わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月18日 07:00

映画『人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり』を観て(後)

大さんのシニアリポート第75回

 津端は高蔵寺団地の一角に終の棲家となる土地を購入し、広いキッチンガーデンのある平屋をつくり、妻の英子とここで40年暮らした。映画は90歳の夫(修一)と97歳の妻(英子)、そんなふたりの日常生活を丹念に描き続ける。300坪の土地には畑と手づくりの雑木林。そこに70種類の野菜と50種類の果物をつくり、英子がジャムやおいしい食事に仕立て上げる。スローライフのさきがけをいくふたりの日常は、「ときをためる暮らし」と評判を呼び、多くの女性誌に紹介され、単行本にもなった。

 木造平屋建て30畳の広い家には、玄関がない。庭からいきなり居間に入る。間仕切りもないから、食卓もベッドも丸見えだ。天井がないため頭上は限りなく高く、光を取り込む高窓は手づくりの長い棒を使って開け閉めする。

 かつて師事したアントニン・レーモンドの自邸を模して建てた。丸裸の裏山にクヌギを植え、雑木林とした。「里山の復活」を提唱し続けてきた津端の原風景がここにある。徹底して合理的に造られた高蔵寺ニュータウンの片隅に、すべて手づくりの住居を構え、自然に委ねた生活を送るというのは、いささか皮肉めいている気がした。

 ある日、九州のとある施設から設計の依頼を受ける。津端の理想をふんだんに盛り込んだ、自然のなかに建物がある配置デザインを提案し、絶賛される。しかし、その完成を見ることなく永眠した。亡くなった津端の顔のアップをカメラは延々と写す。「メディアが死を描くことを遠ざけすぎているので、死を見つめることができなくなっている、という思いがあった」とプロデューサーの阿武野勝彦はいう。 

 拙著『親を棄てる子どもたち 新しい「姥捨山」のかたちを求めて』(平凡社新書 平成31年2月15日発売)に、これから必要とされる共同住宅(コミュニティハウス、コーポラティブハウス)のモデルとして、大正末期から昭和初期に建てられた同潤会アパートメントを取り上げた。「同潤会アパートメントの持つ魅力の1つは、共同施設の存在であり、また、モダニズム建築とは異なった装飾性がまだ残る古めかしいデザインにあると思う。この共同施設こそ、すっかり忘れ去ってしまった“一緒に住む”“共同で住む”ということの意味を、我々に問いかけているのである。そしてまた、今日、煩わしいものとして捨て去った共同施設こそ、1人で生きてゆけない人間の弱さを感じさせているようにも思う」と『同潤会に学べ――住まいの思想とそのデザイン』のなかで建築学者・史家の内田清蔵が述べている。またこれらの施設を「人と出会う、食事をする、気晴らしをする、客をもてなす、入浴する、養生する、音楽を楽しむ、子どもたちを遊ばせる……このようなすべてが、同潤会の目からは共同生活の質に欠かせない要素であった」とフランス人建築家マルク・ブルディエはいい、『同潤会アパート原景』で取り上げた理由となった。

 私は、戦後に建てられた公団の狭い集合住宅を「ウサギ小屋」と称して、「狭い故に成長した子どもたちは家を出た。それが“棄老”の原因をつくったひとつ」と書いた。しかし、津端修一や前川國男たちが設計した昭和30年代初頭の公団住宅にも、同潤会アパートメントに込められた「一緒に住む、共同で住む」という理念を掲げた住宅があったのだ。

 最後に、映画のナレーションを担当した樹木希林の言葉を書き添える。「風が吹けば、枯れ葉が落ちる。枯れ葉が落ちれば、土が肥える。土が肥えれば、果実が実る。こつこつ、ゆっくり…」。いつの時代でも、人と自然の調和を無視した暮らしは、人間そのものの存在を否定する。そして家族も国も滅びる。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月26日 13:57

山本太郎氏が都知事選擁立を「一切聞いてない」、長妻発言に敬意と警戒

 立憲民主党の長妻昭選対委員長が7月5日投開票の東京都知事選にれいわ新選組の山本太郎代表を野党統一候補として擁立する可能性に言及したことについて、山本氏は24日、「そ...

2020年01月26日 07:00

フットワークの良さを武器に100周年を目指す老舗企業

 福岡地区で老舗として知られる博多電設工業(株)は、1936年11月に西嶋要次郎氏が西嶋電気商会として創業した電気工事業者である。54年1月に(有)博多電設鉱業所とし...

2020年01月26日 07:00

福岡の街づくりに青春を全力投入されたら如何ですか

  福岡では天神再開発、博多周辺開発で中心部の街づくりが進行している。博多の街は1587年に豊臣秀吉による区割りで現在の基盤が形成された。そして第二次世界大戦で度重な...

2020年01月26日 07:00

お客さまの健康を第一に考え『最善主義』を貫く健康食品業者

 東京製薬(株)は2016年11月に設立された医薬品および健康食品の製造販売業者。代表取締役社長を務める森本匡豊氏は薬剤師の資格をもち、主に高齢者を対象に、古くから生...

2020年01月25日 15:56

「メイト黒崎」が自己破産~負債総額約25億円

 北九州市の商業施設「クロサキメイト」(北九州市八幡東区)を運営する「株式会社メイト黒崎」は、下資料の通り、1月24日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請し、同日付で保...

2020年01月25日 07:30

国内中核港をより進化させ地域活性化に挑む

 博多ふ頭(株)は、1993年4月に設立された港湾企業である。福岡市が51%、地元の海運会社など港湾業界関係企業が49%出資した第3セクターである。“管理型から経営型...

2020年01月25日 07:00

企画・開発・販売、そして管理まで 高価値マンションの提供により安定成長を実現

 競合他社を見るのではなく、常に顧客を見る。そうしたスタンスで実に手堅いビジネスを繰り広げているのが(株)ネストだ。2007年の「ネストピア大濠公園」を手始めに、現在...

2020年01月25日 07:00

マンションベースにさまざまな建物を企画 運用では新サービスにも挑戦

 2012年3月の設立から投資マンション「モダンパラッツォ」を供給してきた(株)モダンプロジェ。設立からわずか7年半にも関わらず、10月末時点で100棟(木造含む)の...

2020年01月24日 18:00

【検証】「ゴーン国外脱出」~ゴーン効果

 日本の刑事司法の違法性・犯罪性が外国からの情報によって次々に世界に発信され始めた。日本国民はいつも最後に真実を知らされる破目になっている。

2020年01月24日 17:13

東京・有楽町のランドマーク「東宝ツインタワービル」が解体へ

 東京都千代田区有楽町にある「東宝ツインタワービル」が、建替えにともなう解体工事に着工したことがわかった。 同ビルは1969年5月開業。屋上に見える2基の屋上広告塔...

pagetop