• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月07日 09:45

検察の冒険「日産ゴーン事件」(8)

青沼隆郎の法律講座 第20回

役員報酬の法律学

(1)論理性のない未熟な検察官の感覚的法律論
 有価証券報告書に記載すべきゴーンの役員報酬額はただ1つしか存在しないし、それは
 実際にゴーンに支給された現金(およびそれと同等財物)である必要がある。「将来に支払われる役員報酬」なる術語概念自体が論理矛盾であり、法律論的に存在しない。いくらかの識者が指摘しているように、それはせいぜい「期待権」に過ぎない。もちろん、期待権である以上、それについて「確定」「不確定」の議論そのものが論理的に無意味であり成立しない。

(2)役員報酬の成立と消滅過程の分析
 ゴーンに支払われた役員報酬の成立と支給によって完了消滅した過程を具体的に検討すると以下の通りとなる。


■期首の事業予算(試算書などその名称に拘る意味はない)に掲げられた役員報酬名目の金額についての取締役会の承認
支給が法的に承認された役員報酬(未支給)
この金額は支払予定金額でありゴーンに未支給であるから記載すべき役員報酬ではない。

■期中の月次別役員報酬などについて変更すべき特別の事情がなければ何らの問題はない実際にゴーンが支給を受けた役員報酬(支給中)

■期末の決算において当期に実際に支払われた役員報酬名目の総金額についての取締役会の承認
適法に支給済みと承認された役員報酬(支給完了)


 この金額が有価証券報告書に記載すべき、ゴーンに支給された役員報酬額であり、この当期決算で適法として取締役会が承認した役員報酬額が「確定した」役員報酬額である。
 以上のように役員報酬は事業期間単位で具体的に発生消滅するもので、事業期間をまたいで存続する性質のものではない。当然、有価証券報告書も事業期間単位である。

(3)検察官の論理の未熟性
 検察官は明らかに、企業会計の事業期間単位制を無視し、取締役が得た法的利益のすべてを一括して取締役報酬と認識した。めちゃくちゃなどんぶり勘定法律論である。その原因は「確定した役員報酬」という場合の確定の意味を、未熟で感覚的な独善論法で解釈したためである。

 そのため、検察官が独自に「確定」と認識、認定すれば「確定した役員報酬」は無制限に存在することとなった。従って、当期決算で確定した役員報酬以外にも検察官主張の「確定した役員報酬」が存在し、それが未記載であれば(論理を飛躍して)有価証券報告書虚偽記載罪の構成要件に該当することになったのである。

 検察官が独善的につくり出した「確定役員報酬」が未記載であれば、それが直ちに虚偽記載罪とはならないことは中学生でも理解できる。未記載であることが虚偽となる認識や、故意に記載しない場合に故意犯としての虚偽記載罪が成立する。しかし、まだ現実に金銭の受領もない数字の上の金額が「確定した役員報酬」と認識するのは、この世には検察官以外にはいないのであるから、普通の人を虚偽記載罪で訴追することは不可能である。
 国民が上記程度の法的理解力をもてば、遠からず、事件の結末は見えて来るはずである。

(つづく)

<プロフィール>
青沼 隆郎(あおぬま・たかお)

福岡県大牟田市出身。東京大学法学士。長年、医療機関で法務責任者を務め、数多くの医療訴訟を経験。医療関連の法務業務を受託する小六研究所の代表を務める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年12月12日 11:59
NEW!

(株)ヤマサンセンター(愛媛)/スーパーマーケット経営

  破産手続申請準備中 負債総額 約17億円  同社は10日、事後処理を弁護士に一任。破産手続き申請の準備に入った。  担当は岡林義幸弁護士(東予...

2018年12月12日 11:43
NEW!

マリモが西中洲で隣接する3棟取得 旧かに通ビルも

   不動産開発のマリモ(本社:広島市西区、深川真社長)が、11月9日に旧かに通ビルを取得していたことがわかった。マリモは、9月に隣接するプロスペリタ西中洲Ⅱを取得...

2018年12月12日 11:29
NEW!

この一冊で、福岡の建設・マンション業界がわかる!ゼネコン&マンションデベロッパー特別レポート2018発刊

   今回のレポートでは、各社が目指す方向性、直近3期分の業績推移や当期見込、決算書に基づいた財務分析のほか、各社の採用活動や人材教育、有資格者の陣容を掲載した。活況...

日本政治刷新実現は市民と心ある政党の連帯で

   NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は政治の本来の主役である主権者が行動すれば、政治は必ず変えら...

2018年12月12日 10:52
NEW!

【パチンカー代の『釘読み』】アドバルーンが意味する「費用と勝算」

  圧倒的誘惑!!  空を見上げると、アドバルーン(広告気球)が浮かんでいる。一時期に比べれば目にする機会は減ったが、高確率で利用されるタイミ...

2018年12月12日 10:39
NEW!

エイチ・アイ・エス 20%増収 前期、旅行事業が好調

   (株)エイチ・アイ・エス(東証一部、住所:東京都新宿区、澤田秀雄社長)は12月11日、18年10月期の決算短信を公表した。  連結売上高は7,285億...

2018年12月12日 10:12
NEW!

完成7カ月後も空き家の「フォレオひびきの」テナント確保に苦戦

   北九州市若松区の学研都市に建設した商業施設「フォレオひびきの」が完工後7カ月になるのにもかかわらずテナントが決まらず未入居になっている。核テナントに予定してい...

2018年12月12日 09:52
NEW!

「天皇陛下のアルバム買わないか」~国センが退位に乗じた販売勧誘に注意喚起

  注意喚起を促すリーフレット (消費者庁)  (独)国民生活センターは11日、天皇陛下の退位に乗じたアルバム、掛け軸などの購入を電話...

2018年12月12日 09:39
NEW!

ナフコ、閉店数6店で前期に並ぶ 厳しい今期の増収達成

   ナフコは12月2日に閉めた赤磐店(岡山県)で、今期のこれまでの閉鎖店数は6店と前期に並んだ。来年3月末までに増える可能性もある。既存店が苦戦しており、今期の増...

業界の未来を見つめた新たな水産への挑戦(後)

  (株) 三陽 業界最後発から急成長、今後は東都水産との協業も  同社は、業界で経験を積んだ現代表の長谷幸一郎氏が、1991年3月に福岡県糟屋郡...

pagetop