• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月29日 13:58

AI問診票で病院の待ち時間を短縮~AIによる病名予測まで

医師の残業理由の第1位は「カルテなどの書類作成」

 近年、医療業界における「過労」問題が注目されるようになった。2018年版の過労死等対策白書によると、月の残業時間が80時間を超える勤務医がいる病院は20.4%、100時間を超える勤務医がいる病院は12.3%だ。医師の残業が発生する理由としては、第1位に「診断書やカルテなどの書類作成」57.1%が挙げられる。

 「ヘルスケアIT2019」展(1月23~24日/UBMジャパン主催)でもこの問題は注目を集め、医師の長時間勤務を解決する方法として、医師の業務分担やテクノロジーの活用が提案された。

 Ubie(株)共同代表取締役で医師の阿部吉倫氏の講演によると、人工知能(AI)を使った問診票の活用で、医師業務の負担を減らす効果があるという。

AIを用いたタブレットの問診票で、初診のカルテ記入時間を短縮

 AI問診票の「AI問診Ubie」は、患者がこれまで紙の問診票に記入していた症状や健康状態などを、タブレットの画面をタッチ入力して問診を受ける仕組みだ。Ubieの阿部氏とエンジニアの久保氏は共同でAIを用いた病名を予測する方法(アルゴリズム)を開発し、実用化した。患者の年齢や性別や症状などを基にAIが可能性のある病気と関連する質問を作成し、1人ひとりの回答を受けて自動的に質問が表示される。通常の初診の診察では、紙の問診票を使って待合室で事前問診を行い、診察室で口頭問診を行い、電子カルテ入力に入力する。Ubieでは患者がタブレットで入力した症状などの情報をコピーして電子カルテを作成することで、初診のカルテ入力時間を短縮することができるという。

問診時間が約3分の1になるという結果も

 AI問診Ubieを導入している東京都江戸川区の目々澤醫院では、これまでの紙の問診と診察室での医師の問診にかかる時間を、約3分の1に短縮した。厚生労働省の2017年受療行動調査によると、病院での診察までの待ち時間は「30分以上」が50%以上を占める。問診時間の短縮によって患者の待ち時間を減らし、初診時の電子カルテ記入の作業負担を減らすことができれば、患者と向き合ってヒアリングする時間を長くとることもでき、医療の質の向上が期待される。当然、医師の残業時間を減らすという効果もある。

気になる症状を医学的に解釈し、AIが病名を予測する

 AI問診Ubieの実用化にあたっての課題は、普段タブレットをあまり使用しない患者にも使いやすくわかりやすい画面にすることだったという。たとえば、患者が医師に症状を伝えるところにも工夫がある。頭が「ズキンズキン」と痛むという感覚的な言葉を医学的に解釈し、「頭痛」などの症状に置き換えることだ。そして医師側の画面では、患者がタブレットで入力した問診結果とともにAIが可能性のある病名を予測した参考病名リストが表示される。そのためAI問診票を取り入れることで、電子カルテの記入作業量が半分程度になるという。

総合受付での患者の科の振り分けにも活用

 現在、AI問診Ubieは70件以上の病院やクリニックで利用されている。日本海総合病院では、Ubieを問診票の記入のほかに、総合受付で患者の各科への振り分けにも利用している。「この症状の場合にはこの診療科」とAIが学習し、振り分ける仕組みだ。現在、病院の紹介状をスキャンして自動で取り込みができるシステムを研究開発中だという。

<プロフィール>
石井 ゆかり

みどりの宇宙(株) 経営コンサルタント。筑波大学卒業。京都大学農学研究科修士課程修了。ヘルスケア関連メーカーに勤務後、人の健康と企業の発展に貢献したいという想いから、経営コンサルタントとして中小企業の経営支援を行っている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月15日 16:00

【特別レポート】九電工関係者による傷害致死事件の真相を探る(4/完結編)~開成→東大卒弁護士による不自然な勾留理由開示請求

  昨年9月、長崎県五島列島の北端に浮かぶ小さな島で起きた傷害致死事件。加害者とされる男性が自首したにもかかわらずなぜかすぐに釈放され、いくつも不明な点が残され...

2019年02月16日 07:05

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(後)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏 各事業の取り組み  ―19年の事業展望について。アグリ事業では多数雇用...

2019年02月16日 07:02

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(3)

  中国が取り得る3つの戦略  それでは、今回の米中貿易戦争の真の狙いはどこにあるだろうか。中国はこのペースで行くと、2020年の中盤ごろアメリカを抜いて...

2019年02月15日 18:11

元オネエ系タレントの振付師K・Bの弟も~中洲のクラブ経営者、脱税容疑で逮捕

   福岡地検特別刑事部は2月14日、所得税法違反(脱税)の疑いで、飲食店経営者椛島(かばしま)譲治(48)、竹田一郎(48)、井上貴博(41)、植村勲(39)、中...

2019年02月15日 17:56

わらび座「北前ザンブリコ」みどころ(1)

  ■劇団わらび座ミュージカル「北前ザンブリコ」 <開催日時> 2019年3月5日(火) 18:30~(開場18:00) &...

2019年02月15日 17:51

シノケン18年12月期は増収減益 市況悪化で今期は抑制予想

   15日、シノケングループが2018年12月期(連結)の決算発表を行った。同期の売上高は1,113億円(前期比5.1%増)、営業利益は118億円(8.3%減)、経...

2019年02月15日 16:06

石油から水へ:新たな富を生む『水力(ウォーター・パワー)』(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年02月15日 15:43

「はかた一番どり」のあらい、古賀市ふるさと返礼品で賞味期限切れ品を誤発送~昨年11月には宗像市の返礼品でも誤発送

   古賀市役所は14日、同市のふるさと納税返礼品を取り扱う株式会社あらいが、賞味期限切れの鶏がらスープを含む返礼品「水炊きセット和(なごみ)」5セットを発送してい...

2019年02月15日 15:25

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(前)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏  北九州市の小さな電気店「シンチデンキ」からスタートし、太陽光発電マンションか...

2019年02月15日 15:09

越後薬草の塚田久志社長が死去

   越後薬草(株)(本社:新潟県上越市)代表取締役社長・塚田久志氏が2月13日に死去した。65歳だった。  同氏は1976年に新潟県糸魚川市筒石で同社を...

pagetop