• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月08日 11:14

世界一の超大型造船会社の誕生(前)

 日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 韓国の造船産業は1980年代に日本から世界1位の座を奪い、韓国産業発展の中心的な役割をはたしてきた。しかし、2008年の世界金融危機発生後、世界的な貨物の減少と、中国企業との低価格競争などの影響をもろに受けることになり、韓国の造船会社は巨額の赤字を計上し、試練が続いていた。とくに、中国企業の存在は大きな脅威となっていた。ところが、昨年から世界的に環境規制などが厳しくなって、LNG船の発注が増加し、韓国の造船会社に久しぶりに明るい光が差しこむようになった。しかし、一部では国内の造船3社が過当競争する今の状況より、合併してグローバルな競争力を向上させた方が、韓国の造船産業にはむしろ良いという指摘もあった。

 そのような状況下、買収相手を探していた大宇造船が現代重工業に合併され、世界1位の超大型造船会社が誕生することとなった。産業銀行と現代重工業は3月8日、合併のための本契約を締結し、韓国の造船業界では今までの現代重工業、大宇造船海洋、サムスン重工業の3強時代から「ビック2」の時代に入った。

 世界市場1位と2位である現代重工業と大宇造船が1つになると、世界市場占有率は21.2%になり、世界3位である日本の今治造船所(6.6%)との差がさらに開くことになる。グローバル造船·海運分析会社であるクラークソンリサーチ社によると、昨年末基準で世界受注残1位は現代重工業(1,114万CGT,シェア13.9%)で、 2位は大宇造船海洋(584万CGT, 7.3%)で、 3位は日本の今治造船所(525万CGT, 6.6%)だ。

 今回の合併にはどのような背景があったのだろうか。大宇造船は2015年、産業銀行から4兆2,000億ウォンの融資を受けていて、その後も毎年数兆ウォン規模の公的資金がつぎ込まれ、10兆ウォン以上の公的資金が投入されている。産業銀行はその間、買収相手を探していたが、なかなか取引が成立しなかった。ところが、造船の市況が少し回復したことに、政府の支援なども相まって、大宇造船は2017年に7,330億ウォンの営業利益を叩き出した。中国と日本が造船業界で合併などを通じて会社の大規模化を図っているなかで、現代重工業もこれに対抗するためにも規模の経済を実現しないといけない状況だったし、国内企業同士の過当競争を避けることによって、収益性を確保したいという狙いから、今回の合併は進められた。

 中国と日本の造船産業の状況をもう少し見てみよう。中国政府は「中国製造2025」を発表し、造船産業は10大重点育成分に選定されたし、これとともにLNG船などの付加価値の高い船舶の建造と、海洋ブラントの競争力強化を図ろうとしている。また、自国の貨物は自国で建造した船舶で運ぶという政策まで樹立し、造船産業への全幅的な支援に乗り出している。しかし、中国の造船産業が競争力をもつようになった源は、中国政府の破格的な金融支援にあることを知る人は少ない。中国政府は自国の造船会社に直接補助金を出してはいないが、その代わり船舶を発注してくれる海運会社の船舶購入代金の何と20%の補助金を支援している。また中国の国営金融機関は、中国の造船会社に発注をかける外国の海運会社に対して、船舶代金の全額を年利1%を下回る金利で貸し付けている。このような金融支援策のおかげで、中国の造船産業は発展したわけだ。

 (つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 17:43

まちかど風景・博多区築港本町~旧・博多マリンホテルが今秋リニューアルオープンNEW!

 福岡市博多区築港本町4丁目にあった旧・博多マリンホテルが、今秋リニューアルオープンすることがわかった。

2019年07月18日 17:12

18日の日経平均株価大幅安〜終値は前日比▲422.94円の21,046.24円NEW!

 本日7月18日の東京株式市場における日経平均株価は、前日比▲422円94銭(▲1.97%)と大幅に下げ、終値は2万1,046円24銭だった。安値は2万993円44銭...

庶民の暮らし完全破壊する安倍消費税増税NEW!

 参院選に向けて安倍自公内閣は消費税増税の方針を掲げている。消費税の税率が10月から10%に引き上げられる。一部品目の税率は8%に据え置かれる。税率は10%の新税率と...

2019年07月18日 16:00

【裁判事件簿】産廃処分場の運営をめぐる保証金1億円返還請求NEW!

 広島県と福岡県の産業廃棄物処理業者2社が、山口県内で最終処分場を運営する同業者に対し、1億円の保証金返還を求める裁判が福岡地裁で進行中だ。

2019年07月18日 15:53

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(3)~身内の死の接近に己の寿命を予感する(後)NEW!

 子どもが一人前の人間としての生命機能を身につけるには、長い時間がかかる。そのため両親は必死で育児を行う。ようやく、ひと安心という段階に至るまでには約10年の歳月(小...

2019年07月18日 15:35

「北九州の資さん」から「九州の資さん」へ 出店加速(前)NEW!

 1976年の創業以来、40年以上にわたり北九州エリアを中心に「資(すけ)さんうどん」を展開してきた(株)資さん(本社:北九州市小倉南区、佐藤崇史社長)が新規エリアへ...

2019年07月18日 13:52

【宇美町】人が輝き、地域が輝く 自然と賑わいが融合した町へ

  重要な交通インフラ拠点の1つ、JR香椎線「宇美駅」 面積・人口は糟屋郡で3位、炭鉱町からベッドタウンへ  宇美町は糟...

2019年07月18日 13:38

【追悼】非常に悔いが残るお別れ、松本組専務・平島義和氏

 16日午前中、松本組から「平島義和専務が急逝」というファックスが流れてきた。筆者は「嘘だろう!何かの間違いではないか」と、このファックスの内容に疑念を抱いた。なぜな...

2019年07月18日 13:22

大塚市長に聞く、新「ふるさと納税」再申請をひかえた直方市の課題と今後~福岡県直方市

 今年6月1日からスタートした、「ふるさと納税」新制度。直方市は総務省より「不適切な寄付集め」との指摘を受け、税制優遇期間が6月から9月までの4カ月に指定を受けた43...

2019年07月18日 12:28

女子中学生への強制性交容疑で福岡市の男を再逮捕

 福岡県警は7月17日、強制性交の疑いで福岡市中央区谷2丁目、会社経営の金子司容疑者(35)を再逮捕した。

pagetop