• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月19日 07:02

レオパレス21を追い詰めた「ガイアの夜明け」の告発(後)

第2弾は、違法建築の告発

 「ガイアの夜明け」の告発第2弾は、2018年5月29日に放送された。第1弾はレオパレス21とオーナーとの「契約」をめぐるトラブルだったが、第2弾は「物件」そのものの不正に切り込んだ。
 レオパレス21の一部のアパートの天井裏には、遮音や延焼を防ぐ「界壁」が設置されていなかった、と告発した。界壁がないと部屋と部屋との遮音性が著しく失われるだけでなく、ひとたび火事が発生すれば、瞬く間に火が燃え広がってしまう。

 「日刊サイゾー」(2018年5月31日付)は、ネットニュース編集者の話として、ネットでこんな都市伝説が語られていると伝えた。

 〈レオパレスの音漏れネタは、ネットで有名でした。『チャイムを鳴らされたと思って玄関を開けたら、4軒隣の部屋だった』『ティッシュを取る音が聞えてくるのは当たり前。携帯のポチポチが聞こえることも』『右の隣の部屋の住人が屁をこいたら、左の部屋の住人が壁ドンしてきた』といった“レオパレス伝説”はありましたが、実際に音が漏れるような構造になっていたということですね〉

 5月29日の放送は、詐欺まがいの経営手法のみならず、アパート自体にも問題があることを白日のもとに晒した。

 「ガイアの夜明け」で自社のことを報じられることを知ったレオパレス21は、29日の番組放送直前に記者会見を行った。「建築基準法の違反の疑いのある物件がありました」と発表したが、意図的な手抜き工事ではないと主張した。

シェアハウス「かぼちゃの馬車」の元社長はレオパレス21の出身

 番組は、レオパレス21と女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の詐欺スキームも追及し、老後の備えがローン地獄に突き落とされた中年サラリーマン大家を取り上げていた。
 Aさん(50代、仮名)は3年前に、銀行から1億円の借り入れをした。不動産会社スマートデイズ (東京・中央)が都内を中心に1000棟を展開する女性専用シェアハウス、「かぼちゃの馬車」の1棟を購入。Aさんが億単位の借金をした決め手は「30年間定額家賃保証」という謳い文句だった。

 しかし、17年10月、スマートデイズから賃料減額の通知が一方的に送られ 18年1月には家賃支払いが停止。スマートデイズは18年5月に破産宣告を受けた。「30年間の定額家賃保証」があっけなく崩壊し、Aさんには空き室だらけのシェアハウスと巨額のローン返済だけが残された。
 この間、スルガ銀行(静岡県沼津市)による「かぼちゃの馬車」向けの不正融資も発覚した。スルガ銀行は、銀行界では絶滅危惧種といえる岡野一族の同族経営。創業家出身の岡野光喜会長兼CEOが引責辞任に追い込まれ、同族経営に終止符を打っている。

 番組が、レオパレス21と「かぼちゃの馬車」を同列で取り上げたのにはわけがある。スマートデイズの社名変更前のスマートライフ社長、大地則幸氏は、レオパレス21の出身者だからだ。大地氏はレオパレス21から、同社を去った深山祐助氏がつくったMDIに移った。MDI時代にスマート社に営業に行った際に、裏の創業者に引き抜かれたという。

 大地氏はレオパレス21を摸倣して、サブリースで借り上げるスキームを取り入れた。「30年間定額家賃保証」のセールストークでオーナーを安心させ、瞬く間にシェアハウス「かぼちゃの馬車」を1,000棟販売した。2016年には『「家賃0円、空室有」でも儲かる不動産投資』(ダイヤモンド社)を出版。「かぼちゃの馬車」の拡販に活用していた。

 だが、「家賃0円、空室有」のビジネスモデルが成り立つわけがなく、あっけなく崩壊した。レオパレス21と「かぼちゃの馬車」の大きな違いは、買い主が土地持ちの地主か、サラリーマンか、だ。「かぼちゃの馬車」はミニ版のレオパレス21だった。

