• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月25日 10:58

新生SECCON~国際大会で第1位-第3位を日本勢が独占!(前)  

 SECCON実行委員長 花田智洋氏

東京オリンピックを来年に控え、今サイバー攻撃に備える国や企業の演習が活発化している。世界の注目を集めたロンドンオリンピックでは政治的な示威活動として、ハッカー集団のサイバー攻撃が2億回を数えた。東京オリンピックでは、その10倍を超えるといわれる。高度な技術をもつ日本は技術への依存度が高い分、狙われやすいからである。
昨年末の12月22日(土)・23日(日)の2日間、秋葉原UDX2Fのコンベンションホールにおいて、日本最大規模のセキュリティコンテストイベント「SECCON2018」(主催:SECCON実行委員会/(特非)日本ネットワークセキュリティ協会)が開催され、そのなかで行われたSECCON CTF 2018 国際大会で、日本勢が大会史上初めて第1位-第3位を独占した。今大会からSECCON実行委員長に就任した花田智洋氏に大会の総括、今後の展望を聞いた。

カンファレンスやワークショップなどの規模を大幅に拡大

 ――お疲れさまでした。今大会は開催地の変更など従来と異なる点が複数ありました。まずは、全体総括(閉幕後の感想)をしていただけますか。

SECCON実行委員長・花田智洋氏

 花田智洋氏(以下、花田) 今回の「SECCON2018」で最も注目すべき変更点は、開催場所と開催日時が変わったことです。まず開催場所ですが、秋葉原の「秋葉原コンベンションホール」&「AKIBA SQUARE」に変更しました。そのおかげで、これまでよりも、イベント内容(カンファレンスやワークショップ、ハンズオン、展示など)の規模を大幅に拡大することができました。また、従来、CTF(旗取り合戦Capture The Flagの略:セキュリティ技術を争うコンテストの総称でIT技術に関する総合的な問題解決力を磨く上での最適な競技とされる)の国際大会と国内大会は日を分けて行っていましたが、スペースが拡大したおかげで同時開催できました。

 2日間を通じて、約1,000名の方にご来場いただきました。昨年が約650名だったので、約350名増えた計算になります。SECCONは従来、マスコミ報道などを通じて、CTFのイメージだけが目立ちました。しかし、今回は親子で参加できる企画・プログラムやものづくりをする企画など、より多くの方々にSECCONを気軽に楽しんでもらえる内容にしました。ご来場いただいた皆さまには、見たり聴いたりするだけでなく、実際につくったり、手を動かすことで、さまざまな体験をしていただけたのではないかと思っています。

2月1日-3月18日は「サイバーセキュリティ月間」

 ――場所に続いて、開催時期も変更されました。これはどのような理由によりますか。

花田 従来は主に年をまたいで2月に開催しておりました。今回は12月と大きく繰り上がりました。これには2つの理由があります。まずは参加者側の理由です。学生の期末試験、社会人の年度末、海外の旧正月など忙しく、参加しづらい時期を避けたのです。

 もう1つは運営側の理由です。政府は2月1日~3月18日を、重点的かつ効果的にサイバーセキュリティに対する取り組みを推進する「サイバーセキュリティ月間」としています。 

 そこで、この間はサイバーセキュリティに関するイベントが目白押しで、SECCONスタッフやタレント陣の確保が従来からネックになっていました。今回は12月に変更したため、多彩なタレント陣に登壇いただくことができました。

 会場確保の観点でやむを得なかったのですが、閉幕日の翌日がクリスマスというスケジュールだったので、欲をいうと、もう少しだけ前倒しできればよかったと感じています。また、12月にCTF決勝大会を繰り上げた影響で、決勝進出選抜のオンライン予選を10月に実施することになりました。そのため、ちょうどオンライン予選期間中に、本戦が行われた「Google CTF」と重なってしまい、常連の海外強豪から「スケジュールを何とかずらすことができないか」という問い合わせを受ける一幕もありました。スケジュール調整は今後の課題です。

