• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月20日 07:01

ブロックチェーンの覇権をめぐる熾烈な戦い 全力で基盤を築き上げ、新たな市場の創造へ(中)

(株)chaintope 代表取締役社長/(株)ハウインターナショナル 取締役会長
正田 英樹 氏

(株)ハウインターナショナル代表取締役社長
田中 貴規 氏

土台となる基盤技術開発の短期決戦を勝ち抜く

 ――今後、ハウとチェーントープとの棲み分けは、どのような感じになるのでしょうか。

田中貴規社長(写真左)と正田英樹会長(写真右)

 正田 チェーントープはもう完全に“勝負企業”という位置づけで、短期決戦で“新しいブロックチェーン”の設計をしていきます。インターネットでいえば、その基盤技術をつくっていくようなイメージで、ブロックチェーンの基盤技術をつくるというところと、ビジネスモデルをつくるというところに力を入れていきます。

 ただしブロックチェーンは、インターネットとは違う成長のモデルです。「プロトコルレイヤー」といわれる仮想領域の、インターネットでいえばTCP/IPみたいなものがありますが、そのプロトコルレイヤーの革新こそが、ブロックチェーンの進化の源泉であり、心臓部です。たとえば今のインターネットは、アプリケーションレイヤーの勝負になっていますが、実はアプリケーションを発達させるためには、ベースとなるプロトコルレイヤーを革新的にしないと、表現できる幅が非常に限られてしまいます。20年前には、こんなスマートフォンのような手元の小さな端末で、さまざまなゲームや動画視聴ができるようになるなんて、想像もしていなかったと思いますが、今ではネットのプラットフォームができたおかげで、アプリ全盛期を迎えています。ブロックチェーンはまだそこに行き着いておらず、20年前のインターネットみたいなものです。まずはその土台となる部分をつくらないと、使える領域が非常に少ない。なので、今は土台をつくっているのですが、これが短期決戦の勝負です。

 一方でハウは、チェーントープと協力しながら、具体的なアプリケーションやシステムの開発などを行っていきます。そういう棲み分けですね。

 ――双方が連動しているわけですね。

 正田 業界としての座組が決まってくるのは、ここ1年が勝負だと思っていますので、今後は、まずチェーントープが短期決戦で一気に突破し、その次にハウも突破していけるよう頑張っていきます。

 ――たしかにここ最近、新たな発表を矢継ぎ早にされていらっしゃいますね。

 正田 ここ1~2カ月で、独自トークン・コイン発行のためのプラットフォーム「Inazma」や、電力業界向けにデザインされたブロックチェーンを用いた新たなプラットフォーム「Electrowise」を発表したほか、(一社)DELIAとの提携によるエネルギー業界へのブロックチェーン実装の推進、チェーントープと(株)三菱総合研究所との共同開発、チェーントープと(株)HashHubやFressets(株)との連携合意など、いろいろと発表させていただきました。

 あと、まだ詳細は確定していませんが、5月末くらいまでには福岡市内に、ブロックチェーンに特化した大きな拠点をつくろうと考えています。そこでは、ブロックチェーンに特化したコワーキングのようなものをつくり、ブロックチェーンの教育を行いながら、開発の仕事をどんどん集め、「ここに来ればブロックチェーンの仕事ができる」といったようなものをつくっていきます。

 ――拠点開設にあたって、福岡市を選ばれた理由などは。

 正田 行政としても、まず頭が良いですし、発信もうまい、やる気もある、地勢学的に場所も良い――と、全部がそろっているのではないでしょうか。実は福岡は、ブロックチェーンの集積地としては、すでに東京につぐ規模です。

 ――チェーントープのようなブロックチェーンの基盤技術の開発をされている競合は、何社くらいあるのでしょうか。

 正田 少なくとも日本では2~3社しかありませんね。ほかは、やれていないと思います。それはなぜかというと、この基盤技術の開発自体ではお金にならないからです。しかも、開発にあたっては、超優秀な人間を投入しないといけません。社内で一番優秀な人が、まったくお金にならないところをやらなければならない――そんな領域なので、そこをやろうとしている会社や人が極めて少ないというような業界です。しかし一方で、そこを突破した先には、非常に大きな新しい市場、新しいビジネスモデルが生まれますので、我々は今、そこに全力で取り組んでいるところです。

