• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月11日 14:35

トラブル頻発が表面化した産廃業者(3)埋立権の契約を反故

 大分市の産廃処分場運営の(株)大分大和(同市片島、根本学代表)がここ数年間で過去の取引先を相手に訴訟を頻発させている。トラブルの要因を見ていくと、経営者の交代がその根本にある。関係者への取材から元代表時に締結した契約について、現経営陣がそれを否定するかたちで、取引業者を提訴していることがわかっている。理不尽な訴えに、業界関係者が警戒感を強めている。

 ここで問題を複雑にするのが、経営体制の変更である。

 14年9月、企業買収により大分大和の株主が個人Yから、当時川島淳子氏が代表を務めていた(株)エフ・エム・クリーン(福岡県東区)に変更された。それまで同処分場を管理していたB社代表も現場から外されることになった。同時に株式は川島氏ではなく、資金提供したトーヨーグループが大半を所有することになった。その後、川島代表の会社に対する背信行為が発覚し、15年6月、川島氏はエフ・エム・クリーンの役員を解任されることになる。訴状には、前売チケットの存在が記されていなかった。後に原告は前述のような「埋立権の売買契約は知らされていなかった」という苦しい主張を展開した。

 

 17年3月に「埋立権の売買契約を解除し、原告が被告に3,000万円支払う」という和解が成立した。1,000万円減額されたのは、試験搬入された分の処理費用を差し引いての判断だろう。結果的に原告は提訴したものの、逆に被告側にお金を支払うかたちで訴えは終わっている。被告A社との和解は成立したものの、現在もB社に対する訴えは継続。対するB社はリース契約や委託事務契約に基づく未払いを求めて反訴している。

 まだ続きがある。エフ・エム・クリーンはA社との和解後、3,000万円をA社に支払ったことから、買収した当時の大分大和自体の企業価値が、そもそも3,000万円減額されるべきだとして、当時の買収額3億5,000万円を3億2,000万円だと主張。買収時の経営者一族や当時の役員らに対し、連帯して3,000万円支払うよう裁判を起こしている。

(つづく)
【東城 洋平】


▼関連リンク
大分の産廃業者、係争頻発で業界関係者に警戒感
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年09月22日 07:00

ラグビー・イタリア代表チーム、福岡市内の小学校で交流イベント実施

 ラグビーワールドカップ2019日本大会に出場しているイタリア代表チームは本日(22日)、ナミビア代表チームとの初戦を迎える。

日本経済の飛躍のカギ“水力(ウォーター・パワー)”(4)

 地球上の生命は水を介してすべてが循環している。この水の流れを滞らないようにすることが、生命体である人間にとっても地球にとっても欠かせない。水そのものを大切にするのは...

2019年09月21日 07:00

【9/28】横断歩道のルールを学ぶ~横断歩道マナーアップキャンペーン2019

 日本自動車連盟(JAF)福岡支部は9月28日(金)、エルガーラ・パサージュ広場(福岡市中央区)で「横断歩道マナーアップキャンペーン2019」を開催する。

日本経済の飛躍のカギ“水力(ウォーター・パワー)”(3)

 欧米の水メジャーが仕掛ける大規模な水ビジネスのなかで、日本は単なるパーツの提供、納入業者の地位に甘んじてきた。言い換えれば、最も儲かる水道事業の管理、運営の部分はこ...

2019年09月20日 17:10

トランプ大統領が狙う北方領土カジノ構想(後編)

 筆者は以前、自著『ハゲタカが嗤った日』(集英社インターナショナル)で、イ・アイ・イ・インターナショナル社長・高橋治則氏のことを書いた事がある。彼は「日本のドナルド・...

2019年09月20日 16:37

【交通取締情報】9月24日、北九州市八幡西区とみやま市で実施

 福岡県警は9月24日(火)、北九州市八幡西区とみやま市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年09月20日 15:22

えんHDの新本社ビル「えん博多ビル」で上棟式

 (株)えんホールディングス(えんHD)が福岡市博多区住吉で建設中の新社屋「えん博多ビル」で20日、上棟式が行われた。同社の原田社長が関係者や近隣住民へ感謝の辞を述べ...

2019年09月20日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 8月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2019年09月20日 14:33

地域との共生のため~しっかりとした顧客対応が必要に

 暑さも峠を過ぎて朝晩めっきり涼しくなり、野菜を植えるシーズンの到来となった。私もわずかばかりの畑にシソ、ピーマン、大根、キャベツ、白菜、人参、ジャガイモ、ニンニク、...

2019年09月20日 13:00

イオン、「インナーカジュアル」分社化へ

 イオンリテールはGMS改革を進めて、売場の専門化に取り組んでいる。そのなかから、キッズ・ベビーの「キッズリパブリック」、ヘルス&ビューティケア「グラムビューティーク...

pagetop