「楽しかった」「充実していた」「また一緒に」という声

 全体総括としては、実行委員をはじめ関係者の皆さまの尽力・協力をもって、多くの新たな取り組みもありながら、大きなトラブルもなく、大役をはたすことができ、正直“ほっと”しています。課題は多々ありますが、参加してくれた多くの方に「楽しかった」「充実していた」と言っていただき、ご協力をいただいたタレント陣の皆さまからも「また、ぜひ一緒にやりましょう」と言ってもらえたことを何よりも嬉しく思っています。

(つづく)
 【金木 亮憲】

<プロフィール>
花田 智洋(はなだ・ともひろ)

千葉県生まれ。大学院卒業後、大手ITベンダーに勤務し、銀行基幹系システムの開発にプロジェクトマネージャーとして携わる。かたわら、本業以外の活動として九州で情報セキュリティコミュニティを立ち上げ、『ばりかた勉強会』やイベントなどを主催。2017年からは国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の主任研究技術員として、ナショナルサイバートレーニングセンター3大事業のCYDER,SecHack365, CYBER COLOSSEOなどに携わる。2018年3月SECCON実行委員長に就任。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月26日 17:41

久山温泉を飯塚市の土木工事業者が取得

 昨年6月末に閉館したTKPレクトーレ博多 久山温泉の土地建物が、売却されていたことがわかった...

2021年01月26日 17:09

ブッシュパイロットを目指し、クラウドファンディングで支援呼びかけ~インドネシアで人助けを

 オーストラリア出身で、10歳から福岡県柳川市で過ごした藤木キアさん(20歳)。キアさんは現在、インドネシアのジャングルに住む人々に食料や医薬品を運ぶため、ブッシュパ...

2021年01月26日 16:45

政府債務論のコペルニクス旋回、日本は反省せよ~イエレン・パウエル連携は強力な株式支援に(1)

 NetIB‐Newsでは、(株)武者リサーチの「ストラテジーブレティン」を掲載していく。 今回は2021年1月25日付の記事を紹介...

2021年01月26日 16:28

『脊振の自然に魅せられて』大雪の脊振山へ(前)

 1月7日から3日間、日本全土に寒波が襲来して福岡市の道路も積雪に見舞われ、タイヤにチェーンを巻いて走るバスや車を見かけた。筆者の住むマンションの敷地にも積雪があり、...

2021年01月26日 16:04

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(2)

 折口雅博氏は、少年工科学校から防衛大学校に進学した。防衛大学に進学できるのは、せいぜい400人中10人前後。消灯後に、教官に見つからないように毛布にくるまりながら受...

2021年01月26日 15:37

【3/2】商工会議所オンライン講演会「コロナ禍での感動のおもてなし」

 福岡商工会議所情報・文化・サービス部会は3月2日、Withコロナ、Afterコロナ時代に必要とされる部会事業の一環として、「福商おもてなしコンクール」の発案者でもあ...

2021年01月26日 15:14

【福岡県に緊急事態宣言】(15)緊急事態宣言と飲食店主・現場の声(1)

 政府が緊急事態宣言を発出して2週間以上が経過した。新型コロナウイルス感染症の鎮静化の動きが不透明ななか、同宣言により悪影響が直撃しているのが、飲食店である。業界大手...

2021年01月26日 14:45

【政権崩壊序章】北海道2区補選で自民候補擁立を断念 「スガーリン」の姑息なねらいが見え見え

 菅政権(首相)は、1月15日に収賄罪で在宅起訴された吉川貴盛・元農水大臣(北海道2区)の汚職事件の早期幕引きに躍起だ。疑惑発覚後に吉川氏はすぐに入院、説明責任をまっ...

2021年01月26日 14:05

【企業研究】「凋落するメディア事業」〜西日本新聞社

 ブロック誌の雄として九州地区に君臨してきた(株)西日本新聞社だが、近年の業績は下降推移だ。20年3月期では本業の新聞発行を中心としたメディア関連事業で営業赤字に転落...

2021年01月26日 13:58

【特別インタビュー】再分配機能の強化で貧困をなくす コロナ禍で「小さな政府」は終焉(中)

 『安倍政権において経済が順調だという印象になったのは、株価が高かったからだと思います。しかし、それは官製相場で無理やりつり上げてる部分がありますし、株価と連動して景...

pagetop