• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月07日 07:01

同じ成功体験を続けない 進化を続けるホスピタリティ(後)

カトープレジャーグループ 代表取締役兼CEO 加藤 友康 氏

常に挑戦を続ける

 ―日本では今後、ラグビーW杯、オリンピックをはじめビッグイベントが続きます。その影響をどのように事業に反映させていきますか。
 加藤 エリアにもよりますが、インバウンドの方々の数は、とくに都市において飛躍的に増加しています。関西でも街全体が変わっている所がいくつもあり、そのパワーのすさまじさを感じており、中期的に安定させていけば、新たなマーケットの創造はできると思っています。

 2025年に開催される大阪万博で、私は、経産省のお手伝いをさせていただいており、開催にあたっては『府民参加型』の万博にしていただきたいと思っています。関西は、やはり中小零細企業の街であり、若い方々がトレンドをつくる街です。そういった方々が自分の街で万博が行われる意味を啓蒙していくには、全員が参加することが非常に大切です。たくさんの人たちが楽しい、得する、参加したいと思うイベントでなくてはなりません。

 交通の便や立地を考えて夢洲に決まったことも大切なポイントです。良い感じでIRの誘致活動もできていると思います。オリンピックや万博を契機として、経済が発展していく取り組みを行っていかなければなりませんね。

 ―「i+Land nagasaki」に登場した、日本初上陸のカナダ発体験型マルチメディア・ナイトウォーク「ISLAND LUMINA」(アイランド ルミナ)など、新しいものを次々とプロデュースされていることに驚いています。
 加藤 根幹にあるのは『同じ成功体験を続けない』ということです。私たちは、「トータル的なレジャーをプロデュースする会社である」ということを根本に置き、同じブランドでもブラッシュアップして違うものをつくり上げていくことがグループの売り物であると考えています。そうしたことから、国内外にアンテナを張り、ネットワークを生かし、日本にないブランドや、日本にあっても新たなチャレンジをするブランドを引き出しとしてもっております。

 たとえば、日本生命さまからのご依頼で、ミシュランガイドで1つ星を獲得し、イタリアで最も権威のあるレストランガイド「ガンベロロッソ」で最高評価を2年連続受賞したシェフ、ハインツ・ベック氏のレストラン「HEINZ BECK」を運営しております。また、スペイン国王からも絶大な信頼を得ている老舗レストランを運営する「ホセルイス」の日本法人ホセルイス・ジャパンさまと業務提携契約を締結いたしました。各店舗で個性が異なるうどんの店「つるとんたん」は、昨年、ニューヨーク2号店、ハワイで開業するなど海外でも展開しています。

 ―分譲型ホテルも好調のようですね。
 加藤 分譲型ホテルは、今や海外では当たり前で、ハワイではリッツカールトンもトランプタワーも分譲しておりますが、私たちが初めて手がけた沖縄県恩納村の「Kafuu Resort Fuchaku CONDO・HOTEL」(カフーリゾートフチャク コンド・ホテル)がオープンした10年前、日本に分譲型のコンド・ホテルは数少なかったです。

 成功のポイントは2つあります。1つはホテルとして収益をしっかり上げていくこと。セカンドハウスとしての所有であれば、維持費がかかるし、来る度に掃除しないといけません。しかし、ホテルとして所有すれば、ステータスを感じながら、いつ行ってもきれいに維持されており、そのうえ収益が還元されます。オーナーさまには、この利回りが非常に高いということで本当に喜んでいただいております。

 もう1つは、ローカルリゾートのなかでは、セカンドハウスのアセットが目減りすることが非常に多いのですが、収益還元率が高いということで、アセットの維持・向上ができています。実際に、値上がりしたことで喜んでいただいておりまして約3年前に完成したANNEX棟も完売いたしました。

 沖縄のもう1つのプロジェクトとしては、読谷村の「グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート」がございます。7月20日オープン予定で、このリゾートについては全室スイートでツイン使用の54室を昨年2月から分譲販売し、約5カ月で完売いたしました。「沖縄を美しくしなやかに遊ぶ」というコンセプトで、お客さまを16歳以上の大人限定とさせていただいております。沖縄では大変珍しい取り組みです。「大人のリゾート」ということで、お酒を飲みながら眺めて楽しめる、境界を感じさせない「インフィニティプール」を設えています。

