• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月10日 07:03

【公立福生病院の透析中止問題】透析中止の判断は適切だったのか~日本透析医学会、「5月中に声明発表する(後)

修復腎移植術を先進医療に適用

 今回の事例の背景には、透析以外に治療の選択肢がないという問題もある。日本では約30万人以上の患者が、腎不全のため透析治療を受けており、その数は毎年1万人のペースで増加している。1日約6時間、週3回の透析治療は、仕事や生活上の制約を受け、合併症で苦しむ患者も少なくない。こうした辛い状況から解放されたいとの思いから希望するのが腎臓移植だが、腎臓移植を受けられる患者は年間1,500人程。約20%が脳死判定で亡くなった人の腎臓が提供される「献腎移植」で、残る80%は健康な人から善意で提供してもらう「生体腎移植」となる。

 献腎、生体腎に続く3番目の移植治療として注目されているのが、がんで摘出した腎臓を移植する“修復腎移植術”だ。修復腎移植術は、2006年に宇和島徳洲会病院(愛媛県宇和島市)泌尿器科部長の万波誠医師が、がん患者から摘出した腎臓を、がん細胞を除去して他の腎臓病患者に移植を行っていた手術で、当時はタブーとされる手法だったこともあり、大きな社会問題となった。しかし、その後、病理専門医から「小径腎細胞がんの全摘例ならば病気腎移植も問題ない」との意見が出されるなど、修復腎移植術に対する風向きは大きく変わった。さらに、この流れを決定づけたのが2017年10月に、厚労省の先進医療技術審査部会が、同移植術を先進医療に条件付きで適用することを決めたことにある。

 審査部会の判断では、ドナー(臓器提供者)の腎臓に発生した小径(直径7cm以下)がんを切除して修復した腎臓をレシピエント(臓器移植者)に移植する修復腎移植術を先進医療に適用するというもので、これにより患者は保険診療(診察料・検査料・投薬料・入院料など)と保険外診療(先進医療技術部分)を併用した治療を受けることができる。症例が増え、安全性が担保されていけば、大学病院などが同移植術を実施する可能性も広がり、将来的には保険診療に適用される道も開かれることになる。

予防的処置で期待されるビタミンC点滴療法

 慢性腎不全は、一度進行すると回復の可能性がない不可逆的な病態だが、初期の段階で進行を食い止める手段はないのか。その答えとして、がん治療専門の健康増進クリニック院長・水上治氏は、「遅延させる1つの手段として高濃度ビタミンC点滴療法がある」と話す。高濃度ビタミンC点滴療法は、グラム単位の高用量のビタミンCを点滴することで、がん細胞にダメージを与える治療法。これまで腎機能に対する効果は不明だったが、「近年、症例が出始めており、仲間内ではその効果が知られるようになった」(水上医師)という。仲間の1人、藤沼医院(栃木県河内郡)の藤沼秀光医師は、腎硬化症1例、糖尿病性腎症1例に高濃度ビタミンC点滴療法を行い、腎臓機能の指標であるクレアニチンと尿素窒素のレベルが低下したことを確認。論文を国際統合医学会誌に投稿している。

 ビタミンCの腎機能改善効果のメカニズムについて論文では、「ビタミンCの抗酸化作用が腎尿細管の酸化障害を防ぐことが考えられる」としている。藤沼医師は、「当院では腎機能が低下し、通常であれば人工透析の準備のため専門医療機関に紹介する前段階として高濃度ビタミンC点滴療法を勧めている」と話している。

 国内で透析治療を受けている患者数は約32万人。うち約1万2,000人が腎移植を希望しているが、腎移植待機期間は平均15年と長く、その間、多くの透析患者が亡くなっている。修復腎移植術への先進医療適用により、治療の選択肢が増える一方で、予防医療的なアプローチとして高濃度ビタミンC点滴療法のさらなる臨床研究が期待される。

(了)

日本透析医学会「維持血液透析の開始と継続に関する意思決定プロセスについての提言」より
※クリックで拡大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年09月22日 07:00

ラグビー・イタリア代表チーム、福岡市内の小学校で交流イベント実施

 ラグビーワールドカップ2019日本大会に出場しているイタリア代表チームは本日(22日)、ナミビア代表チームとの初戦を迎える。

日本経済の飛躍のカギ“水力(ウォーター・パワー)”(4)

 地球上の生命は水を介してすべてが循環している。この水の流れを滞らないようにすることが、生命体である人間にとっても地球にとっても欠かせない。水そのものを大切にするのは...

2019年09月21日 07:00

【9/28】横断歩道のルールを学ぶ~横断歩道マナーアップキャンペーン2019

 日本自動車連盟(JAF)福岡支部は9月28日(金)、エルガーラ・パサージュ広場(福岡市中央区)で「横断歩道マナーアップキャンペーン2019」を開催する。

日本経済の飛躍のカギ“水力(ウォーター・パワー)”(3)

 欧米の水メジャーが仕掛ける大規模な水ビジネスのなかで、日本は単なるパーツの提供、納入業者の地位に甘んじてきた。言い換えれば、最も儲かる水道事業の管理、運営の部分はこ...

2019年09月20日 17:10

トランプ大統領が狙う北方領土カジノ構想(後編)

 筆者は以前、自著『ハゲタカが嗤った日』(集英社インターナショナル)で、イ・アイ・イ・インターナショナル社長・高橋治則氏のことを書いた事がある。彼は「日本のドナルド・...

2019年09月20日 16:37

【交通取締情報】9月24日、北九州市八幡西区とみやま市で実施

 福岡県警は9月24日(火)、北九州市八幡西区とみやま市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年09月20日 15:22

えんHDの新本社ビル「えん博多ビル」で上棟式

 (株)えんホールディングス(えんHD)が福岡市博多区住吉で建設中の新社屋「えん博多ビル」で20日、上棟式が行われた。同社の原田社長が関係者や近隣住民へ感謝の辞を述べ...

2019年09月20日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 8月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2019年09月20日 14:33

地域との共生のため~しっかりとした顧客対応が必要に

 暑さも峠を過ぎて朝晩めっきり涼しくなり、野菜を植えるシーズンの到来となった。私もわずかばかりの畑にシソ、ピーマン、大根、キャベツ、白菜、人参、ジャガイモ、ニンニク、...

2019年09月20日 13:00

イオン、「インナーカジュアル」分社化へ

 イオンリテールはGMS改革を進めて、売場の専門化に取り組んでいる。そのなかから、キッズ・ベビーの「キッズリパブリック」、ヘルス&ビューティケア「グラムビューティーク...

pagetop