• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月21日 07:01

ブロックチェーンの覇権をめぐる熾烈な戦い 全力で基盤を築き上げ、新たな市場の創造へ(後)

(株)chaintope 代表取締役社長/(株)ハウインターナショナル 取締役会長
正田 英樹 氏

(株)ハウインターナショナル代表取締役社長
田中 貴規 氏

“世界”と戦うためのブルー・オーシャンの創造

 ――現在、ブロックチェーンに関して、どういった問い合わせが寄せられていますか。

 田中 ブロックチェーンの問い合わせというところでは、「まず概念を試してみたい」といったような実証実験が一番多いですね。ただし、この実証実験のフェーズも、だいぶ終わりつつあります。

 正田 これからはブロックチェーンの入口のところで、「近鉄ハルカスコイン」や「さるぼぼコイン」などのような、コイン系の用法は増えてくると思います。現在、電子マネーやデジタル通貨がある程度は普及してきていますが、たとえば「Edy」にしても、銀行で下ろしたお金をコンビニなどで「Edy」に換金して使っています。つまり、日本円を下ろす、換金する、チャージする、そして払う、といった流れで、非常に面倒くさいですよね。そのうち、最初から電子マネーなどで給与が払われるような時代が来ますよ。

 ――そういったコイン系などは、用途としてイメージしやすいですからね。

 正田 現在、詐欺まがいの不適切なICO(イニシャル・コイン・オファリング)を排除する一方で、国の基準に沿ったICOについては実施を認めることを視野に、関係省庁で議論が進められているそうです。そういうなかで、我々はその先端に関わっていますから、地域通貨などの開発もこれからどんどん進めていきます。さらに、うちで開発したパブリックブロックチェーン上で高速処理が可能な「Inazma」のような少額高速決済のプラットフォームが投入されていけば、もっと面白くなっていくでしょう。

 今、日本でも地方創生ICOを進めようとしていますけれど、これは日本中や世界中から資金を集め、それで事業を開発して、新しい通貨で支払いをするというものです。これは今後、注目を集めますよ。といいますか、国も注目しています。先だって発表された総務省の「平成30年度ふるさとづくり大賞」で優秀賞を受賞した「岡山県西粟倉村」の評価ポイントに、地方創生ICOが挙げられていることからも明らかです。

 さらに、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)というものもあり、年末ごろには「地方創生ICO」や「地方創生STO」などがトレンドワードみたいになればいいですね。

 ――そのころには、先ほどお話しされたような、ブロックチェーンの座組がすでに決まってしまっているわけですね。

 正田 今年の年末くらいには決着がついていると思います。戦力配置図というか、「この領域においてはこの会社」といったような、ブロックチェーン業界のなかのマッピングがだいたい見えてくると思います。そのマッピングのなかで我々は、かなりのところを塗りつぶそうとしていますから、もう全速力ですよ。今は我々が先頭を走っていますが、本当にギリギリの戦いで大変です。

 ――御社1社が完全に独走されている、というわけではないのですね。

 正田 独走しているところなんて、世界中探してもどこもいません。もうギリギリの戦いですし、本当にスピードが速いです。現在、プロトコルレイヤーなどのベースの基盤の技術を開発している人は、日本全体でも20~30人くらいしかいませんが、チェーントープにはそのうち3~4人います。なかでも、チェーントープの取締役CTO(最高技術責任者)の安土茂亨は、もう日本を代表するエンジニアの1人ですよ。孤高の存在というか、彼が話す内容が非常に高度で難しすぎるので、一緒に走っている我々でさえ、彼が何を言っているのかサッパリわかりません(笑)。それほど高度で、トップレベルでの戦いになっています。

 インターネット黎明期みたいなもので、ブロックチェーンはまだビジネスにはなっていません。今は、新しいブロックチェーンの投資フェーズであり、一番優秀で、一番給料が高い人間が、1円も稼げないという状況が続いているわけです。ですので、今が一番キツイ時期ですが、それを我々が何とか着地させないといけません。そしてその後、基盤ができて「市場が生まれました」「アプリケーションとしていよいよ使えるぞ」というフェーズになったら、今度は開発者が100人単位で必要になるほど、一気に盛り上がってくると思います。そこで、我々がこれまでの20年間で培ってきたものすべてを駆使し、溜めに溜めたエネルギーを爆発させていきます。

 田中 ブロックチェーンもそうですけれど、今までのお金の入り方、ビジネスの考え方というものを、一度忘れないといけないと思います。たとえばトヨタ自動車が、「自分たちが自動運転の技術をつくりました。でも、この技術を独占し、自分たちだけでやっていても世界には勝てないから、皆で一緒に使いましょう」というような発表をしていました。重要なのは、まずは関係人口をとにかく横に広げていくことです。そして、その後で実際のお金・ビジネスの話をしないと。自分たちだけで率先して儲けようとしても“世界とは戦っていけない”というように、考え方を一度チェンジしないといけません。

