• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月09日 10:00

中国現地ルポ  -広州・杭州・長春・北京-(2)

福岡大学名誉教授 大嶋 仁 氏

広州

 広州は南中国一の都市である。かつては北京・上海と並び称されたが、今では杭州の躍進により四位に後退している。この順位は経済力を基準にしたもので、人口の大小には関係ない。広州の経済力の衰えは、隠せない事実である。

 教育水準はといえば、南中国ナンバー・ワンといわれる中山大学が古くからこの地に君臨するが、全国的にはベスト・テンに入るのがやっと。精華・北京の北京二大学、それに中部・上海と杭州の復旦大学・浙江大学などに比べれば、はるかに見劣りする存在である。現代中国の「知性」を考える場合、中心は中央部から北部にあると言わざるを得ない。

 とはいえ、広州が極めて魅力的な町であることに変わりはない。「食は広州に在り」といわれる広東料理の美味しさは格別で、食材の豊富さとデリケートな味の工夫がほかの地域を圧している。しかも町の雰囲気は南国特有のゆったりしたリズム。北部中国の、ともすればせっかちで乱暴な生き方とは大きく異なり、人々の生活には昔ながらの優しさと繊細さが生き続けている。

 広東料理の老舗、広州酒家とか泮渓酒家などのある茘湾区の旧市街を歩いてみよう。やたらに安い物から高級品まで何でも店先に並んでおり、ガジュマルの木々のあいだをうごめく庶民の息づかいは「これぞ中国」と思わせて懐かしい。「ここは一体、何時代なのだろう」と歩くたびに思ってしまう。

 これと対照的なのが広州タワーを対岸に眺める珠江新城(チューチャン・ニュータウン)で、斬新な建築群像が見事に配列されて別の魅力をもつ。高層オフィスビルのあいまには植林されたばかりの樹木や花壇。散歩にほどよいそのスペースは、単に「心地よい」といえる以上のものである。

 ビルとビルの間には高級ショッピング・モール。モール内には必ず世界各国の高級レストランがある。広東料理の店もあるにはあるが、相当に意匠を凝らしたヌーヴェル・キュイジンヌ風。茘湾区の老舗酒家とはまったく趣きがちがう。

 どちらかを選べと言われれば、私なら旧市街を選ぶ。なぜなら、ニュータウンには中国らしさはなく、欧米のブランドシティの観があるからだ。現代中国の経済力のあらわれとしてこれも悪くはないが、本物感はない。東京でもソウルでも、金さえ使えばできてしまいそうな建築空間だ。

 旧市街で透明な翡翠を商う30代の女性と出会った。かつて日本で学んだことがあるそうで、日本語が流暢である。

 「先祖代々、私は広州人です。自分がこの町を大好きな理由は、何といっても人が生きている町だから。貧乏でも生きられる、金持ちももちろん生きている。人それぞれに合った生き方ができる。それに、香港が近いから思想的に自由です。経済力は前ほどでなくても、自由度は中国一。この町は世界に開かれてすでに1000年経ってるんです」

 そこで私は尋ねた。「でも、現政府は厳しく言論統制をしているでしょう?」

 「ですね。でも、私たち広州人にとって、北京は遠い外国。ベトナムやタイ、台湾や日本、そういう国の方がかえって身近なんです。それに、私、客家なんで」

 「客家」(ハッカ)という言葉にはっとした。アジアのユダヤ人といわれる存在だからだ。中国の経済改革をなし遂げて、共産主義から資本主義への脱皮を実現したあの鄧小平も「客家」だった。アメリカで知り合った台湾大学のある教授は、自分が客家であることを告げた後で、こう言ったものだ。「英語でユダヤ人をHebrewというでしょう。これを中国語に直訳すれば『客家』、すなわち『常に客人=旅人であり続ける』ということなんです。私たちは社会的に少数派。財を築くか、知性を鍛錬するしか、生き延びる道はない」

 常に客人であり続けるとは、いかなる社会にあってもその社会と距離を置くということだ。広州の旧市街で出会った日本語のできる翡翠商の女性が「客家」であるとは、彼女が中国にいながら中国から一歩踏み出しているという意味である。鄧小平も客家であったからこそ、日本で新幹線に乗った時「中国にはこれが必要だ」と痛感できたのであり、だからこそ、新しい中国の創造に向かうことができたのである。

