ここでしかできない開発 ホテルではなく、「まち」をつくる(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月29日 07:00

ここでしかできない開発 ホテルではなく、「まち」をつくる(後)

(株)LANDICホールディングス
代表取締役社長 中山 朋幸  氏

IMD Alliance(株)
代表取締役兼CEO 麻生 宏  氏

 ――淘汰されないホテル開発とは。

手前を流れるのが那珂川、奥に見える建物が貴賓館

 麻生 そこにしかないものを、どうつくるかということでしょうか。ホテルというのは単に宿を提供するというより、そのエリアに1つの文化をつくることなのだと思います。たとえば、いくらカッコいいマンションが福岡にできても、それが世界的に知られることはまずありません。

 ですが、話題のホテルというのは、そのデザイン性やコンセプトが世界レベルで紹介される可能性があるのです。ホテルというビジネスをADR(平均客室単価)と広さ、設備、アメニティという要素だけで見れば、どこに行っても結局は同じものにしかなりません。そういったものだと、景気が悪くなったときには、値段を下げるしかない。本質的な価値を磨いていくことが、大事ではないでしょうか。

 中山 そのあたりの考え方は、我々がやってきたマンションづくりと似ています。他社が売れなくても、こちらは売れるものをつくろうという価値観は、麻生社長がおっしゃっていることに近いと感じます。たとえば、マンションを建てるにしても、整形の土地に対して単にまっすぐ建てるのではなくて、街並みに対して建物を建設することがあります。これは、一見無駄なスペースをつくることにもなりますが、その空間がまちの空気感をつくり、お客さまにとってはそれが付加価値となるのです。

 ――意図する価値が伝わらないことは?

 麻生 開店してから2~3年も赤字の飲食店は、たくさんあります。「このやり方で間違ってないよな」と自問することなんて、しょっちゅうですよ。福岡市の大名にある「博多廊」も180坪という広さですから、最初はみんなから失敗すると言われました。しかもアパレルが入居するようなビルの5階です。そこで、九州にこだわる旬の和食を、居酒屋でもなく、料亭でもない業態というものをコンセプトにスタートしました。しかし、なにぶん箱が大きいので、何度もくじけそうになりましたが、そういうなかで、日々ブラッシュアップを重ねていくことが、我々の仕事なのです。来店されるお客さまはすべて口コミですから、いったん根付くと非常に強い。そうなるまでには、時間はかかります。

 中山 その時間は真似ができないですよね。時間を常に改革して、凹んだら上げる作業をして、ダメなら変える作業をして、そこでいろいろと悩む時間がある。でもそれが実業の部分で、気がついたら競合他社やライバルが追いつけない領域に至っている。地道に時間をかけて実現する価値は、よそでは真似ができません。

 ――今後、2社が提携する可能性はありますか。

 中山 具体的な検討に入った案件は、ほかにもあります。麻生社長の古巣であります、カトープレジャーグループ(KPG)の加藤社長とも先日お会いしまして、西中洲を足がかりに今後の開発案件も含めて、付加価値の高いサービス、開発を「3社提携してやりましょう」とお話しさせていただきました。IMD、KPGの事業に関する考え方は、トータルマネージメントシステムという仕組みのなかで事業に責任をもって対応されている、日本には数少ないプレジャーグループ企業です。LANDICとして、我々にはない事業領域に力を貸していただけることに感謝しています。

 麻生 単一的なホテルやマンションではなく、まちづくりという観点での開発が出てくれば、面白い連携ができるのだと感じます。我々のこれまでの経験を生かし、全体としてどう良いものをつくるのか―。今だからこそやれる仕事で、連携を図っていければと思います。

 中山 我々は、マンション開発のみに偏ることなく、点から面開発、まちづくりもできる、総合不動産デベロッパーを目指しています。25年前にLANDICを設立しましたが、社名の由来は、「land、design、idea、creative」の造語です。「大地にデザイン、アイデアを描く、クリエイティブな企業を目指す」というのが起業の背景です。今では金融機関、建設会社などステークホルダーの皆さまのご理解とご支援のおかげで、グループ売上高160億円を超える事業実績を継続させていただいています。

 これまでやってきたことに加えて、IMDアライアンスやカトープレジャーグループという事業パートナーと提携することで、新たな分野に新たなアイデア、デザイン、クリエイティブな部分の引き出しが増えると確信しています。

 IMDアライアンスは、ソフトやサービスを得意とされていますので、お互いが補い合う良い事業パートナーとなる大きな可能性を感じています。たとえていうと、森や村をつくるために、さまざまな連携が必要になるイメージです。木を植えるのではなくて森をつくる、家を建てるのではなく村をつくる。そういうサスティナブルなまちづくりや開発の意識をもった事業者と連携して、福岡のより良いコミュニティづくりに貢献できると嬉しいですね。

(了)
【文・構成:児玉 崇】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月24日 15:35

2020年に創立70周年~岐路に立つ西広NEW!

 6月17日付けで福岡の地場大手広告代理店・西広の筆頭株主が、西日本新聞社から博報堂へと変わり、西広は博報堂の子会社となった西広が、2019年度社友会で18年度の業績...

2019年07月24日 14:31

21日の大雨によるロードサービス救援要請235件~JAF九州本部NEW!

 日本自動車連盟(JAF)九州本部は、大雨の影響による21日のロードサービス要請件数を発表した。

2019年07月24日 11:50

九州北部地方が梅雨明けNEW!

 福岡管区気象台は九州北部地方(山口県を含む)が梅雨明けしたとみられると発表した。

2019年07月24日 11:20

アビスパ、ペドロ・ジュニオール選手との契約を解除NEW!

 アビスパ福岡は7月16日に獲得を発表していたFWペドロ・ジュニオール選手との契約を解除した。正式契約の過程でペドロ・ジュニオール選手に登録上の問題が発生したため。

れいわ新選組の経済政策方針を広く共有しようNEW!

 拙著『25%の人が政治を私物化する国―消費税ゼロ・最低賃金1,500円で日本が変わる―』(詩想社新書)​​​​​​​では、全有権者の25%を占めている「三だけ教」信...

2019年07月24日 09:41

地方議員たちの見た参議院選挙~地方の自民党内では「シラケ」ムード

 与党・自民党が議席を減らすという結果で終わった第24回参議院議員選挙だが、期間中は各党の応援に地方議員たちも奔走、というより「バタバタ」していた。

2019年07月24日 07:00

【交通取締情報】24日、古賀市と福津市で実施

   福岡県警は24日(水)、古賀市と福津市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。なお、予告なく日時、場所の変更、中止をする場合があるという。

ライオンズクラブを本来の姿に─337-A地区の今とこれから─(3)

  独善・独断的な決定プロセス   前回 、2017-2018年度のガバナー選出をめぐる騒動について記したが、以下に顛末を記す。  2014-20...

2019年07月23日 21:15

【ホークス速報】初回からお祭り騒ぎの3者連続ソロHR!乱打戦を制し、祭典初日を勝利~鷹の祭典2019inヤフオクドーム

 福岡ソフトバンクホークスは23日、年に一度の「鷹の祭典inヤフオク!ドーム」(以下、鷹の祭典)初戦で千葉ロッテマリーンズに11-7で勝利した。

2019年07月23日 17:28

伝統の「対応力」で中核事業に~飯塚病院

 麻生グループは、地方財閥起源の企業としては稀有な存在だ。九州勧業・紙与産業は大家業に転じた。安川電機は株式上場して大企業となった。祖業に固執した貝島炭礦は消滅した。...

pagetop