• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月05日 14:06

健康を大切にする住宅づくりの名伯楽 次世代の担い手に贈る言葉(前) 時代を紡ぐ企業110社 

前福岡大学工学部建築学科教授 現名誉教授 須貝 高 氏

健康を求め続ける

 福岡大学で34年間に渡り、教壇に立った須貝高名誉教授。首尾一貫『健康』をテーマに、研究と実証を重ねながら多数の門下生を育成し、住宅業界に人材を輩出してきた名伯楽である。須貝教授は、同学での教育・研究活動にとどまることなく、全国各地での講演や住宅建築の企業へのアドバイスなど、戸建を中心とした住宅業界の進化・発展のために寄与してきた。須貝教授の氏名をインターネットで検索すると、全国各地の多数の戸建住宅を供給する企業名が続々とヒットする。各メディアでの住宅に関するコメント、そして論文など数え切れないほどの『健康と住宅』の提言を行ってきた。従って、我が国の住宅業界で、須貝教授の名前を知らない関係者を探す方が難しい。

 須貝教授の専門は建築環境で、長年健康住まいづくり研究会を主宰。研究人生を通じて、2018年3月10日に行われた、須貝氏の福岡大学での最終講義の題目である『体の健康・心の健康・建物の健康(耐久性)を育む住まいづくり』のコンセプトを確立させた。とくに、熱・温度・湿度・空気環境、床下環境、冷暖房負荷、断熱性、電磁波に関する研究と実証と論文が中心であり、須貝氏が住宅に対して『健康』を追求してきたことの証である。須貝教授の研究と実証は単なる理論ではなく、実際に人間が住むなかで、どのような結果が出て、その原因と対策がわかりやすく述べられていることが特徴で、国内随一の実践的研究者として知られている。

五季の住まいづくり

 須貝教授は、健康に関連して、日本独特の高温多湿な気候に則した住まいづくりが不可欠であることを提唱し続けている。その基本となる考えは、1年を春夏秋冬と梅雨の五季だと定義していることである。「日本の季節は一般的に春夏秋冬の四季と言われていますが、日本にはもう1つ梅雨という季節があります。この高温多湿の梅雨の季節を考慮した住まいづくりの設計と施工を行わなければなりません」と力説する。続けて「最優先すべきことは、日本独特の高温多湿な気候の特色を十分理解し、それに適した住まいづくりを実践することです」と述べている。 四季と梅雨を足した五季を想定した住まいづくりを提唱するのは、「住まいとは人の健康が最優先」とする須貝教授の信念があるからだ。

高齢者と乳幼児への配慮

 須貝教授が提唱する「人の健康を大切にした住まいづくり」の礎となっているのが高齢者と乳幼児への配慮である。以前、データ・マックスのインタビューで、住まいについて以下のように語っている。「私は快適であることを求めるのではなく、自分たちの命が長く保てるかどうかという、『健康』という観点で考えていくことが重要だと考えています。室内温度は18℃か22℃か、などという快適さを議論する前に、夏は猛暑に対する対処を、冬は冷えに対する対処を行い、安心して健康に暮らすことができる住まいづくりをしていくことが必要です。日本の場合、春夏秋冬に加えて梅雨の時期もあり、カビや湿気などの問題も出てきます。これらのさまざまな問題に対し、どのような対策を行っていくかを考えなければなりません。とくに、抵抗力が弱くなっている高齢者や乳幼児などに配慮した住宅をつくることです。一番大切なことは、人間にとって、健康でいられる住宅をつくっていくということではないでしょうか」。たとえば、夏の日射対策では縦型のルーバーを設けることで太陽光線を遮り、風を送り込む。集合住宅を中心とするコンクリート住宅に多いヒートアイランド現象には、最上階の緑化を実施し、土そのものの断熱性と緑の葉からの水蒸気により温度が下がることで、室内の気温が適正化される。戸建住宅においては、基礎断熱(基礎コンクリートの床下側に断熱材を入れ、床下換気はしない)を徹底し、1年を通して安定した温度を保つ地熱を床下に導入し、夏は涼しく、冬は暖かい環境を設えるなどの提言は、高齢者や乳幼児が安心して暮らせる住環境をつくることを原点としている。とくに近年は、ヒートショックが要因とされる中高齢者の脳卒中など、循環器系のトラブルを未然に防ぐ家づくりを全国各地で提唱し続けている。

