• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月17日 07:02

顧客満足を追求し続けて60年 小倉営業所オープンで飛躍誓う(前) 時代を紡ぐ企業110社 

(株)山電

創業時から続く「役立ち営業」、顧客に思いをめぐらせること

 1955年8月、(株)山電は北九州市八幡東区前田町で産声をあげた。第二次世界大戦の終結から10年が過ぎた当時、電気に関わる仕事は、まさにこれからが興隆の時代というところだった。創業者・山田輝男氏は、その兆しを察知し電気工事材料の卸業商社・山電を創業したのである。八幡地区といえば、当時は日本有数の工業地帯だった。生産ラインの拡張、工場の新築、新たに生まれ変わる街のビルなど、電線ケーブルなどの電気工事材料の需要は高かった。その波に乗り、商材の幅を広げて顧客満足の追及を続けていったのである。

 63年間、地道に着実に積み重ねていったのは電気製品を通じた信頼だ。同社は不備のない書類作成、納期遵守を貫いて事業に取り組んできた。

 「売上をつくっていくという考え方は、他社と変わらないと思います。けれども、そこがゴールではありません。どれだけお客さまのことに思いをめぐらせることができるかが、私たちのあるべき姿だと考えています。お客さまの立場に立ち、より良い提案をして納入納期を守り着実に1つひとつ積み上げていくことで、これまで事業を続けてくることができました」。

 竹下博会長はこのように自社の営業を語った。同社ではこの営業スタイルを「役立ち営業」と名付けている。ただ顧客のもとを訪れて「何が必要か」を聞いて納品するのではなく、何が役に立つかを自ら考え、顧客に提案する。

(株)山電 竹下 博 代表取締役会長

 「お客さまはそれぞれ、地域性であったり、組織の大きさであったりと、さまざまな環境にいらっしゃいます。そのお客さまが『これが必要』と思える、役立つ製品を、お客さまの立場に立って提案することが私たちの仕事です。電気製品は日進月歩で新商品が開発されていきます。私たちはその先端の商品を含めてお客さまに最適な提案をしていくことが求められています。ただ言われた通りに納品するだけでは、お客さまは新商品の利便性を知らないままになってしまいますから」(竹下会長)。

 同社が扱う商品数は1万品種・2万アイテムに上る。商品を覚えるだけで2年はかかるという。その豊富な商品のなかから、「役立ち営業」を積み重ね、その感謝の気持ちが同社を60年以上にわたって支えてきたのである。

 「これから先、スマート家電の普及、家庭のオール電化を始めとして、電気製品は大きく変わっていくことが考えられます。社会全体として高齢化はもっと進んでいくことも予測されますし、電気製品は変化が進んでいくでしょう。私たちも『電』の字のつくものならば、すべて手を広げていくことも必要になると思います」。

 創業時から半世紀が過ぎ、加速度的に進歩していく電気製品に、専門家として携わり続けていきたいと竹下会長はいう。激しい進化を続ける電気製品に対応できるスピード感は同社の特徴の1つでもある。現在の社員数は約40名。この規模だからこそできることがあると竹下会長は指摘する。

 「やはり少人数の組織だからこそ実現できるスピード感は私たちの強みだと思います。小さな組織ですから、目が行き届きますし、すぐに上司、社長に相談することもできます。結束力が強い会社ですよ(笑)」。

 社員旅行や花見、忘年会など社内イベントを通じてコミュニケーションをとりやすい土壌をつくり事業に生かす。風通しの良い社風は機動力となってきめ細かいサービスにつながっていく。それが同社の強みとなっているのだ。そして、1人ひとりの力を結集して業務に取り組んでいる。

 数多い取扱商品や得意先を把握するだけでも一苦労だ。これまでに築いてきた顧客数は450社に上る。その全貌を理解し一人前になるための教育には、とくに力を入れているところだ。社員教育では製品知識、顧客の状況などだけでなく、礼儀、マナーといった人としての基本的な部分から徹底して教育していく。それが高い社員定着率につながり、さらには顧客からの信頼へとつながっているのである。

 「創業から60年を越え、100年に向けて新たな体制のもと、組織づくりを進めています。中身の濃い会社にしていきたいですね」と竹下会長は笑顔で将来を語った。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:竹下 博
所在地:北九州市八幡西区割子川2-15-34
設 立:1961年5月
資本金:2,800万円
TEL:093-631-9440
URL:http://www.kitakyu-yamaden.co.jp

<プロフィール>
渡邊 貴弘(わたなべ・たかひろ)

 1969年5月生まれ、福岡県古賀市出身。91年4月、(株)山電に入社。営業畑を歩み、2014年4月に営業部長、15年4月に常務執行役に就任。竹下博前社長にリーダーとしての手腕を買われ、16年2月に取締役社長に抜擢される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月10日 07:00

地場総合建設業としての使命

 創業118年の老舗企業(株)未来図建設。同社は地場総合建設業として、中高層ビル・マンションをはじめ、医療・福祉関連・物流・商業および公共施設、ガソリンスタンド、戸建...

2020年08月10日 07:00

増収企業5割超す~2019年度九州流通企業決算

 データ・マックスが集計した九州主要流通企業の2019年度決算によると、前年度との比較可能な42社中、増収は22社で減収の20社を上回った...

2020年08月09日 07:00

相次ぐマンションの設計偽装

 構造設計一級建築士の仲盛昭二氏は、発覚が相次ぐ耐震偽装マンションに関し、マンション販売会社・設計事務所・行政に対して質問書を送付した。なぜ、この時期に仲盛氏が耐震偽...

2020年08月09日 07:00

復活の道が見えない日産自動車の研究(2)

 指名委員会の次なる仕事は、代表執行役の選任。指名委員会は2019年10月8日、西川氏の後任の社長兼CEOに内田誠・専務執行役員を起用すると発表した...

2020年08月09日 07:00

2019年度九州流通企業売上高ベスト10~4位までの順位は昨年度と変わらず

 2019年度の九州流通企業売上高ベスト10が決まった...

2020年08月08日 07:00

経営者が考えておくべきハラスメント対策とは

 新型コロナウイルス関連の報道に埋もれた感じがありますが、今年6月からいわゆる「パワハラ防止法」(労働施策総合推進法の改正)が施行されました...

2020年08月08日 07:00

生まれ変わった交流拠点、糸島ファームハウス「UOVO」(後)

 UOVOではファミリー層向けに、子どもが遊べるようにと芝生スペースも整備中。日射しの強い夏は、散水用のスプリンクラーがそのまま“涼”を感じられるアイテムになる...

2020年08月08日 07:00

コロナ禍に揺れる新大阪駅~都市機能不足、リニアにも暗雲(後)

 骨格に関してはもう論ずることがないので、地方創生回廊中央駅構想について見ていくことにする...

2020年08月07日 18:24

【8/8~21】お盆期間の飲み会は1次会、2時間まで 福岡県が要請

 福岡県は8~21日、県民に対して、接待をともなう飲食店、居酒屋など酒類を提供する飲食店やカラオケでの滞在を2時間以内とし、1次会のみの利用を要請する...

2020年08月07日 18:23

新型コロナウイルスが直撃~旅客運輸会社は生き残ることができるのだろうか

   来週、お盆を迎える。「今年は帰省を控えるべきか、それとも帰省すべきか」と、ぎりぎりまで迷っている人が多いといわれているが、旅客運輸業界の株価、経営状況などをみて...

pagetop