 ―カトープレジャーグループの原点は、同じビジネスモデルに固執せず、常に挑戦していくことにあるのですね。今後の事業展開を楽しみにしています。

(了)
【文・構成:山下 康太】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:加藤 友康
所在地:東京都千代田区大手町2-6-2(東京本社)
設 立:1962年4月
総資本金:1億7,150万円
総売上高:約240億円(サービス業のみ)

<プロフィール>
加藤 友康(かとう・ともやす)

1965年、大阪府出身。ホテル、フードサービス、スパ、ラグジュアリーリゾート、公共リゾート、エンタテインメントなどあらゆるレジャー事業開発を行うプロデュース企業の代表取締役兼CEOを務める。大学在学中より父親である創業者・加藤精一氏の事業に携わり、以来多角的な視点からレジャー事業の総合的なプロデュースを手がける。グループ内には、多種多様な事業を展開するプロデュースチームが存在し、クライアントや投資家の方からのさまざまなご要望に対して、立地やニーズに合わせ変幻自在な業態開発を創出している。主な著書に、「経営者が欲しい、本当の人材」「世界一楽しい仕事をしよう!KPG METHOD」(ワニブックス)がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月08日 17:06

(株)ウィンコーポレーション(東京)/フードプロバイダー

 同社は7月3日、東京地裁より破産手続開始決定を受けた。

2020年07月08日 16:54

球磨川水害現地から 前代未聞の降水量~(株)味岡社長・味岡和國氏が水害と地域の本質を語る

 九州豪雨による死者が7日の時点で56名に達した。熊本県の球磨川およびその支流域で被害が深刻であり、人吉市18名、球磨村17名、芦北町10名、八代市4名、津奈木町1名...

2020年07月08日 16:44

【コロナ禍】文化芸術こそ「社会と生存の必需品」~劇団わらび座・山川社長大いに吠える

 新型コロナウイルスの感染がなかなか収束に向かわないなか、「劇団わらび座」が依然として苦境に立たされている。代表取締役・山川龍巳氏からメッセージ転載する...

2020年07月08日 15:54

久留米市、避難勧告を解除

 久留米市は8日、午後1時45分に洪水警報が解除され、河川氾濫の可能性が低くなったため...

2020年07月08日 15:30

【凡学一生のやさしい法律学】関電責任取締役提訴事件(5)嘘を許さない社会をもとめて

 日本社会は、嘘と不正にあふれている。このような社会をつくった団塊世代の一員として、子や孫に本当にすまなく感じている...

2020年07月08日 15:03

1982年の長崎大水害~携帯電話のない時代のサバイバル術

 1982年の長崎大水害を経験し、翌年、テレビ長崎の水害1周年の番組に生出演して当時の様子について話したことがある。その時のサバイバルの経験が参考になればと思い、共有...

2020年07月08日 14:36

【縄文道通信第34号】縄文道検定―天職ガイド 縄文道―武士道―未来道(前)

 天職の定義とは何であろう。古今東西、人間は仕事に関わってきた。たとえば縄文時代は狩猟、漁労、採集生活者だったが、衣食住を維持するためにさまざまな道具を開発...

2020年07月08日 13:56

【コロナに負けない(56)】マリン保証がコロナ関連支援策の申請をサポート

 マリン保証(株)は、新型コロナウイルスの影響を受けた契約企業に対して、持続化給付金などの政府支援策の申請に関するレクチャーや書類作成などの支援を無償で実施している...

2020年07月08日 13:28

(株)全国輸送(東京)/一般貨物自動車運送

 同社は7月6日、東京地裁に破産手続きの開始を申請し、同日、同地裁より破産手続開始決定を受けた...

2020年07月08日 13:00

【株主総会血風録1】大戸屋ホールディングス~買収を仕掛けたコロワイドが戦わずして“戦線放棄”の奇々怪々(中)

 そもそもの発端は、2015年7月大戸屋を実質的に創業した三森久実会長(当時)が57歳で死去したことだ。経営権をめぐり、久実氏の従兄弟にあたる経営陣と、久実氏の妻と息...

pagetop