• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月19日 07:03

創業の心を伝承、地場建設業として福岡の発展に貢献する(後) 時代を紡ぐ企業110社 

照栄建設 (株)

次世代の人材育成に向けて

リバレイン(福岡県糸島市)

 これまで以上に高い志で挑む同社にとって大切なことは、人材育成と次世代の人材の確保である。どの企業、業界も『人ありき』であり、とくに同社は人材への物心両面への投資を積極的に推進している。単なる就業条件だけでなく、社内コミュニケーションや教育面でのサポート、そして社内の現況を余すことなく開示し、相互理解を深めることである。

 「現在、社員は110名です。おかげさまで、社員の離職率は1%台です。離職する社員は、ほとんどいません。ちなみに女性の離職はゼロです。平均勤務年数が19年と比較的長く、20年以上勤務している人の割合は49・5%です。平均年齢は40歳で、20代〜30代が半数近くを占める構成です。在籍する社員の年齢も業界平均と比べて若い部類に入るのではないでしょうか」(冨永代表)と優れた人材マネジメントが行われている。

カーサ ディ ステラ(福岡市博多区)

 同社を訪問すると、社員一同が明るく、朗らかな雰囲気で仕事を進めている。それぞれの持ち味が発揮できる風土が醸成され、「みんなでつくり上げよう」とする気運で、各人がきめ細かなコミュニケーションをとって連携を図っている。

 「お客さま満足度をより高めよう」というベクトルで皆が常に一致していることが、社員が同社で長く仕事を続けられる要因の1つである。そして、同社独自の経営ハンドブックを作成し、社員全員で共有する。社員の評価を明確化・具体化し、仕事の心得など、仕事に取り組むためのガイドラインを明示している。そのガイドラインに沿った公明正大な人事考課を実践していることもつけ加えておく。

 次世代の人材確保においても同様で、仕事のやりがいを中心に新卒の学生との対話に臨む。「給与・賞与や休日など条件面についての話は一切しません。また、これまで弊社が手がけてきた工事実績の話もしません。さらに表面上の業績のことも言いません。それらを重視する学生たちは、大手志向が強く、そちらに進んだ方が良いでしょう。100億円台の事業規模の弊社が、業界大手に工事規模で勝ることはありません。私が大切にしているのはお互いが幸せになれるかどうかです」(冨永代表)と新卒採用について語る。

 「もちろん新卒の学生は、弊社のことを何も知らずに来られます。よって表面上だけの話をしても、お互いのことを理解できません。つまり、より現実に近いケースで対話を行うのです」(冨永代表)。

 たとえば前述した業績については、より深く、わかりやすく細かい数字を話す。売上高、利益、損益分岐点などを交えながら、その数字の詳細についてじっくり説明する。また、仕事のやりがいと厳しい現実の話などをすべてオープンにしたうえで語りかける。学生からの質問にも具体的に回答し、「照栄建設に入社して幸せになれるのか」を判断してもらっている。冨永代表が新卒採用に関わって以降、毎期5名の新卒者が入社している。この間の内定辞退者は「ゼロです」(冨永代表)とのこと。

 昨今の新卒候補者については、「スマートフォンの普及によってそれに依存する傾向が強まっています。その影響でコミュニケーション能力が低下している感が否めません。その時流は、我々には止めることができません。しかし建設業は、どの業界よりも人間的な色合いが濃い産業です。社内の人間やお客さまとの関係づくり。そして専門工事を行う職人さんとの対話。職人さんをいかに生かして、良い仕事をするかが求められます。新人が弊社で一人前になれるように、モチベーションと意欲を高め続けていけるよう教育をしていくことがリーダーの責任です」(冨永代表)。

 今後、ますます少子高齢化が進行する我が国。どの企業もそれに応じた事業構築を行っていくことが肝要だ。同社は、これからの時代の流れに即したマネジメントを実行するために、「人を集める」ことから「人が集う」風土へ進化させている。それは、新たな人材候補、社員、そして顧客を始めとしたステークホルダー全員が対象で、その企業風土をベースに福岡の街の発展に寄与していく。

(了)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:冨永 一幹
所在地:福岡市南区向新町2-5-16
設 立:1972年6月
資本金:7,000万円
TEL:092-566-1249
URL:http://www.shoei-k.com

<プロフィール>
冨永 一幹(とみなが・かずもと)

 1969年6月14日生まれ。福岡県春日市出身。福岡大学大学院人文科学研究科教育臨床心理学専攻修士課程修了。2005年4月に照栄建設(株)入社。07年7月取締役社長室長、16年4月総務部長を経て17年8月1日に代表取締役社長に就任。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月19日 17:53

対立軸は「金権主義者」と「社会を大事にする人たち」!

  原発ゼロ自然エネルギー推進連盟会長 吉原 毅氏  2月12日(水)、午後6時45分から9時まで、神宮前「東京ウィメンズプラザ」において「グローバル...

2019年02月19日 17:08

「懲りない」非常電源の点検普及団体 消防庁指摘もいまだ続く「不適切表現」

   非常用発電機の消防点検啓発活動を行う「(一社)日本発電機負荷試験協会」(JLA)(本部:東京都中央区、長坂五郎代表)の加盟企業が、営業目的で建物オーナーに配布し...

2019年02月19日 15:42

伊藤産業がアンパンマンバッグを国内でつくる理由~在庫を抱えず職人を大切にした安定経営

  9割以上の商品を国内工場で製造  テレビ番組がスタートしてから30年以上になる大人気キャラクター「アンパンマン」。ボイス情報(株)のライセンスキャラク...

2019年02月19日 14:19

『脊振の自然に魅せられて』雪原に動物の足跡を見る

   新雪が降り積もった日に脊振の登山道を歩いていると、さまざまな動物たちの足跡を見かける時があります。  動物の種類によって足跡のかたちが違いますが、その...

2019年02月19日 14:02

アダル・武野重美会長の成功の秘訣~ピンチにこそ閃きが湧く

  福岡市で家具製造販売を展開するアダルが中国・上海に進出したのは1996年のこと。アダル・武野会長のこれまでの歩みを振り返る。 1990...

2019年02月19日 14:02

よく考えて行動し連帯すれば世界は変わる

   NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は経済政策の基本路線刷新が必要だと訴えた2月19日付の記事を紹介す...

2019年02月19日 12:24

国交省、排ガス規制強化を20年12月より適用

   国交省は2月15日、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示などの改正を行い、ガソリン直噴車と二輪車などの排出ガス規制を強化すると発表した。  主な...

2019年02月19日 12:12

国セン、ラグビーワールドカップのチケット購入トラブル多発で注意喚起

   (独)国民生活センターは7日、2019年9月20日~11月2日に開催予定の「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」(以下RWC2019日本大会...

2019年02月19日 11:58

福岡県の治安概況~飲酒運転の撲滅が課題

   福岡県警察(以下、福岡県警)は、ホームページ上で「平成30年中の治安概況」を公表している。福岡県警が三大重点目標として掲げる「暴力団の壊滅」「飲酒運転の撲滅」「...

2019年02月19日 11:28

『親を棄てる子どもたち ―新しい「姨棄山」のかたちを求めて』の意味するところ(前)

  大さんのシニアリポート第76回 『親を棄てる子どもたち 新しい「姥捨山」のかたちを求めて』(平凡社新書)をようやく上梓することができた。書き始めて...

pagetop