史の中で、世界に覇をとなえた時もあれば、植民地化された時もあります。成功と失敗の両極端を歩んできた国です。19世紀後半から20世紀は、中国にとって悲惨な時代でした。今、その流れが大きく変わろうとしているのです。これから中国は豊かになるでしょう。間違いありません」。

 要は、かつてフランスの皇帝ナポレオンが「中国は眠れる巨人で、目覚めれば世界を震撼とさせるに違いない」と予言したように、1978年に鄧小平が蒔いた改革開放政策の種が実を結ぶ時期が近づいているというわけだ。確かにたった30年で日本を抜き、40年目にはアメリカにも肉薄する経済大国に変貌した中国のバイタリティは世界を驚かせている。

 とはいえ、中国のバブル崩壊を危惧する声には根強いものがある。この点を尋ねると、ロジャーズ氏の見方は明快だった。曰く「中国を覆う貧富の差や地域間の格差の拡大を懸念する声は承知しています。ご指摘の点は確かでしょう。しかし、そんなことは、どこの国でも起こりうること。遅かれ早かれ、中国経済は調整局面に入るはず。しかし、それはさらなる飛躍への踏み台のようなもの。日本でも似たような経験を積み重ねてきたはず。混乱もあるでしょうが、アメリカだって過去200年以上の間に15回を超える不況を経験しています。日本も同様でしょう。中国はハードランディングによって、かえって国際化がスムーズに進むと見ています」。

※続きは11月9日のメルマガ版「冒険投資家ジム・ロジャーズの中国戦略(前編)」で。


著者:浜田和幸
【Blog】http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki
【Homepage】http://www.hamadakazuyuki.com
【Facebook】https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki
【Twitter】https://twitter.com/hamada_kazuyuki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年11月18日 07:00

成長を続ける国内化粧品市場 インバウンド・時短ケア商品がけん引

   マーケティングリサーチ事業の(株)富士経済(東京都中央区)はこのほど、化粧品市場調査を発表。訪日外国人観光客によるインバウンド需要と、「時短ケア化粧品」の...

2018年11月17日 07:01

「ヒューペルンA カプセル」認知・記憶障害の予防、記憶力・学習能力の向上に有効!(後)

  (株)龍泉堂 認知症患者への投与試験で認知機能が有意に改善  脳の活性化する作用はヒト試験でも実証されている。認知症患者を対象とした脳の機能改...

2018年11月16日 18:24

【訪米レポート(3)】玉城県知事が訪米日程を終了~「このままではデッドロック状態」と警告

   訪米日程を終えた玉城デニー沖縄県知事が、取材に応じた。現地時間14日の模様と、囲み取材の様子をお伝えする [ニューヨーク/横田一] <1...

2018年11月16日 16:43

【寄稿】乙武洋匡が出会った「福岡発・スゴ腕13歳」

   「乙武さんのお話を福岡のみんなに聞かせたいので、ぜひ僕にサイン会と講演会を開かせてください」  SNSを通じてそんなメッセージをくれたのは、福岡市に住...

2018年11月16日 16:38

九州地銀の2019年3月期 第2四半期(中間期)決算を検証する(1)

   九州地銀(18行)の2019年3月期の第2四半期(中間期)の決算が出そろった。  上場会社は、東証から45日以内に決算発表することを上場ルールとして求められ...

2018年11月16日 15:40

【福岡市長選】なぜ、いまごろ?自民党が高島氏を「支持」

  党県連通さず直接要請  18日投開票が行われる福岡市長選。15日、自民党は、現職の高島宗一郎氏(44)を「支持」することを決めた。高島氏は、自民党福岡...

2018年11月16日 15:18

冒険投資家ジム・ロジャーズの中国戦略(後編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2018年11月16日 15:12

身内の改宗を通夜で知る

   身内に不幸があり、通夜に出席した。聞けば、大腸がんで、医者からもあまり長くはないと伝えられていたそうだ。  挨拶もそこそこに、用意された席に向かう途中、故...

2018年11月16日 15:00

イメージと実態のギャップを正しく理解する

   就職活動をする場合、とくに若手のビジネスパーソンはイメージに囚われ、実態が見えていないケースが見受けられます。知識や経験の乏しさから、やむを得ない面もあります...

2018年11月16日 14:49

(株)マルモク 前年に引き続き好調な業績

   木材と新建材の販売で福岡トップクラスの実績を誇る(株)マルモク。1970年に村田一朗氏が設立し、主に内装工事(造作・家具建具・クロス)を中心にスタート。現...

pagetop