• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月20日 14:16

第11回「白馬会議」の講演録より「日本の技術劣国化からの脱出」(1)

 「工学は存在しなかった物を生み出す。科学は長い間存在していたものを発見する」(David Billington、プリンストン大学の環境工学教授)。

 経済はデフレを脱しつつあり、失業率は記録的な低さを続けている。他方、GDPの伸びは米国や中国に比べてかなり見劣りがしている。今の日本は豊かな社会に見えるが将来を心配する声が多く聞かれる。我が国の技術立国が危機に陥りつつあるというのである。多くの知識人、とくに団塊の世代の人々は技術と技量の蓄積が枯渇し始めていると感じている。それは多分に過去の思い出、とくにかつてのNHK人気番組「プロジェクトX 挑戦者たち」の記憶から生じる郷愁があるためであろう。

 この番組は、戦後の復興期から高度成長期へとつながる時代に努力した方々をお茶の間受けする感動ドラマに仕立てた実録的エンターテインメントである。従って、郷愁を抱くことはあっても技術開発の本質を見ている訳ではないので、技術論、技術史として参考にならない。郷愁のなかに潜んだ「良いアイデアは市場に直結する技術である」「努力は報われる」という、メディアの創作による無責任な都市伝説的なウケ狙いのロジックが見え隠れする。このメロドラマ的成功体験をいつまでも引きずっていると、本来行うべきことを見失い、技術劣国化に加担することになる。

 日経ビジネスONLINE 2018年10月5日掲載の山下勝己氏による生天目(なばため)章氏へのインタビュー記事「日本型研究開発がブレークスルーを生まぬ理由」で指摘されているように、バブル経済期までの我が国の技術開発はキャッチアップアップ型で到達すべき目標があった。1990年代に入ってフロントランナーの一員に躍り出てから、技術研究開発の方法を大幅変更することを怠ったために脱キャッチアップ型の体制に至っていない。

 歴史を振り返ってみれば、昨今盛んに提唱される破壊的イノベーションとは安定した社会に破壊的混乱をもたらし、秩序崩壊の混沌のなかから時間をかけて新秩序を生み出すものである。ところが、戦後棚ぼた的にもたらされた平和を70余年にわたり享受してきた我国では、社会的混乱がほとんどなく、結果的に東大文系卒業者を中心とした官僚組織社会が中心となって大きな変化を求めず要領よく立ち回ることで地位を固める「秩序」を形成してしまった。
 結果として、昨今の省庁幹部による隠蔽、腐敗、大企業経営者の管理能力不足が限度を超え始めて不祥事が頻出し始めている。国家や大企業の上層部が責任を取らない体質は戦前の官僚的になった軍部から顕著になったが、現在はより保守的な「革新系」マスコミとマスコミ有識者・文化人が唱える「コンクリートから人へ」のような口あたりの良い無責任な議論が蔓延している。

 2018年9月6日に発生した大地震にともなう北海道の日本初電力ブラックアウトは社会生活に大きな脅威であることを見せつけたが、これにともなう災害はあまり触れずに主要メディアは毎度おなじみの「困っている人々に寄り添った」絆と悲劇と感動のドラマ仕立てで、太陽光発電など緊急時に役立たないことを隠して世論誘導した自らへの責任言及を避けて不作為の作為を続ける姿勢を取っている。震災後も再生可能エネルギーの脆弱性を言及するマスコミは皆無に近い。再生可能エネルギー普及を目指す宗教的ともいえる信念がはびこっているのだろうが、大停電と原子力発電所を別個のものと考えることは止めたほうが良い。「モリ・カケ」大騒動と比較するとマスコミのあまりの自己都合的報道姿勢に驚くばかりである。
 今回の大災害はイノベーションの絶好の機会なので多くの人がメディアの「おかしな」世論誘導に気づいてより良い社会の構築に立ち向かうことを期待したい。

(つづく)

<プロフィール>
鶴岡 秀志(つるおか しゅうじ)

