• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月18日 07:00

映画『人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり』を観て(後)

大さんのシニアリポート第75回

 津端は高蔵寺団地の一角に終の棲家となる土地を購入し、広いキッチンガーデンのある平屋をつくり、妻の英子とここで40年暮らした。映画は90歳の夫(修一)と97歳の妻(英子)、そんなふたりの日常生活を丹念に描き続ける。300坪の土地には畑と手づくりの雑木林。そこに70種類の野菜と50種類の果物をつくり、英子がジャムやおいしい食事に仕立て上げる。スローライフのさきがけをいくふたりの日常は、「ときをためる暮らし」と評判を呼び、多くの女性誌に紹介され、単行本にもなった。

 木造平屋建て30畳の広い家には、玄関がない。庭からいきなり居間に入る。間仕切りもないから、食卓もベッドも丸見えだ。天井がないため頭上は限りなく高く、光を取り込む高窓は手づくりの長い棒を使って開け閉めする。

 かつて師事したアントニン・レーモンドの自邸を模して建てた。丸裸の裏山にクヌギを植え、雑木林とした。「里山の復活」を提唱し続けてきた津端の原風景がここにある。徹底して合理的に造られた高蔵寺ニュータウンの片隅に、すべて手づくりの住居を構え、自然に委ねた生活を送るというのは、いささか皮肉めいている気がした。

 ある日、九州のとある施設から設計の依頼を受ける。津端の理想をふんだんに盛り込んだ、自然のなかに建物がある配置デザインを提案し、絶賛される。しかし、その完成を見ることなく永眠した。亡くなった津端の顔のアップをカメラは延々と写す。「メディアが死を描くことを遠ざけすぎているので、死を見つめることができなくなっている、という思いがあった」とプロデューサーの阿武野勝彦はいう。 

 拙著『親を棄てる子どもたち 新しい「姥捨山」のかたちを求めて』(平凡社新書 平成31年2月15日発売)に、これから必要とされる共同住宅(コミュニティハウス、コーポラティブハウス)のモデルとして、大正末期から昭和初期に建てられた同潤会アパートメントを取り上げた。「同潤会アパートメントの持つ魅力の1つは、共同施設の存在であり、また、モダニズム建築とは異なった装飾性がまだ残る古めかしいデザインにあると思う。この共同施設こそ、すっかり忘れ去ってしまった“一緒に住む”“共同で住む”ということの意味を、我々に問いかけているのである。そしてまた、今日、煩わしいものとして捨て去った共同施設こそ、1人で生きてゆけない人間の弱さを感じさせているようにも思う」と『同潤会に学べ――住まいの思想とそのデザイン』のなかで建築学者・史家の内田清蔵が述べている。またこれらの施設を「人と出会う、食事をする、気晴らしをする、客をもてなす、入浴する、養生する、音楽を楽しむ、子どもたちを遊ばせる……このようなすべてが、同潤会の目からは共同生活の質に欠かせない要素であった」とフランス人建築家マルク・ブルディエはいい、『同潤会アパート原景』で取り上げた理由となった。

 私は、戦後に建てられた公団の狭い集合住宅を「ウサギ小屋」と称して、「狭い故に成長した子どもたちは家を出た。それが“棄老”の原因をつくったひとつ」と書いた。しかし、津端修一や前川國男たちが設計した昭和30年代初頭の公団住宅にも、同潤会アパートメントに込められた「一緒に住む、共同で住む」という理念を掲げた住宅があったのだ。

 最後に、映画のナレーションを担当した樹木希林の言葉を書き添える。「風が吹けば、枯れ葉が落ちる。枯れ葉が落ちれば、土が肥える。土が肥えれば、果実が実る。こつこつ、ゆっくり…」。いつの時代でも、人と自然の調和を無視した暮らしは、人間そのものの存在を否定する。そして家族も国も滅びる。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月16日 15:08

【特別連載】断たれた絆~幻の「浪川会壊滅作戦」の舞台裏(4)

 名誉毀損という軽微な事案で、福岡県警大牟田署はなぜ諸藤壮一氏(有限会社くるまドットコム代表)を逮捕までしたのか。その背景に「幻の浪川会壊滅作戦」があったのでは、とみ...

2019年10月17日 10:45

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(1)NEW!

 関電疑獄は独占(官営)大企業(電力事業・原子力発電事業者)関電における底知れぬ無法経営を露呈してきた。その無法経営を法的側面で支えたのが一群の法務担当職員である。

適切な避難行動実現に浸水リスク明示不可欠NEW!

 木・火・土・金・水を五行という。五行は天(陽)・地(陰)から派生した五種類の作用および法則のこと。世界はこの5つの作用から成り立っているという世界観を表す。

2019年10月17日 10:00

続・鹿児島の歴史(10)~西郷・大久保以後の人物について~NEW!

 西南戦争で多くの有為な人物を失った鹿児島ですが、明治期の人物として森有礼(初代文部大臣)、川路利良(初代警視総監)、五代友厚(初代大阪商工会議所会頭)等がいます。軍...

2019年10月17日 09:52

生まれ変わった「The Okura Tokyo」、テーマは「伝統と革新」NEW!

 2019年9月12日、ホテルオークラ東京 本館は、「The Okura Tokyo(ジ・オークラ・トーキョー)」に生まれ変わった。「和の心で世界をもてなす」という開...

2019年10月17日 09:32

「抗疲労」市場 2020年に12兆円規模に(後)NEW!

 最近は疲れをとる健康食品として、イミダゾールジペプチド、コエンザイムQ10、アスタキサンチンなどのサプリメントも販売されている。日本疲労学会は、特定保健用食品(トク...

2019年10月17日 09:00

「減薬・偽薬」のススメ(後)NEW!

 「偽薬」というものがあることを、2019年10月3日朝日新聞「ひと」欄で初めて知った。文字通り「嘘の薬」である。見かけは直径8ミリの白い錠剤だが、薬効成分は入ってい...

2019年10月17日 07:00

浦江をここ数年で「中国一ゴミのない」県に再生させた政策科学の力!(3)NEW!

 政策科学ですが、「社会における問題の原因を明らかにしたうえで、多様な利害関係者の立場を考慮しながら、最善の解決策を提示する“問題解決型”の学問」と言われています。政...

2019年10月17日 07:00

大戸屋HD、創業家と経営陣のお家騒動が終結~創業者が最も留意すべきは相続税だ!(後)NEW!

 それでは、決定的な対立となったのは何か。ズバリ、相続税の問題である。久実氏が自らの死後に発生する見込みの相続税対策としての功労金問題だ。久実氏が生前の15年3月ごろ...

2019年10月16日 17:58

働き方改革が【匠】を潰す

 ある料理店の料理人が一人前へと成長するための教育プログラムをお教えしよう。皿洗いから始まり、下準備などの雑用、包丁研ぎを経て、調理を行うようになる。包丁研ぎ1つとっ...

pagetop