• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月29日 07:04

新冷戦・米中覇権争い 文明論から見た米中対決(6)

福岡大学 名誉教授 大嶋 仁 氏

道教思想という強み

 このように見てくると、アメリカの地位はますます揺らぎのないもののように見え、一方の中国は覇権主義から後退せざるを得ないように思われてくる。では、そういう中国に、はたして未来はないのだろうか。言い換えれば、中国にはアメリカにない強みはないのか。私の考えでは、ある。道教的発想がそれである。中国の最大な強みは、その思想的伝統にあるのだ。

 多くの人が中国は儒教を生み、それが国民の道徳を規定してきたと思っている。しかし、実際に国民の心を支えてきたのは道教だ。すなわち、中国には儒教という外面的道徳があり、それが政治の理念につながる一方で、人々の内面は道教が支えている。この二面性があるところに、アメリカにはない強みがあるのだ。言い換えれば、アメリカの弱みはイデオロギーが一枚岩的であることだ。中国は、儒教でうまくいかなければ道教という奥の手をもつのに、アメリカにはそれがない。

 残念なのは、現在の中国上層部が道教思想の伝統をすっかり忘れていることである。中国の政治家が道教的伝統に目覚めることがあるならば、覇権争いなどをするかわりに、アメリカの政治家を老子的に揶揄することも容易にできるはずなのだ。

 道教思想を代表するのは老子である。出来上がった価値観をひっくり返し、人間をより自然な状態に戻すことを目指した彼の思想は、深く中国人に浸透している。そのことがあるため、中国人は何が起こっても生きていけるのだ。つまり、老子の思想が中国の救いである。

 なのに、「現代化」によって欲望に目覚め、その欲望の拡大を維持すべく権力機構を強め、経済の発展に猛進するのが現代中国である。日本も経験した近代化のもたらす悲劇の前兆がそこにある。道教の世界観に目覚めない限り、この悲劇は避けられない。

 むろん、道教は本質的にアナーキー(=無政府主義的)なので、国家権力にとっては受け入れがたい。それゆえ、人々の思考からこれを遠ざけようとする工夫が中国では国家的になされている。しかしながら、紀元前から道教を知る中国人がそうした政府のやり方に簡単に動かされるとはどうみても思えない。中国の強みは、その政府にはなく、民にある。

課題は「中華思想」からの脱却

 ところで、中国の問題は日本の問題である。日本は近代西欧文明の受容を通じて自己変革し、その結果、西欧との対決を決意し、帝国主義戦争に突入し、それに敗北した。これを言い換えれば、自らの伝統を否定することで西欧化した結果、自己内部の矛盾を拡大し、それを解消すべく、戦争行為に至ったということである。戦争とは、その場合、自己の現実の否定であり、他者の抹消とともに自己をも葬り去ることであった。他殺と自殺を集団的に行おうとしたのである。

 このような経験をした日本であればこそ、中国で何が起こっているのか、少しはわかる。すなわち、中国政府は明治政府がそうであったように、欧米に自尊心を傷つけられている。そして、その屈辱感を払しょくするために、なんとしてでも欧米の上に立たねばならないと信じ、必死に頑張っているのだ。もちろんそれは現代中国の力の源泉なのだが、その行く先は決して明るくない。そういうもがきは、結局のところ、破局を招く。日本近代の歴史を振り返れば、わかるではないか。

 中華思想の浸透する国では、どうあっても自らが「中華」であることを世界に示さねばならない。ところが、この感情こそが命取りとなるのである。私に中国への提言があるとすれば、それである。「中華思想」はがん細胞なのだ。これを除去することができれば、中国は長く生き延びることができるのである。そして、道教の伝統を自らのうちに生かすこと。そうすれば、中国は周辺をも明るくし、欧米にも歯止めをかける力をもつことができよう。