信州大学カーボン科学研究所特任教授
埼玉県産業振興公社 シニア・アドバイザー

ナノカーボンによるイノベーションを実現するために、ナノカーボン材料の安全性評価分野で研究を行っている。 現在の研究プログラムは、物理化学的性質による物質の毒性を推定し、安全なナノの設計に関するプロトコルを確立するために、ナノ炭素材料の特性を調べることである。主要機関の毒物学者や生物学者だけでなく、規制や法律の助言も含めた世界的なネットワークを持っている。 日本と欧州のガードメタルナノ材料安全評価プログラムの委員であり、共著者として米国CDCの2010年アリスハミルトン賞を受賞した。
 埼玉県ナノカーボンプロジェクトのアドバイザーを通じてナノカーボン製品の工業化を推進している。

<学歴>
1979年:早稲田大学応用化学科卒業
1981年:早稲田大学修士課程応用化学
1986年:Ph.D. 米国アリゾナ州立大学ケミカルエンジニアリング学科

<経歴>
1986年:ユニリーバ・ジャパン(日本リーバ)生産管理
1989年:Unilever Research PLC。 (英国)研究員
1991年:ユニリーバ・ジャパン(日本リーバ)、開発マネージャー
1994年:SCジョンソン(日本)、R&Dマネージャー
1999年:フマキラマレーシア、リサーチヘッド
2002年:CNRI(三井物産株式会社)主任研究員
2006年:三井物産株式会社(東京都)、シニアマネージャー
2011年:信州大学(長野県)、特任教授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月26日 17:26

春吉の「ラブホテル街」がリゾートシティホテル街へ!~パティシエが支配人のホテル「ザ・ワンファイブヴィラ・福岡」グランドオープン

 九州一の繁華街・中洲に隣接する福岡市中央区春吉に全室30m2以上のホテル「The OneFive Villa Fukuoka(ザ・ワンファイブヴィラ・福岡)」がオー...

2020年02月26日 17:26

九州地銀7行(含むFG・FH)の株価~高安まちまち

 本日(26日)の東京株式市場における日経平均株価は【表1】の通り、始値は前日比マイナスでスタートしたものの、後場に入り値を戻し、終値は前日比▲179.22円の2万2...

2020年02月26日 17:25

トヨタの技術の粋を集めたコンパクトカー「新型 ヤリス」!2020年2月22日より店頭へ

 走る楽しさと、世界最高レベルの低燃費、先進の安心安全技術を備えたコンパクトカーとして注目を浴びるTOYOTAの新型車「ヤリス」。

2020年02月26日 16:18

「資さんうどん半道橋店」2月27日(木)午前10時オープン~福岡市内では、7店舗目のオープン

 北九州で約40年にわたり愛される「資さん(すけさん)うどん」を展開する、(株)資さん(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:佐藤崇史)は、福岡市内7店舗目となる「資...

2020年02月26日 15:10

トライアル今期出店20店に~3月東水巻店オープン

 トライアルカンパニーの今3月期の大型店出店は2月上旬オープンした桜井粟殿店(奈良県桜井市)で19店となった。

(株)モーベリーホーム(北九州) /建築工事

 (株)モーベリーホームは、2月13日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任。破産手続き申請の準備に入った。

2020年02月26日 14:07

学びあり笑いあり美食あり~博多織と落語を楽しむ会@東京・半蔵門「福扇華」にて

 東京都千代田区にある福岡県のアンテナレストラン「福岡料理と旬の味 福扇華(ふくおか)」では、福岡県産の食材をふんだんに使用した料理の数々のほか、物販スペースや最大6...

2020年02月26日 13:30

縮むニッポン、健康寿命延伸で「生涯現役社会」は実現するか(前)

 第201通常国会が令和2年1月20日に召集され、安倍晋三首相は衆参両院の本会議で行った施政方針演説のなかで、内閣の最大のチャレンジと位置づける全世代型社会保障制度に...

2020年02月26日 11:30

中国経済新聞に学ぶ~日本経済への影響度はどれほどか(前)

 全国展開している居酒屋の「ワタミ」は2月5日、新型コロナウイルスの影響により中国のすべての直営店を閉店すると発表した。

2020年02月26日 11:13

九大起業部も受賞~日本オープンイノベーション大賞表彰式が延期

 内閣府は2月25日、新型コロナウイルス感染症対策本部の決定を踏まえ、2月27日に予定していた「第2回日本オープンイノベーション大賞表彰式」を延期すると発表した。

pagetop