• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月30日 10:21

検察の冒険「日産ゴーン事件」(1)

青沼隆郎の法律講座 第20回

刑罰万能主義集団(日本検察)と世界法水準との闘い

 国内では無敗(勝率99%以上)を誇る検察であるが、推定無罪を基本原則とする世界水準との闘いに本当に勝利できるのか。

 日本では、検察得意の世論操作が検察リークである。国民世論は概ね、この「報道」により被疑者に黒の印象をもつ。従って、被疑者が否認すれば「人質司法」が公然と行われる。

 来る日も来る日も取調官は被疑者に「自白」を迫り、被疑者は限界まで否認をするが、不幸にも体力も気力も失せて長期拘束による「見えない」取り調べによる自白によって、日本の冤罪は生まれてきた。

 被疑者が否認をする限り、身柄拘束は意味がなく、速やかに公判手続きを開始することが法の規定である。被疑事実を故意に複数の罪名に分断し、「一罪一拘留」という奇妙な原則を悪用し、可能な限りの身柄拘束で、被疑者の自白を獲得する刑事司法が「人質司法」である。

 しかも、それに追い打ちをかけるように、否認被疑者には「逃亡のおそれ」と「証拠隠滅のおそれ」があるとして、裁判所が結果として不当な長期拘留を容認する。ゴーンやケリーは外国籍の外国居住をする被疑者であるから、一層、この「おそれ」は認定しやすい。

 逮捕時に入手した証拠で判明していたその他の犯罪のすべてを逮捕状請求しなければ、その後の逮捕については拘留を認めないとする法令が存在しないために、合法的悪用が罷り通っている。これはすべて、自白偏重の取り調べの実質的継続である。有罪率99%以上の実績をささえる理由の1つである。

 「ゴーンは極めて金銭欲が強く、日本人の常識からは到底理解できない程の役員報酬を要求していた」との強欲性は十分に日本国民には報道された。しかし、これで日本人を世論誘導できたとしても、世界の人々、フランスやレバノン、ブラジルの人々を説得することはできない。とくに、フランス人には刑事犯罪に関する推定無罪の思想は国民に浸透しており、強欲性が本件犯罪の証拠とはなり得ないことの事理弁識は日本人より確実である。極言すれば、本人の強欲性はまったく個別証拠にならないのだから、検察のリークは完全に日本国民向けの世論操作でしかない。

 逮捕された2人の被疑者は当然、違法性について否認した。今後も否認し続けるのであるから、検察は次から次に別罪による逮捕の積み重ねで長期拘留を図るほかないが、それとて、成算の立つ取調方法ではない。検察はさらに冒険を犯すのだろうか。

有名法律家の変節

 国会議員でもある若狭勝弁護士は、ヤメ検として有名な日本の法律家である。彼はゴーン逮捕の直後にテレビに出演して、古巣でもある日本の検察の信頼性を前提に逮捕の正当性を解説した。

 しかし、ゴーンら2名の否認報道と前後して極めて明白な変節を示した。「検察はこれまでの小出しのリークをやめて、何が虚偽であるかについて国民にわかりやすい説明をすべきである。そうでなければ、世界の世論を含めて説得できない」と主張した。

 ゴーンらの被疑事実が有価証券報告書虚偽記載罪であるから、具体的にどのような行為事実が虚偽にあたるのかの説明が必要だと主張した。これは日本では人権派と呼ばれる弁護士でさえ主張したことがない、起訴状公開前の被疑事実の立証要旨説明である。

 日本の刑事裁判では、検察官は起訴状によって初めて犯罪事実の詳細と被疑者の嫌疑事実、逮捕の正当性を主張する。起訴前に被疑事実の詳細、被疑者の犯罪事実を国民が納得する程度の説明が必要との主張は、本件が明らかに国際的事件で、従来の検察の刑事司法の手法では国際的批判は免れないとの見識によるものと推察される。そして、その根本理由が、経済事犯に関する刑罰権の発動プロセスの異常さにあることを自覚したからである。

(つづく)

<プロフィール>
青沼 隆郎(あおぬま・たかお)

福岡県大牟田市出身。東京大学法学士。長年、医療機関で法務責任者を務め、数多くの医療訴訟を経験。医療関連の法務業務を受託する小六研究所の代表を務める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月20日 10:50

ナポリのオジサン!何処へ行ったのですか?NEW!

 福岡市南区高宮にあるイタリア料理店「トラットリア ジャン」の前を通ると「閉店のお知らせ」と書かれた貼り紙が貼ってあった。それを見てすぐさま口にでたのが「何処に行くの...

2019年08月20日 10:35

PPIH(旧・ドンキホーテHD)、吉田専務が社長に昇格NEW!

 (株)パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(以下、PPIH 旧(株)ドンキホーテHD)は大原孝治氏が代表取締役社長を退き、後任に代表取締役専務兼C...

2019年08月20日 09:58

【外国人技能実習制度】送出機関が監理団体へキックバック~「違法な金」の背景には「促進」大使の活躍もNEW!

 外国人技能実習制度に新たな問題が浮上している。国内で技能実習生と企業を繋ぐ監理団体に対し、海外にある送出機関からの「謝礼」が支払われていたと19日、朝日新聞が報じている。

2019年08月20日 09:52

西日本新聞の柴田建哉社長殿、貴方は社を復活させる覚悟がありますか?(2)NEW!

 弊社発刊のI・B2019夏季特集号のタイトルを要約すると「激変時代・生滅の分かれ目は?」というものになる。「時代にどう適応する組織が発展していくのか、どのような判断...

2019年08月20日 09:30

人間に死を選ぶ自由は存在しないのだろうか(後)NEW!

 日本では安楽死も尊厳死も法制化されていない。安楽死が認められている国は、オランダ、スイス、ベルギー、ルクセンブルグ、アメリカ(ニューメキシコ、カリフォルニア、ワシン...

2019年08月20日 09:05

まちかど風景・西区姪の浜〜姪の浜6丁目にファミリー向け分譲マンションが着工予定NEW!

 福岡市西区姪の浜6丁目にある空き地が、12階建のファミリー向け分譲マンションに生まれ変わる。建物の概要は、「(仮称)ファーネスト姪浜」。鉄筋コンクリート造で、部屋数...

2019年08月20日 07:00

日韓の経済力格差は?(後)NEW!

 日本は産業構造の改革に失敗して、経済がそれほど成長せず、低迷している。日本ではそれを「失われた20年」などと表現している。韓国も日本の産業構造を取り入れたので、同じ...

2019年08月20日 07:00

HIS、ユニゾHDの敵対的買収に発展~それぞれが抱える表に出せない裏事情(中)NEW!

 ユニゾHDの小崎哲資社長は、知る人ぞ知るメガバンク業界の有名人だ。東大法学部を卒業し、旧日本興業銀行に入行。故西村正雄・興銀頭取の信を得て、1999年の富士銀行、第...

NHK抜本改革が必要不可欠であるという真実

 「NHKから国民を守る党」の立花孝志氏が参議院議員に当選し、同党が政党要件を獲得したことを契機にして、NHK問題に対する主権者の関心が高まっている。NHKが「公共放...

2019年08月19日 15:40

マツキヨHD、ココカラファインと経営統合の協議開始

 (株)マツモトキヨシホールディングス(本社:千葉県松戸市、松本清雄社長)と(株)ココカラファイン(本社:神奈川県横浜市、塚本厚志社長)が経営統合に向けた協議開始に関...

pagetop