• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月20日 07:01

ブロックチェーンの覇権をめぐる熾烈な戦い 全力で基盤を築き上げ、新たな市場の創造へ(中)

(株)chaintope 代表取締役社長/(株)ハウインターナショナル 取締役会長
正田 英樹 氏

(株)ハウインターナショナル代表取締役社長
田中 貴規 氏

土台となる基盤技術開発の短期決戦を勝ち抜く

 ――今後、ハウとチェーントープとの棲み分けは、どのような感じになるのでしょうか。

田中貴規社長(写真左)と正田英樹会長(写真右)

 正田 チェーントープはもう完全に“勝負企業”という位置づけで、短期決戦で“新しいブロックチェーン”の設計をしていきます。インターネットでいえば、その基盤技術をつくっていくようなイメージで、ブロックチェーンの基盤技術をつくるというところと、ビジネスモデルをつくるというところに力を入れていきます。

 ただしブロックチェーンは、インターネットとは違う成長のモデルです。「プロトコルレイヤー」といわれる仮想領域の、インターネットでいえばTCP/IPみたいなものがありますが、そのプロトコルレイヤーの革新こそが、ブロックチェーンの進化の源泉であり、心臓部です。たとえば今のインターネットは、アプリケーションレイヤーの勝負になっていますが、実はアプリケーションを発達させるためには、ベースとなるプロトコルレイヤーを革新的にしないと、表現できる幅が非常に限られてしまいます。20年前には、こんなスマートフォンのような手元の小さな端末で、さまざまなゲームや動画視聴ができるようになるなんて、想像もしていなかったと思いますが、今ではネットのプラットフォームができたおかげで、アプリ全盛期を迎えています。ブロックチェーンはまだそこに行き着いておらず、20年前のインターネットみたいなものです。まずはその土台となる部分をつくらないと、使える領域が非常に少ない。なので、今は土台をつくっているのですが、これが短期決戦の勝負です。

 一方でハウは、チェーントープと協力しながら、具体的なアプリケーションやシステムの開発などを行っていきます。そういう棲み分けですね。

 ――双方が連動しているわけですね。

 正田 業界としての座組が決まってくるのは、ここ1年が勝負だと思っていますので、今後は、まずチェーントープが短期決戦で一気に突破し、その次にハウも突破していけるよう頑張っていきます。

 ――たしかにここ最近、新たな発表を矢継ぎ早にされていらっしゃいますね。

 正田 ここ1~2カ月で、独自トークン・コイン発行のためのプラットフォーム「Inazma」や、電力業界向けにデザインされたブロックチェーンを用いた新たなプラットフォーム「Electrowise」を発表したほか、(一社)DELIAとの提携によるエネルギー業界へのブロックチェーン実装の推進、チェーントープと(株)三菱総合研究所との共同開発、チェーントープと(株)HashHubやFressets(株)との連携合意など、いろいろと発表させていただきました。

 あと、まだ詳細は確定していませんが、5月末くらいまでには福岡市内に、ブロックチェーンに特化した大きな拠点をつくろうと考えています。そこでは、ブロックチェーンに特化したコワーキングのようなものをつくり、ブロックチェーンの教育を行いながら、開発の仕事をどんどん集め、「ここに来ればブロックチェーンの仕事ができる」といったようなものをつくっていきます。

 ――拠点開設にあたって、福岡市を選ばれた理由などは。

 正田 行政としても、まず頭が良いですし、発信もうまい、やる気もある、地勢学的に場所も良い――と、全部がそろっているのではないでしょうか。実は福岡は、ブロックチェーンの集積地としては、すでに東京につぐ規模です。

 ――チェーントープのようなブロックチェーンの基盤技術の開発をされている競合は、何社くらいあるのでしょうか。

 正田 少なくとも日本では2~3社しかありませんね。ほかは、やれていないと思います。それはなぜかというと、この基盤技術の開発自体ではお金にならないからです。しかも、開発にあたっては、超優秀な人間を投入しないといけません。社内で一番優秀な人が、まったくお金にならないところをやらなければならない――そんな領域なので、そこをやろうとしている会社や人が極めて少ないというような業界です。しかし一方で、そこを突破した先には、非常に大きな新しい市場、新しいビジネスモデルが生まれますので、我々は今、そこに全力で取り組んでいるところです。

(つづく)
【文・構成:坂田 憲治】

<COMPANY INFORMATION>
(株)ハウインターナショナル
代 表:田中 貴規
所在地:福岡県飯塚市幸袋560-8
設 立:1999年7月
資本金:7,756万円
売上高:(18/6)3億1,064万円