(つづく)

<プロフィール>
須貝 高(すがい ・たかし)

1947年9月生まれ。76年3月 東京大学工学系研究科博士課程修了、工学博士取得。 76年4月 東京大学建築学科環境講座文部教官。92年4月 福岡大学工学部建築学科教授に着任。『季間蒸暑地域に適する木造住宅に関する研究』を中心とした、健康と住まいをテーマにした研究を行う。それらに関連した著書および論文は多数。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年08月03日 18:13

JR九州が焼肉ヌルボンをM&A、1Q決算は改善NEW!

 JR九州は3日、2022年3月期第1四半期の決算発表を行った。売上高は720億円(前年同期比102億円増)、営業損益は13億円の赤字(同140億円増)、経常利益は3...

2021年08月03日 17:40

新型コロナ、自宅療養対象者拡大~医療崩壊への序章か?

 菅総理は2日、総理大臣官邸で新型コロナウイルス感染症の医療提供体制に関する関係閣僚会議を開催し、陽性者の入院対象者を重症者などに限定する方針を決定した...

2021年08月03日 16:47

【福岡県】中小企業等月次支援金~8月分も申請可能に、酒類販売事業者向け給付上限額を拡充

 まん延防止等重点措置が8月31日まで適用されることを受けて、売上が30%以上50%未満減少した事業者への支援金給付対象に、8月分の売上も加える...

2021年08月03日 16:30

ジブンハウストリアス久山店オープン、キョウエイホームが「家はスマホで買う時代」のJIBUN HAUS.のフランチャイズに加盟

 (株)キョウエイホームは、デザイン規格住宅ブランドのJIBUN HAUS.(株)のフランチャイズに加盟、6月にトリアス久山に「ジブンハウストリアス久山店」をオープン...

2021年08月03日 16:00

中国経済新聞に学ぶ~中国の新型ディスプレー 産業規模は世界一(前)

 現在、中国大陸部には第6世代以降のパネル生産ラインが35本あり、投資額は1兆2,400億元(約21兆138億円)、生産能力は2億2,200万m2に達した...

2021年08月03日 15:45

ブラック社員にご用心!やっかいな合同労組絡みの労使トラブル(前)

 ある日突然、聞いたこともない労働組合から団体交渉の申し入れを受ける。個人でも加入できる労働組合の活動が活発化している...

2021年08月03日 15:13

2050年代を見据えた福岡のグランドデザイン構想(59)~地下鉄ネットワークの整備構想(4)

 福岡市内の鉄軌道と地下鉄のネットワークを地図に落としてみると、現状で抱えている課題が明確になってくる...

2021年08月03日 14:59

【業界を読む】斜陽産業だが改革進まず、新聞は恒常的な赤字事業へ(中)

 読売新聞はグループの連結決算をしていないので他社との比較が難しい。参考になるのは読売基幹6社の合算した収益だ...

2021年08月03日 14:40

長崎自動車と長崎県交通局、来春から長崎市内の競合バス路線を共同経営

 長崎市の長崎自動車と長崎県交通局は、来年4月をメドに市内の競合路線バスを共同経営に移行するための協議を始めた...

2021年08月03日 14:22

【企業研究】セガサミーホールディングスとカジノ 情熱を傾けていたカジノ参入がトーンダウン(前)

 政府は、統合型リゾート(IR)誘致の申請受付期間を2021年10月1日から22年4月28日までとすることなどを盛り込んだ基本方針を決定した。セガサミーホールディング...

pagetop