 客家の精神とは自由の精神であろう。言論統制もなんのその、心の自由は失わないという気概である。伝統ある翡翠を伝統ある街角で商う彼女は、暇さえあれば旅に出るという。中国を知るために国内旅行を年1回、世界を知るために海外旅行を年1回、そして日本は特別の国として、それとは別に年1回、必ず行く。

 「日本の何が面白いの?」と尋ねると、彼女はきっぱり答えた。「私、自然が好きなんです。中国のお寺は町のごみごみしたところにあり、それはそれで温かいものがあります。でも、日本のお寺は自然のなかにある。それが心を休めるんです。これですよ、日本は!」

(つづく)

<プロフィール>
大嶋 仁 (おおしま・ひとし)

 1948年鎌倉市生まれ。日本の比較文学者、福岡大学名誉教授。 75年東京大学文学部倫理学科卒業。80年同大学院比較文学比較文化博士課程単位取得満期退学。静岡大学講師、バルセロナ、リマ、ブエノスアイレス、パリの教壇に立った後、95年福岡大学人文学部教授に就任、2016年に退職し、名誉教授に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月16日 07:00

コロナ禍でも今後に向けた協力を促進、九州-ベトナム関係の全面的な発展を(後)NEW!

  コロナという逆風が吹き荒れるなか、ベトナムは九州との人的・経済交流を質的に発展させるために、IC・ICT商談会やベトナム人労働者の技能向上などに注力している。ヴー...

2021年01月16日 07:00

「人間の経済」を基軸に、環境問題を考察する!(5)NEW!

 「新聞、雑誌などで地球市民(グローバルシチズン)という言葉がよく躍っているのを、読者の皆さまもお気づきのことかと思います。私たちには、特定の国・地域に限られる権利と...

2021年01月15日 18:37

【福岡県に緊急事態宣言】(8)福岡県下の主な商業施設の営業時間変更(15日時点)

 福岡県への緊急事態宣言発令を受け、対象区域内の商業施設の営業時間の変更が続々と発表されている。現時点では休業ではなく、利用者への注意を促したうえでの営業時間短縮で対...

2021年01月15日 18:16

大和エネルギー、風力発電事業から糸島市を除外

  大和ハウスグループで再生可能エネルギー関連事業を手がける大和エネルギー(株)(大阪市)は14日、福岡県糸島市二丈と佐賀県唐津市七山の脊振山系西側で計画する大規模風...

2021年01月15日 18:13

次世代のデジタルバンク「みんなの銀行」、24時間スマホで口座開設が可能に~ふくおかフィナンシャルグループ

 (株)ふくおかフィナンシャルグループ(福岡市、柴戸隆成会長兼社長、以下、FFG)の子会社の(株)みんなの銀行(横田浩二頭取)は14日、インターネット専業銀行「みんな...

2021年01月15日 16:58

関係者困惑~西日本新聞の新天町再開発記事は飛ばし!?

 2021年の元旦、福岡の地方紙である西日本新聞の一面に、センセーショナルな文字列が躍った...

2021年01月15日 16:51

前熊本市長・幸山政史氏が自伝「下手と呼ばれた男の流儀」を出版

 熊本県議、熊本市長を務めた後、熊本知事選に2度出馬した幸山政史氏がこのほど、政治家生活25年を機に、自伝をまとめた。到底書評と呼べるものではなく、読書感想文の域を出...

(有)アドバーウィン(大分)/産業廃棄物中間処理

 同社は、2020年12月22日、大分地裁に破産手続きの開始を申請した。

2021年01月15日 16:43

ストラテジーブレティン(270号)~年初の経済市場点描、株高は当然だ(前)

 米国株式は史上最高値更新、日本株式も30年ぶりの高値(ドルベースでは史上最高値更新)など、株が駆け上がっている。韓国、台湾株は昨年11月以降、日本株式以上の上昇ペー...

2021年01月15日 16:29

「ほどよい距離」と「1人」、そして「あっち側とこっち側」(前)

 朝日新聞(2021年1月9日付)の「be between 読者とつくる」欄に、「ソロ活動は好きですか?」という見出しで「ソロブーム」についての分析があった。「ソロの...

pagetop