(株)chaintope 
代 表:正田 英樹
所在地:福岡県飯塚市幸袋560-8
設 立:2016年12月
資本金:1億4,504万円

<プロフィール>
正田 英樹(しょうだ・ひでき)

1972年7月、山口県光市出身。九州工業大学情報工学部を卒業後、高橋剛氏と2人で(有)Heart at Work(現・(株)ハウインターナショナル)を設立し、モバイル・クラウド導入支援と関連サービスの提供などを手がけてきた。2015年ごろよりブロックチェーンの研究開発を開始し、16年12月に(株)chaintopeを設立。現在、chaintopeの代表取締役社長と、ハウインターナショナルの取締役会長を務める。

 

田中 貴規(たなか・たかのり)
1974年9月、熊本県出身。九州工業大学情報工学部を卒業後、富士通九州通信システム(株)に入社。その後、行政システム九州(株)などを経て、(株)ハウインターナショナルおよび(株)chaintopeに参画。2019年1月にハウインターナショナルの代表取締役社長に就任した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月05日 11:14

「 ふくおか筑紫フードバンク」こども食堂のフードパントリーを応援中~ エフコープ・西松建設との連携で子どもの居場所づくり(前)NEW!

 「ふくおか筑紫フードバンク」の運営を担っているのは、「特定非営利法人チャイルドケアセンター」であり、代表理事は大谷清美氏が務める...

吉村礼賛劇場化けの皮が剥がされるNEW!

 香港におけるデモの暴徒化に対して中国政府は武力による鎮圧を試みた。米国におけるデモの暴徒化に対して米国政府は武力による鎮圧を試みた。国家としては民衆の暴徒化を鎮圧す...

2020年06月05日 09:00

視界不良の2020年消費~流通大手イオンはどう動くか(後)NEW!

 イオンでは今年3月、社長が交代した。23年間社長を務めた創業家出身の岡田元也氏が会長に就き、副社長を務めていた吉田昭夫氏が社長に昇格したのである...

2020年06月05日 07:00

【コロナに負けない(48)】韓国製品オンライン展示会を22日から開催~韓国貿易センターNEW!

 KOTRAの主な業務の1つがビジネスマッチングのための展示会開催および出展支援。今年は新型コロナウイルスの影響を受け多くの展示会を中止しているが、今般、日本で初めて...

2020年06月05日 07:00

居住ゾーンを第一交通グループが開発~旧門司競輪場跡地・再開発プロジェクト(後)NEW!

 余談だが、日清戦争後に国が軍備増強と産業資材用鉄鋼生産の増大を図るために官営製鐵所を建設しようとした際、建設候補地として、「八幡」「板櫃」、「呉」と並んで、「大里」...

2020年06月04日 17:47

【コロナに負けない(47)】総合工場を新装~(株)アダル武野龍社長インタビュー

 業務用・店舗用家具メーカーの(株)アダルは、5月11日に新総合工場での本格稼働をスタートさせた。データ・マックスは2日、同社の武野龍社長に工場建設の経緯などを聞いた...

2020年06月04日 16:57

【コロナに負けない(46)】休業要請に対して営業を続けたパチンコ店

 2020年4月、福岡県は新型インフルエンザなど対策特別措置法第24条第9項に基づいた施設使用の停止(休業)の要請に応じず、営業を続けていた県内のパチンコ店6店舗の店...

2020年06月04日 16:27

居住ゾーンを第一交通グループが開発~旧門司競輪場跡地・再開発プロジェクト(前)

 2002年3月末に廃止となった旧門司競輪場の跡地を活用し、北九州市が公共施設の集約・多機能化を目指している「モデルプロジェクト再配置計画(大里地域)」。住宅開発を行...

2020年06月04日 15:16

「6・4」天安門事件31周年 香港は追悼集会が禁止に

 6月4日で1989年の天安門事件から31周年を迎える。中国では事実上、同事件に関する活動は禁止されているが、香港で翌1990年以降毎年6月4日に追悼活動が行われてき...

2020年06月04日 14:43

【学歴詐称疑惑】再燃!女帝の学歴をめぐる疑惑~小池都知事の「カイロ大首席卒業」は本当か

 18日告示の「東京都知事選(7月5日投開票)」がようやく動き出した。ホリエモンこと堀江貴文氏の出馬も取り沙汰されるなか、過去2回の都知事選出馬経験がある宇都宮健児弁...

pagetop