(つづく)
【文・構成:坂田 憲治】

<COMPANY INFORMATION>
(株)ハウインターナショナル
代 表:田中 貴規
所在地:福岡県飯塚市幸袋560-8
設 立:1999年7月
資本金:7,756万円
売上高:(18/6)3億1,064万円

(株)chaintope 
代 表:正田 英樹
所在地:福岡県飯塚市幸袋560-8
設 立:2016年12月
資本金:1億4,504万円

<プロフィール>
正田 英樹(しょうだ・ひでき)

1972年7月、山口県光市出身。九州工業大学情報工学部を卒業後、高橋剛氏と2人で(有)Heart at Work(現・(株)ハウインターナショナル)を設立し、モバイル・クラウド導入支援と関連サービスの提供などを手がけてきた。2015年ごろよりブロックチェーンの研究開発を開始し、16年12月に(株)chaintopeを設立。現在、chaintopeの代表取締役社長と、ハウインターナショナルの取締役会長を務める。

 

田中 貴規(たなか・たかのり)
1974年9月、熊本県出身。九州工業大学情報工学部を卒業後、富士通九州通信システム(株)に入社。その後、行政システム九州(株)などを経て、(株)ハウインターナショナルおよび(株)chaintopeに参画。2019年1月にハウインターナショナルの代表取締役社長に就任した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月20日 07:00

石炭からセメント、さらに医療へ 教育にも注力する飯塚の古豪(後)

 近年は上場企業の買収を積極的に進めている。情報・ソフト事業に属する(株)ぎょうせいは、1893年9月に創業した出版社。同社は裁判の判例集や地方自治関連の法律の逐条解...

2019年07月20日 07:00

朗報!貸会議室のTKPがJ1大分トリニータの筆頭株主に~九州男児、河野社長の起業家人生(後)

 05年に再び、転機が訪れた。学生時代の友だちの事故死に、人生一度切りだと改めて思い知らされ、自分がやりたいことを見つめ直した。そこで、自分がやりたかった起業を決意。...

2019年07月19日 17:44

ザ・ビッグ久留米すわの店オープン ドミナント強化へ

 マックスバリュ九州(株)(本社:福岡市博多区、佐々木勉社長)は19日、福岡県久留米市に「ザ・ビッグ久留米すわの店」をオープンした。

2019年07月19日 16:59

M&Aブームに陰り?世界的にM&Aによる減損が拡大

 世界的に活況を呈しているM&Aだが、中国においても例外ではない。2015年前後、中国当局は金融緩和、規制緩和を実施。その結果、M&Aブームが起こることとなった。

2019年07月19日 16:54

モデルハウスで民泊収入~モデルハウス民泊運用プロジェクト説明会&セミナー開催

 建築業界専門のホームページ制作などを手がける(株)D-gripシステム(東京都新宿区)を中心とした9社による「モデルハウス民泊運用プロジェクト」の説明会とセミナーが...

2019年07月19日 15:23

ドラッグイレブンPRALIVA(プラリバ)店、26日(金)にオープン

 JR九州ドラッグイレブンは26日(金)に「ドラッグイレブンPRALIVA(プラリバ)店」を福岡市営地下鉄西新駅直結の商業施設「PRALIVA(プラリバ)」の地下2階...

2019年07月19日 15:00

令和で最初(福岡労働局管内)のユースエール認定

 (社福)信愛会(糟屋郡篠栗町)が6月20日にユースエール認定を受けた。福岡労働局管内では2019年(令和元年)度で初の認定となる。

2019年07月19日 14:38

宗像市の塗装業者を排除通報 代表者が暴力団と密接交際

 福岡県警は7月18日、福岡県宗像市田熊の塗装業者「森下悟塗装店」(森下悟代表)が指定暴力団神戸山口組系組員と密接に交際していたとして通報した。

2019年07月19日 14:09

「アルゾひびきの店」9月オープン 万惣が九州4号店

 万惣の「アルゾひびきの店」は9月オープンの見通しとなった。九州では飯塚、甘木、吉野ヶ里店に続く4号店。大和ハウス工業子会社の建設した2階建ての建物の1階に出店する。

2019年07月19日 13:35

ドンキ福重店、開店から1カ月 「遊び心」で客つかむ

 MEGAドン・キホーテ福重店(福岡市西区)がオープンして1カ月余りの17日午後、同店を訪れてみた。業績不振のユニーを繁盛店に蘇らせたというだけあり、ダイエー・イオン...

pagetop