第3弾は、全棟調査や補修工事は進んでいないと告発

 「ガイアの夜明け」の追及は止まらない。第3弾は19年2月5日。前回の放送を受けて約束された全棟調査や補修工事が進んでいないと告発した。
 レオパレス21を相手取って集団訴訟を起こしている「LPオーナー会」代表の前田和彦氏は、同社から送られてきた調査・補修工事の進捗状況を示して、「調査が終わったものは1棟もない」(1月23日時点)と明かす。ところが、同社サイトが示す調査進捗率は、なんと「98.4%」と公表されていた。前田氏は「発表された進捗状況とまったく違う」と憤る。

 「ガイアの夜明け」の第3弾の告発を受け、レオパレス21は緊急会見に追い込まれた。2月7日、レオパレス21の深山英生社長は記者会見で、外壁や天井の耐火性能、遮音性などで国が定める仕様を満たさない法令違反の物件が、新たに33都府県で1,324棟見つかったと発表した。
 補修のため、最大で住民計1万4,443人に引っ越しを求めるが、うち641棟は天井の耐火性を満たさずに特に危険なため、住民計7,782人にはすぐに引っ越しを要請するという。住民からは「急に引っ越しできない」と怒りの声が上がる。

最終損益は439億円の赤字

 レオパレス21は2月8日に、2018年4~12月期連結決算を発表した。最終損益が439億円の赤字(前年同期は128億円の黒字)だった。最終赤字は7年ぶり。施工したアパートで施工不良が発覚し、補修工事の費用や今後の引っ越し代の負担を見込んだ引当金など434億円を特別損失として計上。アパートの売却損なども発生して特別損失は510億円にのぼった。売上高は前年同期比2%減の3,763億円、営業利益は65%減の65億円だった。19年3月期通期では380億~400億円の最終赤字を見込む。最終赤字は8年ぶり。予想数値に幅があるのは期中に入居募集を再開できる戸数が不明なためだ。

 日本経済新聞(2月17日付朝刊)は、〈施工不良の問題が響き、レオパレス21から法人顧客が離れ始めている。社宅などとして利用している企業が、社員の安全が危ぶまれるうえ、人材採用にも支障が出かねないと懸念しているためだ〉と報じた。
 レオパレス21は、地主から賃貸アパートの建築を受注し、完成後に一括で借り上げて入居者に転貸するサブリース業者。賃貸管理戸数は57万戸で、物件のオーナーに支払わなければならない賃料は月250億円にのぼる。入居率が低下すると「逆ざや」に転落する。
 実現できるかどうかわからない長期の賃貸保証によって顧客を獲得するビジネスモデルそのものに無理があった。自ら蒔いた種だ。自業自得というしかない。

 レオパレス21を追い込んだ「ガイアの夜明け」は、成功企業だけを取り上げることから「提灯(ちょうちん)番組」と揶揄されていた。レオパレス21の告発で、「週刊文春」の“文春砲”になぞらえて、「ガイア砲」の異名がついたという。

(了)

【森村和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

2019年08月18日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(前)

 人手不足が各業界で深刻化するなか、小売を始めとする流通業界もご多分に漏れず同じ様相を呈している。もともと利益幅が薄い小売業界では、労務問題を起因として赤字転落する企...

2019年08月18日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(中)

 6月26日、静岡県沼津市に本拠を置くスルガ銀行の株主総会が大混乱の下で行われた。株主から多数の反対動議が出され、怒号が飛び交う中での「強行採決」だった。そこには、か...

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

2019年08月16日 08:00

【企業研究】老舗百貨店の矜持と覚悟

 創業84年の(株)井筒屋。これまで北九州・小倉を拠点に福岡・大分・山口において店舗展開を行い、九州地場百貨店の代表格としての地位を有していたが、時流とともに栄枯盛衰...

2019年08月16日 07:30

田舎がアニメに「出る」理由~地方の疲弊とアニメ会社の収益改革

 7月28日、所用で唐津に行くと、駅の改札のすぐ近くで「ゾンビ」に遭遇した。といっても、本物ではない。アニメ「ゾンビランドサガ」のキャラクターに扮した同作のファン、い...

pagetop