 正田 それに、結局は基盤ができてくれば、そのうちにビジネスとしてお金に落とし込まれてくるんですよ。それでいいのだと思います。

 先般、(株)ふくやの創業者を題材にした映画「めんたいぴりり」が上映されていましたが、レシピを独占せずに公開して福岡で新たに辛子明太子の市場をつくるのに貢献した、ふくやさんみたいな会社になりたいですね。ブロックチェーンの技術の大元のところはチェーントープがつくりながら、チェーントープとハウの力を融合し、飯塚だけではなく、福岡のほかの会社の技術者なんかも一緒に勉強しながら、ともにブロックチェーンの新しい市場をつくっていく。亡くなった高橋剛も、目に見えない力で我々を見守ってくれていると思いますので、そこに感謝しつつ、まずは短期決戦で“勝利”を収めるべく、全力で取り組んでいきたいと思います。

(了)
【文・構成:坂田 憲治】

<COMPANY INFORMATION>
(株)ハウインターナショナル
代 表:田中 貴規
所在地:福岡県飯塚市幸袋560-8
設 立:1999年7月
資本金:7,756万円
売上高:(18/6)3億1,064万円

(株)chaintope 
代 表:正田 英樹
所在地:福岡県飯塚市幸袋560-8
設 立:2016年12月
資本金:1億4,504万円

<プロフィール>
正田 英樹(しょうだ・ひでき)

1972年7月、山口県光市出身。九州工業大学情報工学部を卒業後、高橋剛氏と2人で(有)Heart at Work(現・(株)ハウインターナショナル)を設立し、モバイル・クラウド導入支援と関連サービスの提供などを手がけてきた。2015年ごろよりブロックチェーンの研究開発を開始し、16年12月に(株)chaintopeを設立。現在、chaintopeの代表取締役社長と、ハウインターナショナルの取締役会長を務める。

 

田中 貴規(たなか・たかのり)
1974年9月、熊本県出身。九州工業大学情報工学部を卒業後、富士通九州通信システム(株)に入社。その後、行政システム九州(株)などを経て、(株)ハウインターナショナルおよび(株)chaintopeに参画。2019年1月にハウインターナショナルの代表取締役社長に就任した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年09月17日 10:56

広川町新庁舎、工事費27.4億円見込むNEW!

 広川町は「広川町新庁舎基本設計(案)」を公表した。これによると、RC造の地上4階(塔屋1階)建ての新庁舎のほか、地上2階建ての附属棟なども建設される。

2019年09月17日 10:43

あおり暴行事件で活躍 ドラレコ品切れNEW!

 高速道路上の危険な運転に加え、ショッキングな暴行シーン。宮崎文夫容疑者らのあおり暴行事件が連日報道されたのは記憶に新しい。

2019年09月17日 10:35

原弘産 レボリューションへ商号変更し、バレンタイン元監督を社外取締役にNEW!

 (株)原弘産(東証二部)は、11月に開催する臨時株主総会で、商号変更と社外取締役の選任を決議する。同社は株主総会の承認を得て、原弘産から(株)REVOLUTION(...

2019年09月17日 10:25

食のプレミアム講座「茶懐石の作法を学ぶ」開催!NEW!

 NHKカルチャー福岡が主催する食のプレミアム講座「茶懐石の作法を学ぶ第3回(5回シリーズ)」が10月19日(土)・20日(日)の2日間、日本料理てら岡中洲本店で行われる。

2019年09月17日 10:11

雅楽を生で聴いた人、いますか?(前)NEW!

  芝祐靖(しばすけやす)という名前をご存じの方はかなりの日本伝統音楽、それも雅楽に通じている方とお見受けしたい。運営する「サロン幸福亭ぐるり」(以下「ぐるり」)の常...

2019年09月17日 09:16

ゆとり教育抜本見直しに命をかけた20年(8)NEW!

 「どうする理数力崩壊」を共同出版した翌年の2005年(平成17年)1月8日、東京大学で「世界の科学教育」のテーマで公開シンポジウムが開かれた。子どもたちの理数離れに...

2019年09月17日 07:05

開発抑制で豊かな自然を残し、良好なコミュニティを醸成NEW!

 久山町は北が新宮町と古賀市に、東側が宮若市に、南側が篠栗町と粕屋町に、西側が福岡市東区と隣接している。町の面積は37.44km2と糟屋郡内では篠栗町についで2番目に...

2019年09月17日 07:00

「国土」「社会」「人間」の健康を柱に 経済指標だけでは計れない豊かさの町へNEW!

 現在、福岡大都市圏は九州のなかでも唯一といっていいほど元気があり、近隣のほとんどの自治体で人口が増えています。そうしたなかで久山町は、やみくもに人口を増やして都市化...

2019年09月16日 07:00

法人向け定期保険販売再開~確認したい変更点

 2019年6月28日付で、国税庁より「法人税基本通達」などの一部改訂が発表され、法人で加入する定期保険などの保険料に関する経理処理方法が変更となりました。新たな経理...

2019年09月16日 07:00

中国大手デベ万科企業と提携 華東地域のプロジェクトを狙う

 三菱地所(株)は5月、中国の大手デベロッパー「万科企業」と戦略的提携協議書を締結した。中国の一大経済圏で成長著しい長江デルタの不動産開発プロジェクトについて、両社は...

pagetop