• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月07日 15:22

中国の浮上と韓国主力産業の危機(前)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 中国は1978年、疲弊した中国経済を立て直すため、中国共産党全体会議で改革開放政策を採用することになる。

 中国の改革開放政策は、隣国である韓国に、経済的に大きなチャンスをもたらした。それは、統計にも良く表れている。

 2001年から2016年までの間、韓国の貿易黒字額のなかで、対中国の貿易黒字額の割合は、何と98%を占めていた。韓国の企業は中国に部品や原料、中間財などを輸出し、中国はそれを加工または組み立てて、先進国に輸出をしていた。

 世界の工場となった中国経済の成長とともに、韓国経済が大きな恩恵を受けるようになったわけだ。韓国の対中国輸出は、輸出全体の35%を占め、中国は韓国の最も大事な輸出相手国になった。

 韓国と中国は1、2年前まで、このような相互補完的な経済関係だった。ところが、中国経済が急成長を遂げ、力をつけるようになったことで、韓国と中国の従来の相互補完的な関係に変化が起こってきており、両国は補完的な関係から、いろいろな分野で競合する競争的な関係に変わりつつある。
以前は韓国が中国に技術を指導する立場だったが、現在、中国は世界的に通用する技術を多数有している。

 中国は2000年に入って、予想以上の大きな成長を遂げているわけである。2017年度の中国の経済規模は、2000年度に比べ、8倍も大きくなっている。中国経済のこのような量的成長は、中国経済に質的な成長をもたらし、中国は先端分野で米国と覇権を争うようになっただけでなく、韓国の主力産業の大きな脅威にもなりつつある。今回は中国の浮上によって現実化しつつある韓国主要産業の危機について取り上げてみよう。

 造船、鉄鋼などの重厚長大な産業分野における中国の攻勢は激しく、価格の面で韓国は中国より劣勢に立たされていたのは周知の通りである。ところが、中国は最近スマホ、半導体、ディスプレイなどの最先端分野でもその力を伸ばし、韓国経済はこのような分野でも中国と激しく競合することが予測されている。

 たとえば、中国のファーウェイは、世界のスマホ市場で販売台数3位になり、サムスン電子に追いつこうとしている。中国スマホの最大手であるファーウェイは、2億台以上の販売を達成し、前年同期比の販売数量で30%の成長をしたと発表している。ファーウェイの2010年度の販売台数は300万台だったので、ファーウェイはわずか8年で67倍も販売台数を増加させたことになる。

 ファーウェイは今年後半の販売台数で世界1位を目指しているようだ。一方で、サムスン電子は過去5年間ずっと販売台数において3億台以上を維持していたが、今年の販売台数は3億台を下回りそうだ。ファーウェイ、シャオミなど中国スマホメーカーが成長を続けているなかで、サムスン電子は販売が伸び悩み、第3四半期までの販売台数は2億2,200万台にとどまっている。このように世界スマホ市場で中国企業の浮上はサムスン電子のシェアを落としている。ファーウェイ、シャオミ、オッポなど、中国3大スマホメーカーの第3四半期の販売台数は1億1,600万台であったのに対して、サムスンの販売台数は7,230万台に過ぎなかった。サムスンは前年比で13%販売台数が減少しているのに対し、中国メーカーは18%販売が増加している。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

2019年08月18日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(前)

 人手不足が各業界で深刻化するなか、小売を始めとする流通業界もご多分に漏れず同じ様相を呈している。もともと利益幅が薄い小売業界では、労務問題を起因として赤字転落する企...

2019年08月18日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(中)

 6月26日、静岡県沼津市に本拠を置くスルガ銀行の株主総会が大混乱の下で行われた。株主から多数の反対動議が出され、怒号が飛び交う中での「強行採決」だった。そこには、か...

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

2019年08月16日 08:00

【企業研究】老舗百貨店の矜持と覚悟

 創業84年の(株)井筒屋。これまで北九州・小倉を拠点に福岡・大分・山口において店舗展開を行い、九州地場百貨店の代表格としての地位を有していたが、時流とともに栄枯盛衰...

2019年08月16日 07:30

田舎がアニメに「出る」理由~地方の疲弊とアニメ会社の収益改革

 7月28日、所用で唐津に行くと、駅の改札のすぐ近くで「ゾンビ」に遭遇した。といっても、本物ではない。アニメ「ゾンビランドサガ」のキャラクターに扮した同作のファン、い...

pagetop