 中国が共産主義革命を実現したとき、それは世界に希望をもたらした。なぜなら、毛沢東はマルクス主義と中国伝来の農民思想に溶け込んだ道教思想を融合させたからだ。ところが、同じ毛沢東はひとたび権力者になると、自らの思想的立場を葬り去った。文化大革命と呼ばれるものがそれで、そこから中国はおかしくなり始めたのである。途中、鄧小平が登場し、ある程度の自己修正ができたが、これも長くは続かなかった。政治体制の固定化によって、権力が極端に1カ所に集中する傾向はますます強くなり、現在に至っている。

 中国は広大な国で、そこには多種多様の人間がいる。この多様性こそは中国の財産なのである。なのに、それを否定するような民心管理の政治を続ければ、自らの長所がなくなってしまう。人は「中国をまとめるには強力な権力機構が必要だ」というが、これからの中国はもう一段階上のシステムを考え出さねばならない。それにたどり着けるかどうかが、この国の明暗を分ける。

(了)
【大嶋 仁】

<プロフィール>
大嶋 仁 (おおしま・ひとし)

1948年鎌倉市生まれ。日本の比較文学者、福岡大学名誉教授。 75年東京大学文学部倫理学科卒業。80年同大学院比較文学比較文化博士課程単位取得満期退学。静岡大学講師、バルセロナ、リマ、ブエノスアイレス、パリの教壇に立った後、95年福岡大学人文学部教授に就任、2016年に退職し、名誉教授に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月15日 16:00

【特別レポート】九電工関係者による傷害致死事件の真相を探る(4/完結編)~開成→東大卒弁護士による不自然な勾留理由開示請求

  昨年9月、長崎県五島列島の北端に浮かぶ小さな島で起きた傷害致死事件。加害者とされる男性が自首したにもかかわらずなぜかすぐに釈放され、いくつも不明な点が残され...

2019年02月16日 07:05

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(後)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏 各事業の取り組み  ―19年の事業展望について。アグリ事業では多数雇用...

2019年02月16日 07:02

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(3)

  中国が取り得る3つの戦略  それでは、今回の米中貿易戦争の真の狙いはどこにあるだろうか。中国はこのペースで行くと、2020年の中盤ごろアメリカを抜いて...

2019年02月15日 18:11

元オネエ系タレントの振付師K・Bの弟も~中洲のクラブ経営者、脱税容疑で逮捕

   福岡地検特別刑事部は2月14日、所得税法違反(脱税)の疑いで、飲食店経営者椛島(かばしま)譲治(48)、竹田一郎(48)、井上貴博(41)、植村勲(39)、中...

2019年02月15日 17:56

わらび座「北前ザンブリコ」みどころ(1)

  ■劇団わらび座ミュージカル「北前ザンブリコ」 <開催日時> 2019年3月5日(火) 18:30~(開場18:00) &...

2019年02月15日 17:51

シノケン18年12月期は増収減益 市況悪化で今期は抑制予想

   15日、シノケングループが2018年12月期(連結)の決算発表を行った。同期の売上高は1,113億円(前期比5.1%増)、営業利益は118億円(8.3%減)、経...

2019年02月15日 16:06

石油から水へ:新たな富を生む『水力(ウォーター・パワー)』(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年02月15日 15:43

「はかた一番どり」のあらい、古賀市ふるさと返礼品で賞味期限切れ品を誤発送~昨年11月には宗像市の返礼品でも誤発送

   古賀市役所は14日、同市のふるさと納税返礼品を取り扱う株式会社あらいが、賞味期限切れの鶏がらスープを含む返礼品「水炊きセット和(なごみ)」5セットを発送してい...

2019年02月15日 15:25

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(前)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏  北九州市の小さな電気店「シンチデンキ」からスタートし、太陽光発電マンションか...

2019年02月15日 15:09

越後薬草の塚田久志社長が死去

   越後薬草(株)(本社:新潟県上越市)代表取締役社長・塚田久志氏が2月13日に死去した。65歳だった。  同氏は1976年に新潟県糸魚川市筒石で同社を...

pagetop