• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月07日 11:03

【BIS論壇N0.283】TPP11とEU・EPAの現状

 NetIB-Newsでは、本年より日本ビジネスインテリジェンス協会会長・中川十郎氏の「BIS論壇」を掲載する。今回は、2019年1月1日付の記事を紹介する。

中川 十郎 氏

 内外多事多難。世界激変の2019年が始まった。米国トランプ大統領はインド太平洋への関与を深めるため、日本など同盟国との関係を強化するほか、各国の防衛力整備などを支援していくことにしたという。トランプ大統領は中国の影響力の拡大に長期的に対抗していくために12月31日に中国に対抗するための新法に署名した。米国は今後5年間、毎年最大15億ドル(日本円で1,650億円)を投じて各国の防衛力の整備などを支援していくとしている。この新たな法律で、トランプ大統領は知的財産権の侵害防止や中国での民主主義や人権の尊重を促進し、印度太平洋地域で影響力を拡大する中国に長期的に対抗していく姿勢を鮮明にしたものと見られている(NHK報道)。よって米中貿易戦争は米中の覇権戦争の様相を呈し、解決には時間がかかると思われる。

 一方、中小企業や農業、食の安全などにも影響を与えるTPP11を安倍政権は6カ国で12月30日に発効させた。日本経済新聞などは「2月1日に発効するEUとの経済連携協定(EPA)も含めると、貿易戦争を繰り広げる米中を横目に世界のGDPの4割強の巨大経済圏が動き出し、TPP11と日欧EPAによる日本のGDPはそれぞれ、約7.8兆円、約5.2兆円、合計13兆円、2.6%増加し、日本の新たな成長エンジンだ」(茂木経済財政・再生相、日経2018年12月30日)と楽観論を振りかざしている。

 TPP成立を支援してきた経団連は中西会長が「TPP11が発効したことは日本政府のリーダーシップと参加国の粘り強い努力の成果だ」と称賛している。(日経12月30日)、

 これも楽観論で、TPP11の日本への悪影響に目を向けない大手企業の一方的な利益を代弁しているのではないか。

 最近ベストセラーとして話題になっている堤未果氏の『日本が売られる』ではTPPでの日本の「水」「医療」「農業」「教育」などへの驚くべき悪影響を詳細に指摘している。郵貯でのアフラックがん保険などの取り扱いなど、TPPの悪影響は枚挙にいとまがないほどだ。この機会に『TPPが日本を壊す』廣宮孝信著(扶桑社新書)、『TPPは国を滅ぼす』小倉正行(宝島社新書)、『TPP黒い条約』中野剛志編(集英社新書)、『TPP亡国論』中野剛志(集英社新書)、『間違いだらけのTPP』~日本は食い物にされる、東谷 暁(朝日新書)、『TPP本当のネライ』板垣英憲(共栄書房)、『よくわかるTPP48のまちがい』鈴木宣弘・木下順子(農文協)、『TPP反対の大義』(農文協)、『TPPと日本の論点』(農文協)など熟読し、楽観論だけでなくTPPの日本に与える悪影響も慎重に熟考されることを希望したい。

 米国は中国が米国の機密情報や知財、技術情報を盗んでいるとしてファーウエイやZTEを糾弾しているが、かつて1980年代には日本が米国の競争相手だとして、1994年の経済スパイ法で日本のバイオ化学研究者を逮捕したり、東芝機械が工作機械をポーランド経由、ロシアに輸出し、COCOM違反だとあらぬ嫌疑をかけて日本たたきを行った。

 一方、自らは米国、英国、豪州、NZ、カナダ5カ国のスパイ組織「エシュロン」で他国の情報を盗聴、盗んでいることは棚にあげている。米国はこれらの矛盾をいかに説明するのか。

<プロフィール>
中川 十郎(なかがわ・ じゅうろう)

鹿児島ラサール高等学校卒。東京外国語大学イタリア学科・国際関係専修課程卒業後、ニチメン(現双日)入社。海外駐在20年。業務本部米州部長補佐、米国ニチメン・ニューヨーク開発担当副社長、愛知学院大学商学部教授、東京経済大学経営学部教授、同大学院教授、国際貿易、ビジネスコミュニケーション論、グローバルマーケティング研究。2006年4月より日本大学国際関係学部講師(国際マーケティング論、国際経営論入門、経営学原論)、2007年4月より日本大学大学院グローバルビジネス研究科講師(競争と情報、テクノロジーインテリジェンス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月14日 17:12

新型コロナウイルス~関東で感染拡大

  【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国(47都道府県)の7月14...

2020年07月14日 16:00

ストラテジーブレティン(256号)~日本を蘇生に導くハイテク大ブーム~米中対決のカギを握る半導体、言わば現代の石油(1)

 米中対決は香港の一国二制度の崩壊で決定的となった。現世界情勢の特徴は「中国の一方的攻勢」であろう。インド国境、南シナ海、東シナ海・尖閣列島では周辺への威圧を強めてい...

2020年07月14日 15:30

「コロナ後の世界経済」~ポスト資本主義の倫理、哲学で世界経済の再構築を(前)

 ポストコロナの時代には、格差拡大を続ける資本主義や、AIやICTを活用したリモートワークなどのオンライン化ではなく、倫理や哲学に立脚した新しい世界経済の再構築を目指...

2020年07月14日 15:05

朴ソウル市長の死去で大きく揺れる韓国社会(後)

 2年ほど前に、韓国の大統領有力候補として名が挙がっていた安照正前忠南道知事の性的暴行事件は、多くの国民に失望とショックを与えた。当時韓国では「Me Too運動」が広...

2020年07月14日 14:41

【8/10~12】上村建設前社長・上村秀敏氏初盆供養

 上村建設(株)は8月10~12日、同社前代表取締役社長・上村秀敏氏の初盆供養を同社の芥屋研修所にて執り行う...

2020年07月14日 13:32

梅の花が下方修正 20年4月期は43.9憶円の赤字に

 (株)梅の花(久留米市)が7月13日、業績予想の修正を発表した...

2020年07月14日 12:00

中国の新車販売が急回復!トヨタは2カ月連続で単月販売台数の過去最高を更新!

 中国自動車工業協会は7月10日、6月の新車販売台数が、前年同月比11.6%増の230万台だったと発表した。新型コロナウイルスによる影響が落ち着き、3カ月連続でプラス...

2020年07月14日 11:30

相次ぐマンションの設計偽装~デベロッパーと行政の「不都合な真実」 仲盛昭二氏 緊急手記(2)

 筆者が所有している別府市のマンション「ラ・ポート別府」でも設計の偽装が明らかになったため、区分所有者として、建築確認を行った大分県および別府市に対し質問書を送付した...

2020年07月14日 11:00

【株主総会血風録1】大戸屋ホールディングス~買収を仕掛けたコロワイドが戦わずして“戦線放棄”の奇々怪々(5)

 なぜ、コロワイドは最初からTOBを仕掛けなかったのだろうか。そしてなぜ、個人株主は株主総会でコロワイドの株主提案に反対票を投じたのだろうか。理由は、はっきりしている...

2020年07月14日 10:32

お仏壇のはせがわ中興の祖・長谷川裕一氏の経営者としての最終的総括(3)多角化のツケが露呈、その結果負の処理は人任せに

 (株)はせがわの業績を、参照してほしい。多角化経営の辻褄が合わなくなり、当時、赤字決算が続出していたことがわかる...

pagetop